全国のドクター8,986人の想いを取材
クリニック・病院 161,453件の情報を掲載(2020年2月18日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 横浜市都筑区
  4. 北山田駅
  5. 北山田グリーンデンタルクリニック
  6. 山野 悟志 院長

山野 悟志 院長の独自取材記事

北山田グリーンデンタルクリニック

(横浜市都筑区/北山田駅)

最終更新日:2019/08/16

191718 %e5%8c%97%e5%b1%b1%e7%94%b0%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

「初診では基本的に治療はせず、検査結果をまとめた冊子を渡し、現状を詳しくお伝えします。それから治療のゴールを決めて、どのように治療を進めていくかを患者さんと話し合います」と話すのは「北山田グリーンデンタルクリニック」の山野悟志院長だ。モチベーションを保って治療を続けるためにも、自分自身の口の中の状態を理解してもらうことが大切だと語る。将来的には、予防で通う患者ばかりになり、歯科衛生士が活躍できるクリニックになるのが理想、と爽やかな笑顔で語る山野院長に話を聞いた。
(取材日2019年6月27日)

丁寧なカウンセリングで治療計画を患者と共有

広いカウンセリングルームがありますね。

1

痛みがある患者さんには応急処置をしますが、そうではない場合、基本的に初診では治療をせずカウンセリングのみ行います。初回はお口の中を検査し、その検査結果をすべてプリントして冊子にまとめてお渡しし、現状の問題点をお伝えした上で、これからの治療計画を患者さんと一緒に決めていきます。人間ドックに行ったら必ず検査結果をもらいますが、歯科医院で検査を受けても検査結果をもらうことはまれだと思います。しかし自分の口の中を理解してほしいという意味も込めて、検査結果もお渡しするようにしていますね。どこを治療のゴールとするのかを定め、それを患者さんにも理解していただくことで、最短の期間で最小の費用で通院できたり、根気のいる治療になったときもモチベーションを保つことにつながります。そのためのカウンセリングルームです。

そういった丁寧なカウンセリングをしようと考えたのはなぜですか?

そもそも、現状を理解してもらわないとその方の口の中全体を治療することは難しいですし、カウンセリングを行うことで患者さんとコミュニケーションが取れるので、治療しやすくなります。このスタイルで治療を始めたのは、大学病院で勤務していた頃からです。大学病院では一人ひとりの患者さんにたっぷり時間を取ることができたので、最初に時間をかけてカウンセリングをしたところ、患者さんがとても喜んでくれました。そのため、小規模なクリニックでもこういった丁寧なカウンセリングは必要だし、やらなくてはいけないなと感じていました。

十分な説明してもらえるのは患者としてもありがたいです。

2

歯科医院に行くと皆さん「治してもらった」と言われますが、元に戻ったわけではありません。悪い所を削り取って人工的なもので蓋をしているだけです。これを自転車で考えると、パンクした自転車を修理に出すようなものです。しかし修理した自転車はまた同じところがパンクしやすいですよね。虫歯も同じで、治療したところがまた虫歯になりやすく、どんどん脆くなってしまいます。そうならないように予防することが大切。カウンセリングは、それを理解していただく場でもあります。

丁寧に説明することで患者の意識を変えたい

先生の得意な治療を教えてください。

3

僕はもともと大学病院に勤務していて、歯周病やインプラント治療を専門にやってきました。特に歯周病については専門的に研鑽を積んできておりますので、そこが得意と言えると思います。また、インプラント治療を多く経験していると言うと「インプラントを勧められるのでは」と不安に感じるかもしれませんが、そんなことはありません。自分の歯を長く使えるのがベストですから、残せる歯は守ります。しかし、もし抜かなくてはいけなくなった際、インプラントを希望する方がいればその治療をしますし、義歯を希望される方には義歯を作ります。インプラントだけをお勧めするわけではなく、いろいろな治療方法のメリットとデメリットを提示し、患者さんに選んでいただく方針です。

こちらの歯科医院ならではの設備や治療方法はありますか?

