全国のドクター9,078人の想いを取材
クリニック・病院 159,060件の情報を掲載(2024年3月03日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 横浜市西区
  4. 横浜駅
  5. 横浜駅西口歯科第2医院
  6. 本当に抜かなければダメ?親知らずの抜歯前に知っておきたいこと

本当に抜かなければダメ?
親知らずの抜歯前に知っておきたいこと

横浜駅西口歯科第2医院

(横浜市西区/横浜駅)

最終更新日:2024/01/15

横浜駅西口歯科第2医院 本当に抜かなければダメ? 親知らずの抜歯前に知っておきたいこと 横浜駅西口歯科第2医院 本当に抜かなければダメ? 親知らずの抜歯前に知っておきたいこと
  • 保険診療

第三大臼歯、智歯(ちし)と呼ばれる親知らず。一番奥に生えてくる永久歯で、生えてこない人がいる一方、横向きに生えてしまい歯茎の炎症を起こしたり、磨きにくいために虫歯になりやすかったりと、口腔内トラブルの原因の一つとして知られる。そうした中、親知らずの抜歯を専門的に行う「横浜駅西口歯科第2医院」では、患者のライフスタイルに応じた抜歯治療を心がけているという。鈴木亮広院長は「親知らずの抜歯は、本当に抜かなければならないのか、痛いのではないかなど不安を感じる患者さんがほとんど。だからこそ患者さんの治療タイミングを待つことも重要」と話している。そんな鈴木院長に親知らずを抜歯する理由など、治療を受ける前に知っておきたいことを詳しく聞いた。

(取材日2024年1月5日)

親知らずの抜歯は、症状がなければライフスタイルに合わせた処置が可能

Q親知らずを抜歯する理由について教えてください。
A
横浜駅西口歯科第2医院 親知らずを放置しておくリスクについて話す鈴木院長

▲親知らずを放置しておくリスクについて話す鈴木院長

一つの説として、昔は今よりも寿命が短く、20歳頃には親は亡くなっていたり、家庭を持っていたりと、親が知らない頃に生えてくる歯として“親知らず”と呼ばれてきたそうです。日本の現代人は食事の欧米化などによって顎が小さくなり、親知らずがしっかりと生えきらず埋まったままでいるケースも増えてきました。歯が少し出ていたり横向きに生えていたりすると歯茎が腫れやすく、歯ブラシが届きにくいために虫歯になるリスクも高まります。適切に生えていなければ治療も難しくなりますし、何度も炎症を繰り返してしまう可能性を考えれば、抜歯という選択を取らざるを得ないケースはあります。

Q抜かない方法はあるのでしょうか?
A
横浜駅西口歯科第2医院 治療イメージなどの説明には大きなモニターを使用

▲治療イメージなどの説明には大きなモニターを使用

先ほどお話ししたように、しっかり生えて上下が噛み合っている状態であれば抜かずに過ごして問題ないのですが、患者さん自身が痛みを感じていたり、歯茎の腫れが続いていたりすれば抜歯を意識することになります。変な方向に生えてくれば、食事のたびに頬を噛むことも、舌を傷つけることもありますからね。また定期的にメンテナンスを受けていると、エックス線検査で親知らずの存在に気づき抜歯を勧められるケースもあります。矯正のタイミングで勧められることもあるでしょう。とはいえ、ほとんどの方は抜歯に怖い、痛いというイメージがありますから、治療には患者さんのタイミングも重要。お気持ちが固まるまでは様子を見ることも可能ですよ。

Q抜歯の際、全身麻酔は必須なのでしょうか?
A
横浜駅西口歯科第2医院 患者に寄り添い、負担の少ない治療を心がける

▲患者に寄り添い、負担の少ない治療を心がける

当院では基本的に局所麻酔または静脈内鎮痛法で抜歯を行っています。全身麻酔を希望される方もいますが、当院では実施していません。どうしても恐怖心が強い、嘔吐反射があるという方には、点滴による静脈内鎮静法を用いて処置するようにしています。患者さんは痛みに対して恐怖を持つ場合が多いので、局所麻酔の注射を打つ前には歯茎に表面麻酔を塗るなど、なるべく痛みの少ない麻酔を心がけています。私以外にも医学部の麻酔科や救命救急で学んだ先生が多く在籍していますので、安心して治療を受けていただけると思います。

Q難症例にも対応しているそうですね。
A
横浜駅西口歯科第2医院 専門性の高い経験豊富なベテランドクターが診療にあたる

▲専門性の高い経験豊富なベテランドクターが診療にあたる

親知らずの抜歯については、特に下の歯の場合は神経と近い、あるいは神経とくっついているケースが難症例と見られがちですが、それ以外にも埋まり方や歯根の形も難易度に大きく関わってきます。隣の歯に食い込んでいたり、根っこが複雑な形をしていたり。とはいえ、口腔外科でキャリアを重ねた経験豊富な歯科医師が治療を行いますから、ほとんどの症例に対応できます。ただ、嘔吐反射が強すぎる場合や親知らずの周りに別の病気がある場合については、当院でも難しいことがあります。

Q相談だけでも受診して良いのでしょうか?
A
横浜駅西口歯科第2医院 治療に入る前にメリットとリスクをしっかりと説明

▲治療に入る前にメリットとリスクをしっかりと説明

もちろん大丈夫です。抜歯の決心がついていない状態で「ほかのクリニックで抜歯と言われたけど、本当に抜歯しなければならないのか」と相談にいらっしゃる方もたくさんいますよ。受診したからといって必ずしも抜歯をしないといけないわけではありませんし、診断結果や抜歯のメリット・デメリットなどの説明を聞いてから検討していただいて構いません。すでに親知らずが虫歯になっていたり、何度も歯茎が腫れていたりする場合は、早めに抜歯が必要なケースもありますが、中にはチェックした上で抜歯しなくても問題ないという結果になる方もいらっしゃいますので、まずはお気軽にご相談ください。

ドクターからのメッセージ

鈴木 亮広院長

親知らずは早いうちに抜歯しておいたほうが良いというイメージを持っている方もいらっしゃいますが、ライフスタイルに合わせて治療をしても良いというのが私たちの考えです。強い痛みや腫れといった症状がなければ、仕事が落ち着いてからでも構いませんし、子育てが安定してからでも構いません。またインターネットなどで自分の状態を調べる方も多いと思いますが、怖い情報ばかりが目に入ってしまい、自分を追い詰めて深刻な表情で相談に来られるケースも多々あります。親知らずの抜歯について正しい情報を知れば安心して治療を受けられるはずですから、気軽に受診することから始めましょう。

Access