全国のドクター9,411人の想いを取材
クリニック・病院 160,598件の情報を掲載(2022年8月14日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 横浜市都筑区
  4. 北山田駅
  5. 北山田グリーンデンタルクリニック
  6. インプラントを長持ちさせるために歯周病治療を併せて行う重要性

インプラントを長持ちさせるために
歯周病治療を併せて行う重要性

北山田グリーンデンタルクリニック

(横浜市都筑区/北山田駅)

最終更新日:2021/12/24

20200407 main 20200407 main
  • 自由診療

多くの費用と期間がかかるものの、失われた口腔機能を補う方法として知られるインプラント治療。埋入したインプラント体を長く良好な状態に保つには、治療の前後で歯周病をきちんとケアすることが重要になるという。「北山田グリーンデンタルクリニック」の院長を務める山野悟志先生は、インプラント治療だけでなく歯周病治療にも注力してきた歯科医師だ。「口腔環境を整えるにあたり、歯周病治療を行うのは大前提」と語る山野院長は、患者自身が歯周病治療の重要性を理解した上でインプラント治療に臨めるように、丁寧な説明やコミュニケーションを欠かさない。今回はインプラント治療と歯周病治療の関連性や、双方の治療に対する院長の考えを聞いた。

(取材日2020年3月19日/再取材日2021年10月7日)

インプラント治療の前後で行う歯周病の治療・予防が、良好な口腔環境をつくる

Qインプラント治療のメリットとデメリットを教えてください。
A
20200403 1

▲こだわって選んだ素材を使用

インプラント治療の一番のメリットは、ほかの歯を傷つけないことだと考えています。治療は自転車で例えるとパンクの修理と同じで、歯を完全に元の状態に戻すわけではないので、他の部分に徐々にダメージを与えてしまうんです。そういう意味では入れ歯やブリッジは支えとなる歯に負担をかけてしまいますが、インプラントは前後の歯に影響を与えないため、ほかの歯を守ることが可能です。デメリットには保険がきかないことに加え、治療期間の長さがあります。インプラントの埋入とかぶせ物の装着を同時に行う方法もありますが、適応範囲があるためスタンダードではなく、また診断をしっかりと行う必要もあり、半年以上の時間を要す場合もあります。

Q治療を行うにあたり大切にしていることは何ですか?
A
20200403 2

▲インプラント治療には歯周病の治療も必須である

患者さんのニーズの把握と事前説明です。その方が抱く治療へのイメージや要望と、実際に提供できる治療とで認識のずれが起きないように、最低1時間かけて治療のメリット・デメリットや要望にどれだけお応えできるかを説明します。さらに、治療後はインプラント周囲の清掃不足による歯周病を防ぐためにセルフケアが不可欠なこと、状態によっては治療の前にも歯周病治療が必要なことも了承いただいた上で治療を進めます。また、当院は100社以上あるインプラントメーカーの中から厳選した素材を使用しています。世界中で使われているメーカーを選んでいますので、引っ越しなどをした場合も同じように診てくれる歯科医院を探しやすいと思います。

Qインプラント治療と並行して、なぜ歯周病治療が重要なのですか?
A
20200403 3

▲金額や手軽さなど目先の利益にとらわれないでほしいという

家を建てるときの考え方と同じで、地盤の悪い土地、つまり歯周病で骨が溶けている場所にいくら高品質なインプラントを入れても、すぐに倒れて使えなくなってしまうからです。だからこそ初めに地盤の調査が肝心で、骨がインプラントに耐えられるか、良好な状態を保てるかなどをしっかり診る必要があります。歯周病はある程度進行してしまうと、完治が困難な病気で、歯周病がある方にインプラント治療を行う場合は少なくとも歯周病が進行しない口腔環境に整えなければなりません。また骨に埋まっている以上、インプラント周囲炎という歯周病にかかるリスクを伴います。それらを患者さんに理解していただき、歯の磨き方も学んでいただいています。

Q先生はもともと歯周病治療に注力されているそうですね。
A
20200403 4

▲インプラントは前後の歯を守ると話す院長

歯を失う原因の大半は以前まで虫歯でしたが、最近は歯周病です。どんなに良い治療をしても、周囲の骨が溶けてしまえば歯は動揺し、抜け落ちてしまうのです。私は歯を守るために歯周病治療は大前提と考えており、さらに歯周病と全身疾患の関連性についても学んできました。歯周病は基本的に痛みがなく本人が気づきにくい疾患です。歯周病を自覚していない方や、歯が痛くなったら受診すればいいと考える方はまだまだいらっしゃり、そうした方への知識啓発に努めながら、患者さんと長くお付き合いできたらと思います。

Qインプラントを長持ちさせるにはどうすれば良いですか?
A
20200403 5

▲検査の徹底と、将来を考えた治療の提案も同院の特徴の一つ

インプラントや自分の歯の治療でかぶせ物をするときは、素材にセラミックの選択をお勧めしています。保険の金属のかぶせ物は口の中でさびたり、表面が荒れて汚れがつきやすいです。更に、金属が劣化して歯とかぶせ物の間に隙間ができると、そこが汚れや虫歯、歯周病菌の温床となり虫歯や歯周病を進行させる原因にもなります。一方でセラミックは銀歯や金歯に比べ審美性が高く、長持ちもして劣化しにくいです。つるつるとした素材の性質上、傷や汚れがつきにくいため手入れが楽な点がメリットです。インプラントや治療した歯を含む口腔内全体を清潔に良い状態に維持することは、虫歯や歯周病を回避し、歯やインプラントの延命につながります。

ドクターからのメッセージ

山野 悟志院長

インプラントは自分の体の一部として、数十年と付き合うものです。治療を長く受けたい方はいないと思いますし、急ぎたい気持ちもわかりますが、金額や手軽さなど目先の利益にとらわれず、長い目で見たときにより安心・安全な方法を選ぶのが一番だと思います。クリニックを探す際は、そうした点やアフターケアの手厚さをポイントにすると良いでしょう。私は今まで多くの症例に携わってきましたが、治療は必ずしも計画どおりにいくわけではないからこそ、患者さんとのコミュニケーションを大事にしています。満足いただくためにも、こちら側と患者さんとで思う「良いもの」をすり合わせながら、信頼関係をより大切にしていきたいですね。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/40万円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access