歯科用CTのほか、マイクロスコープとヨーロッパ基準でクラスBの滅菌機器があります。マイクロスコープを導入したのは、根管治療を高い精度で行うためです。根管は肉眼では見えないため、どんなに上手な人が治療しても神経が入っていた管内の3割ほどが掃除できていないという論文も発表されています。より確実な根管治療をめざしマイクロスコープを取り入れました。そのほか、歯周病の治療など、細かい作業下での治療で活用しています。クラスBの滅菌機器を入れたのは、歯科業界の衛生面について問題視する報道が出たこともありますし、自分自身がどのような診療を受けたいかと考えたとき、滅菌は外せないと思いました。また、歯科の治療は血が出ることも多いので、院内感染防止は絶対に必要だと考え導入しています。

印象に残っている患者さんはいますか?

4

横浜のクリニックで勤務していた時に来院された、50代の患者さんです。入れ歯が壊れてしまったから作り直してほしいと来院されたのですが、お口の中を見たところ、入れ歯を支える歯もぼろぼろになっていました。抜かなくてはいけないかもしれない、残すならきちんとケアをしなければいけないとお話ししたのですが、「入れ歯だけ作ってくれればいい」とおっしゃり、そのほかの歯の治療を受け入れてもらえませんでした。ところが入れ歯を作り直すため何度か来院され、その中で自分の歯の大切さを少しずつお伝えしたところ、「歯の治療もしようかな」と言っていただけたのです。意識が変わって歯の大切さを理解してくださり、今では自主的に定期検診に通われています。退職する前、詳細は伝えずに開業するとだけお伝えしたところ、わざわざインターネットで探し、こちらを見つけてくれたときはうれしかったですね。今も1時間ほどかけて通ってくださっています。

治療ではなく予防のためのクリニックへ

どんなきっかけで歯科医師をめざしたのでしょうか。

5

高校生の時に老人ホームに行く実習があったんです。老人ホームには寝たきりの方からとても元気な方までいろいろな方がいました。皆さんを見ていると、自分の歯があって食べられる方は意識のしっかりした健康的な方が多いのに対し、胃ろうや自分で食事ができず食べさせてもらっている方は寝たきりになって意識がもうろうとしていることが多いようでした。その時に、自分の歯で食べることは、元気でいるために大切だと感じたのです。歯科大学に進む時に、歯科医師はもうからないよと言われたのですが(笑)、逆に考えると歯科の世界を変えていく余地がたくさんあるということ。僕自身は昔、歯科医院が苦手でしたし、歯科医師になるとは思っていなかったので、昔の僕が知ったらびっくりするでしょうね(笑)。

休日の過ごし方やリフレッシュ方法などお聞かせください。

自宅でじっとしていられない性格で、よく外出していて旅行も好きですね。あとは大学病院に月に何度か教えに行っています。よく行く場所はテーマパーク。2ヵ月に1度は出かけています。乗り物に乗るよりもブラブラ歩いてお酒を飲みつつ、園内の空気を感じて旅行気分を味わっています。アルバイトの方のモチベーションの高さ、園内の環境やスタッフへの教育も感心します。旅行も好きで、何度も行くのは沖縄です。ゆったりした雰囲気と暖かいのが良いですね。

今後の展望をお聞かせください。

もっと歯科衛生士が活躍できる場にしたいです。予防歯科は歯科医師ではなく歯科衛生士がメインになります。歯を守っていくためには歯科衛生士の力が欠かせません。歯科医師が介入するということは歯が駄目になっているということで、歯科医師が活躍する環境は患者さんにとってまだまだだと思います。治療が不要な患者さんばかりになり、歯科衛生士が活躍できるクリニックにしていきたいですね。当院には現在4人の衛生士がいますが、皆さんコミュニケーションを取るのが上手。歯科医院はどうしても「行きたくない」場所になりがちですが、当院のスタッフはリラックスできる空気をつくれるメンバーが集まっているので、ネガティブな感覚を持たず来ていただけるクリニックになれるようにと願っています。

読者へメッセージをお願いします。

6

信頼できるかかりつけの歯科医院があるのであればそこでも良いので、痛くなる前に定期的に検診を受けていただきたいです。痛くなってからだと、治療を受ける患者さんも大変ですし、時間もかかってしまいます。そうならないように定期的に歯科医院に通い、虫歯や歯周病にならないようにしましょう。個人差はありますが年に1~2回の検診をお勧めしています。歯で困ることがないよう、地域の方の健康を守っていければと思っているので、スタッフ一同お待ちしています。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/40万円~
マイクロスコープを用いた根管治療/1本5万円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access