全国のドクター8,894人の想いを取材
クリニック・病院 160,460件の情報を掲載(2023年3月21日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 北区
  4. 十条駅
  5. 十条整形外科リハビリクリニック
  6. 肩凝り、腰痛、骨粗しょう症悩む前に、今すぐ受診しよう

肩凝り、腰痛、骨粗しょう症
悩む前に、今すぐ受診しよう

十条整形外科リハビリクリニック

(北区/十条駅)

最終更新日:2023/03/13

Main Main
  • 保険診療

肩凝りや腰痛を自覚しながら、一度も整形外科を受診せずにドラッグストアなどで手軽に手に入る湿布や塗るタイプの消炎・痛み止めに頼りがちになっている人は多いことだろう。しかし、整形外科を受診し適切な対応をしてもらうことで、症状の根本原因にアプローチでき、症状の改善につながることもある。ただの肩凝り、ただの腰痛ではなく、肩凝りも腰痛も医療機関にかかるべき疾患なのだ。にぎわう十条商店街の中で2022年に開院した「十条整形外科リハビリクリニック」の村瀬鎭人院長は、身近な痛みや悩みこそ我慢せず早く受診してほしいと訴えている。詳しく話を聞いた。

(取材日2023年2月13日)

診断とリハビリテーションを組み合せ、患者ごとに適した治療を行う

Q肩凝りや腰痛などよくあることで整形外科を受診して良いですか?
A
1

▲日常の痛みに隠れた病気の可能性を話す村瀬院長

もちろんです。むしろ肩凝りや腰痛といった慢性化しやすい症状こそ、悩んだりストレスになる前に受診していただきたいです。肩凝りや腰痛といった、いわゆるよくある悩みの原因は、肩や腰だけにあるわけでなく、筋肉の動きが悪かったり、骨や関節など構造的なものがあったり、血圧、内臓疾患など本当に多岐にわたります。例えばよくある五十肩や四十肩(肩関節周囲炎)やいつもの肩凝り、腰痛は年のせいだと思って、原因を見極めずにいて間違った対処を続けていると、湿布や薬で一時的に治まった気がしても実は悪化させてしまうなんていうこともあり得るのです。「こんなことで」とは絶対に言いませんので、安心してご相談ください。

Q受診の目安について教えてください。
A
2

▲一人ひとりの患者に寄り添い、丁寧な診察を心がける

そのご質問はよくいただきます。私としては少しでも痛みを感じて患者さんが気になったら、受診していただきたいと思っています。それが半日や一日のことで、来院時には痛くなかったとしても大丈夫です。あるいは特定の動きをしたときだけ痛いというようなことも多いものです。痛みや不快感を我慢していても、良いことは一つもありません。当然、当院のスタッフはみんな同じ考えです。肩の痛み、腰の痛みなどは、周囲の方とお話しされると、私も私も、と同じような症状の方が多く、受診するほどではないと思われてしまうのかもしれませんが、悪化させると日常生活もままならなくなる可能性がありますから、ぜひお早めにご相談くださいね。

Q整形外科ではなく、接骨院や整体でも良いでしょうか?
A
3

▲検査による診断の重要性について話す村瀬院長

接骨院や整体でもお体が楽になることがありますよね。しかし、できれば最初は整形外科で、きちんと症状の原因を判断してもらったほうが良いと思います。例えば、腰の痛みの原因がヘルニアだったときに、腰のマッサージを受けてしまうと大変なことにもなりかねません。症状に対処することから始めるよりも、まず医師の診察で原因を突き止めてから、適した治療と、経験豊富で医療知識も持つ理学療法士の指導のもとで行う適切なリハビリを組み合わせることがお勧めです。原因に直接アプローチしながら、効率的なリハビリを行っていきますから、患者さんも安心でしょう。再発を防止することも期待できると思います。

Qリハビリも大切にされているのですね。
A
4

▲リハビリテーションの設備も充実

リハビリと聞くと、頑張って運動して筋肉を強化してといったイメージで、つらいものだと思われている方もいらっしゃるかもしれません。「リ」という言葉が表すように、機能の回復、元に戻すという意味があります。今の症状の緩和はもちろん、今までできていたことをきちんとできるように戻すことにつなげ、さらに再発しないような身体づくりもめざします。またスポーツ選手などに対しては運動機能の向上もめざします。リハビリというのは、小さな子どもさんの成長を適切な方向へ導くことから、高齢の方の運動機能の維持をめざすことまで本当に幅広いものなのです。親御さんがお子さんの歩き方など成長の気になることも相談していただけますよ。

Qこちらの治療やリハビリの特徴を教えてください。
A
5

▲医師・スタッフ全員で地域の患者を守る

当院では常勤の整形外科の医師が、エックス線やエコーなどの診断材料をそろえ、時には近隣の内科の先生方などとも連携を取りながら、これまでの豊富な経験も生かしながら診断し治療を行っていきます。その際、基本的に湿布や薬をお出しするだけ、というような対処はしないように心がけています。診療放射線技師もおりますのでエックス線やエコーを適切に活用し画像を適切に読み取ることもできますし、視覚的に患者さんにフィードバックすることが可能です。理学療法士も豊富な経験を持っていますので、本当に運動をしていいのかということも踏まえながら、患者さんの生活やお体の状況に適したリハビリを行います。そんな総合力が当院の特徴です。

ドクターからのメッセージ

村瀬 鎭人院長

毎日何か体を動かした方が良いと思っていても、なかなか自分で自分に合ったちょっとした日々の運動の仕方はわからないことが多いと思います。そんな時「自分に合うちょっとした運動を教えて」とご来院いただくのも大歓迎。また、管理栄養士もおりますので、栄養の取り方や日々のお食事のコツなどもご相談いただけます。当院は患者さんの幅広いお悩みや医療ニーズに応える地域のかかりつけ医。肩・腰の痛みはもちろん、子どもの成長や骨粗しょう症など、これくらいで、と思わずにいつでも何でも気軽にご相談くださいね。

Access