全国のドクター8,892人の想いを取材
クリニック・病院 161,001件の情報を掲載(2021年11月30日現在)

  1. TOP
  2. 愛知県
  3. 名古屋市中川区
  4. 黄金駅
  5. 名古屋ルミナス歯科・矯正歯科
  6. 諦めないで気軽に受けようマウスピース型装置を用いた矯正

諦めないで気軽に受けよう
マウスピース型装置を用いた矯正

名古屋ルミナス歯科・矯正歯科

(名古屋市中川区/黄金駅)

最終更新日:2021/11/05

20211104 main 20211104 main
  • 自由診療

歯並びを整えたり、不正咬合を改善したりするための矯正。透明で、人から見て目立ちにくいマウスピース型装置を使った矯正は、ワイヤーのように着けっぱなしではなく取り外しができて食事や歯磨きがしやすいこともメリットだ。「名古屋ルミナス歯科・矯正歯科」では、前歯など目立つところだけを矯正したいという人のために部分矯正にも対応しており、「矯正を受けたいけれど、高いから無理」と諦めていた人でも気軽に矯正できるようなマウスピース型装置を使った矯正プランも用意している。患者一人ひとりに合わせて作られるマウスピース型装置を用いた矯正について、山田利治院長に詳しく教えてもらった。

(取材日2021年10月26日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

Qマウスピース型装置を用いた矯正のメリットとは何ですか?
A

矯正全般にいえますが、きれいな歯並びや、自然な笑顔につながることがメリットだと思います。歯が磨きやすくなることで虫歯や歯周病のリスクの軽減、噛み合わせが整えば口や体のバランス改善につながることも期待できますね。矯正で使用する装置の中でも、マウスピース型装置は透明なので目立ちにくく、人目が気になる方に向いています。取り外せるので食事がしやすく、歯磨きもしやすいです。金属アレルギーの心配もありません。矯正前に口腔内をスキャンし、そのデータをもとにコンピューターで歯の動きをシミュレーションできるので、患者さんは矯正後の歯並びや口元を事前に確認できます。当院では気軽に始めやすい部分矯正も行っています。

Q費用や矯正期間について教えてください。
A

当院における部分矯正は、対面したときに目立つ前歯12本に特化した矯正で、価格を抑えて提供しています。費用が高額という理由で矯正を諦めてほしくないという思いから、気軽に始めやすいマウスピース型装置を用いた矯正プランが誕生しました。グループ院だからこそ価格重視かつ質の高い矯正を提供することができます。矯正期間は症例により異なりますが、5ヵ月~約1年と短期間であることも魅力で、できるだけ早く費用を抑えながら目立つところだけ矯正したいという方にお勧めです。全体矯正の場合は期間はワイヤー矯正よりも少し長く、非抜歯のケースだと1年から1年半、抜歯の場合は2年から2年半ぐらいが一般的ですが個人差があります。

Qどんな悩みを持っている人に向いているのでしょうか?
A

マウスピース型装置を用いた矯正は、矯正していることを知られたくない方、目立たせたくない方、ワイヤーがわずらわしいと感じる方、金属アレルギーのある方、できるだけ痛みの少ない矯正をしたい方などに向いていると思います。また、当院では一般歯科や審美歯科、予防歯科にも対応していますので、矯正期間中に虫歯治療やホワイトニングなどを行いたいと考えている方にもいいですね。

検診・治療START!ステップで紹介します

1予約し、カウンセリングを受ける

矯正相談は所要時間1時間ほど。エックス線写真と口腔内写真を撮影し、カウンセリングルームにて具体的な希望や悩みを話そう。同院では、患者とともに矯正に取り組みたいという想いから患者自身の理解を大切にしており、口腔内の現状や今後の見通し、費用などについて模型や動画、写真などでわかりやすく説明を行うそう。セカンドオピニオンや、他院で矯正中という人も相談可能だ。

2矯正前の精密検査

歯や周りの組織の異常、骨格的な異常がないかなど把握するため頭部エックス線規格写真の撮影と、模型作製のための型採りを行う。また、同院では虫歯や歯周病の検査も行い、患者の口の現在の状態も詳しく調べる。精密検査の結果が出るまでに3日ほどかかる。

3診療方針の提案、マウスピース型装置の作製

精密検査で得られた結果と希望を踏まえ、診療方針が提案される。同院では口の状態を詳しく説明し、最適と思われる方法についてメリットもデメリットも含め、わかりやすく説明するそう。費用や期間、注意事項の案内もある。その後、口内を光学スキャナーで撮影し、データをコンピューターに取り込み矯正後の歯並びや口元の状態を3Dでシミュレーション。患者も一緒にモニターで確認し、マウスピース型装置作製となる。

4矯正開始

マウスピース型装置ができあがったら、初回は3枚渡され、10日ぐらいずつ順に使っていく。1ヵ月ほど経過したところで受診し、歯が計画どおり動いているかどうか、きちんと装着できているかどうかを確認してもらおう。問題がなければ継続で、マウスピース型装置がある程度まとめて渡される。その後は1ヵ月半~2ヵ月ごとにチェックに通う。歯の動き方によっては装置の調整、交換もしていくそう。

5定期メンテナンス

保定によって、歯並びがきれいな位置で安定したら、矯正終了。いつまでもきれいな状態を維持するために、定期検診の案内がある。虫歯や歯周病などトラブルの早期発見、早期治療につなげるためでもあるそう。同院の検診では虫歯の有無、歯周病、噛み合わせ、歯磨きの状況などを総合的に観察し、クリーニングや歯石の除去を行う。矯正によって得られた状態を保っていけるよう、予防・メンテナンスを活用しよう。

ドクターからのメッセージ

山田 利治院長

マウスピース型装置による矯正は、目立ちにくく、取り外しができて清潔に保ちやすいというメリットのほか、矯正前にコンピューターでシミュレーションして最終的な形を見られることが大きな特徴でしょう。また部分矯正は、費用や期間で悩んでいる方にも始めやすいと思います。それぞれの症例において複数の歯科医師によるカンファレンスを行い、患者さん一人ひとりに最適と思われる方法をご提案しています。5年間の保証つきという点も安心していただけると思います。

20211104 dr

自由診療費用の目安

自由診療とは

矯正検査料/3万3000円、表側ワイヤー矯正/両顎60万5000円、裏側矯正/両顎104万5000円、マウスピース型装置を用いた矯正/両顎71万5000円・マウスピース型装置を用いた部分矯正/初回1万6500円~、ホワイトニング/1万3200円

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access