北山田グリーンデンタルクリニック

北山田グリーンデンタルクリニック

山野 悟志院長
新規開院

191718 %e5%8c%97%e5%b1%b1%e7%94%b0%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

「初診では基本的に治療はせず、検査結果をまとめた冊子を渡し、現状を詳しくお伝えします。それから治療のゴールを決めて、どのように治療を進めていくかを患者さんと話し合います」と話すのは「北山田グリーンデンタルクリニック」の山野悟志院長だ。モチベーションを保って治療を続けるためにも、自分自身の口の中の状態を理解してもらうことが大切だと語る。将来的には、予防で通う患者ばかりになり、歯科衛生士が活躍できるクリニックになるのが理想、と爽やかな笑顔で語る山野院長に話を聞いた。
(取材日2019年6月27日)

丁寧なカウンセリングで治療計画を患者と共有

―広いカウンセリングルームがありますね。

痛みがある患者さんには応急処置をしますが、そうではない場合、基本的に初診では治療をせずカウンセリングのみ行います。初回はお口の中を検査し、その検査結果をすべてプリントして冊子にまとめてお渡しし、現状の問題点をお伝えした上で、これからの治療計画を患者さんと一緒に決めていきます。人間ドックに行ったら必ず検査結果をもらいますが、歯科医院で検査を受けても検査結果をもらうことはまれだと思います。しかし自分の口の中を理解してほしいという意味も込めて、検査結果もお渡しするようにしていますね。どこを治療のゴールとするのかを定め、それを患者さんにも理解していただくことで、最短の期間で最小の費用で通院できたり、根気のいる治療になったときもモチベーションを保つことにつながります。そのためのカウンセリングルームです。

―そういった丁寧なカウンセリングをしようと考えたのはなぜですか?

そもそも、現状を理解してもらわないとその方の口の中全体を治療することは難しいですし、カウンセリングを行うことで患者さんとコミュニケーションが取れるので、治療しやすくなります。このスタイルで治療を始めたのは、大学病院で勤務していた頃からです。大学病院では一人ひとりの患者さんにたっぷり時間を取ることができたので、最初に時間をかけてカウンセリングをしたところ、患者さんがとても喜んでくれました。そのため、小規模なクリニックでもこういった丁寧なカウンセリングは必要だし、やらなくてはいけないなと感じていました。

―十分な説明してもらえるのは患者としてもありがたいです。

歯科医院に行くと皆さん「治してもらった」と言われますが、元に戻ったわけではありません。悪い所を削り取って人工的なもので蓋をしているだけです。これを自転車で考えると、パンクした自転車を修理に出すようなものです。しかし修理した自転車はまた同じところがパンクしやすいですよね。虫歯も同じで、治療したところがまた虫歯になりやすく、どんどん脆くなってしまいます。そうならないように予防することが大切。カウンセリングは、それを理解していただく場でもあります。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

インプラント治療/40万円~
マイクロスコープを用いた根管治療/1本5万~



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細