全国のドクター8,939人の想いを取材
クリニック・病院 160,775件の情報を掲載(2021年9月29日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 座間市
  4. 相武台前駅
  5. 相武台ゆうデンタルクリニック
  6. インプラントや歯牙移植、根面被覆術など外科処置に対応する歯科

インプラントや歯牙移植、根面被覆術など
外科処置に対応する歯科

相武台ゆうデンタルクリニック

(座間市/相武台前駅)

最終更新日:2021/04/30

Main Main
  • 保険診療
  • 自由診療

口腔内や顎、顔面の病気や外傷、外科処置を伴う歯科治療に幅広く対応する歯科口腔外科。埋入手術を伴うインプラント治療や、歯を失った時に親知らずなどを移植する歯牙移植、歯周外科治療、知覚過敏に対する根面被覆術、顎関節症治療、スポーツ時に装着するマウスガード作製なども口腔外科の領域だ。そんな口腔外科の専門性を生かして、多様な診療を行っているのが「相武台ゆうデンタルクリニック」志賀勇太院長。「インプラント治療についても、診査診断から手術、治療後のメンテナンスまで、難症例にも対応できますし、インプラント治療は受けたくないという人には歯牙移植も提案できるのが当院の強みです」と語る。そこで、口腔外科にも対応する歯科医院の特徴を知って上手に利用するために、志賀院長に話を聞いた。(取材日2021年4月12日)

口腔外科の専門性を生かして、インプラントや親知らずの抜歯、歯牙移植、歯周外科治療、根面被覆術にも対応

Qこちらでは専門的な口腔外科の治療も行っているそうですね。
A
1

▲多様な診療を行っている志賀院長

大学卒業後、北海道大学の口腔顎顔面外科学教室で研修医として、口腔顎顔面領域の病気や外傷などの診療の研鑽を積みましたので、当院でも口腔外科領域の治療、外科処置を行っています。例えば、歯や口腔の外傷、人工歯根の埋入手術を行うインプラント治療、埋伏歯を含む親知らずの抜歯、歯を失った際に親知らずなどの歯を移植する歯牙移植、歯周外科治療、知覚過敏に対する根面被覆術、顎関節症治療、スポーツ時に口元を守るマウスガード作製なども手がけています。院内に歯科用CTやマイクロスコープなどの医療機器を整備して、精度と安全性を重視した治療を行っていますので、全身麻酔が必要でない治療にはほとんど対応可能です。

Qインプラントも、口腔外科の領域の治療なのですね。
A
2

▲「抜歯即時インプラント治療」も可能

そうですね。インプラント体を顎骨に埋入する手術を必要としますから、本来は、口腔外科領域の治療になります。当院では、インプラントをしっかりと固定し支えるための骨量が不足している方には、骨造成治療も行っています。また従来は、抜歯後、粘膜や骨が回復するのを待ってから、インプラント体を埋入する治療方法が広く行われていました。しかし、インプラント治療の研究開発が進んだことから、抜歯後、その場で埋入手術を行う「抜歯即時インプラント治療」が可能になっています。手術の回数と期間を大幅に短縮することが図れ、患者さんの負担も軽減できるので、当院では、ほとんどの方にこの方法でインプラント治療を行っています。

Q歯周外科治療や、根面被覆術について教えてください。
A
20210422 3

▲妥協のない治療を行っている

歯周ポケット内の歯石を除去するスケーリングルートプレーニング(SRP)などを行っても状態の改善が見込めない場合に行うのが歯周外科治療です。例えば、歯肉を剥がして歯根や歯槽骨に付着した歯石を除去する歯肉剥離掻爬術(FOP)では、歯肉を剥がすことで歯周ポケットの奥深くにある歯石もきれいに取り除いていくことができます。歯肉が足りない部分には、上顎から採取した結合組織を歯肉に移植する結合組織移植術(CTG)を行い、審美性や清掃性の改善を図ります。「根面被覆術 」は、歯周病やいわゆる大人虫歯で部分的に歯茎が退縮し、重症の知覚過敏を繰り返す場合に、上顎の歯肉を移植する治療で審美面でのメリットも望めます。

Q親知らずを移植する歯牙移植も手がけているそうですね。
A
4

▲要望にあった選択肢を提示し、納得して治療に進んでほしいという

歯を失った部分に、患者さん自身の別の歯を移植するのが歯牙移植で、多くの場合、噛み合わせに支障のない親知らずを使います。インプラントのような埋入手術も不要な負担の少ない治療で、うまくいけば天然歯と同じような感覚で歯を使うことがめざせます。「インプラントはしたくない」という場合の選択肢として、あるいは、とりあえず親知らずを効率的に使って歯牙移植を行い、その後インプラント治療の検討や準備をしたいというケースもあります。歯牙移植を希望される方は若い方が多いのですが、親知らずや歯茎の状態が良ければ40代以上の方でも可能で、60歳の方に行ったケースもあります。

Q外科処置では、やはり痛みがあるのか、気になります。
A
5

▲モニターを使い、患者にわかりやすく伝えることを心がける

外科処置を行った後の痛みや腫れは、治るための大切なプロセスですから、ある程度の痛みや腫れがあることはご理解ください。その上で、患者さんの負担を軽減する方法はいろいろあります。例えば、当院では、表面麻酔の代わりに成分がしみ出しにくいシール式の麻酔を使ったり、痛みを軽減するために電動麻酔注射器を導入したりしています。また外科処置に限りませんが、治療はどのようなプロセスで進めるのか、治療後にはどのような影響が考えられるかなどを詳しくご説明します。理解して納得していただくことが重要ですので、歯科衛生士とも連携して、患者さんの疑問や不安を解消した上で、安心して治療を受けていただけるように努めています。

ドクターからのメッセージ

志賀 勇太院長

口腔外科は、お口の中や顎、顔面の病気や外傷を、外科の立場から治療する診療分野です。当院は口腔外科にも対応するかかりつけ歯科として、どんな症状でも診断を行い、必要のある場合は専門的な医療機関に責任を持ってご紹介するようにしています。インプラントや埋伏している親知らずの抜歯、歯牙移植、根面被覆術 、顎関節症など専門的な治療も行っています。「親知らずが横向きに生えてきた」「知覚過敏が治らない」「顎の関節が痛い・音が鳴る」「口を大きく開けられない」「口の中にしこりができた」「舌が痛い」などの症状、「歯が欠けた・割れた」「口の中や唇を切った」「顎の骨が折れた」などの外傷にも対応しますのでご相談ください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/49万5000円~、抜歯即時インプラント治療/49万5000円~、骨造成/5万5000円~、結合組織移植術/7万7000円~、根面被覆術/7万7000円~、マウスガード作製/1万5000円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access