全国のドクター9,112人の想いを取材
クリニック・病院 159,060件の情報を掲載(2024年2月28日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 豊島区
  4. 東長崎駅
  5. 東長崎駅前内科クリニック
  6. 吉良 文孝 院長

吉良 文孝 院長の独自取材記事

東長崎駅前内科クリニック

(豊島区/東長崎駅)

最終更新日:2022/07/06

吉良文孝院長 東長崎駅前内科クリニック main

東長崎駅から徒歩約30秒の場所にあるのが「東長崎駅前内科クリニック」だ。開院から5年目を迎える院内は、スタイリッシュな壁紙や間接照明が印象的な空間。壁面に施されたガラスブロック越しにやわらかな光が差し込み、まるでカフェのような居心地の良さを演出している。吉良文孝(きら・ふみたか)院長は、「ここへ来て良かったと思っていただけることが一番うれしい」と朗らかな笑顔で語る。苦痛の少ない内視鏡検査や肝硬変・脂肪肝の検査などに注力する同院だが、できるだけ検査や薬に頼らずに済むよう、まずはしっかり患者の話を聞くことを大切にしているという。検査のメリットだけでなくデメリットもしっかり伝え、決して押しつけるようなことはしないと話す吉良先生に、医療への思いや同院ならではの診療についてじっくり聞いた。

(取材日2022年6月1日)

「ここへ来て良かった」と笑顔になれる診療を

まずはクリニックの特徴について教えてください。

吉良文孝院長 東長崎駅前内科クリニック1

当院は風邪や生活習慣病などの一般内科から、消化器内科、内視鏡内科、肝臓内科と幅広い診療に対応するクリニックです。開院当初は地元の患者さんがほとんどでしたが、5年目を迎える現在は、当院のクチコミをご覧になった方や、患者さんからの紹介でわざわざ遠方からいらしてくださる方も少なくありません。また、スタッフの対応が良かったという声が多いことはうれしいですね。生活習慣病を持つ高齢者が、肝臓や胃、腸などの状態も確認したいと受診されるケースも増えています。長引く便秘や下痢、なんとなく気持ち悪い、すっきりしないというおなかの悩みを抱えた30~40代の女性が多いのも当院ならではの特徴だと思います。長い間おなかの悩みを抱えていた方や、何軒も病院に行ったけれど良くならなかったという方々にも、「ここへ来て良かった」と笑顔でお帰りいただけたらうれしいですね。

開院前は、先端の医療を学んでこられたそうですね。

いずれは開業したいと考えていたので、東京慈恵会医科大学卒業後は東京警察病院やJCHO東京新宿メディカルセンターなど先端の医療現場で専門技術を学び、日本消化器病学会消化器病専門医や日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医の資格を取得。内科・消化器内科・内視鏡内科のさまざまな症例に携わっただけでなく、救急医療の現場では全身管理や他科とも連携しながら全身を診ることの大切さを学びました。症状の出ている部分だけ、あるいは自分の専門分野だけを診て診断するのではなく、常に全身を診ながらどこに原因があるのかを見極め、正確な診断につなげることを大切にしています。

診療の際にはどのようなことを心がけていますか?

吉良文孝院長 東長崎駅前内科クリニック2

当院には長年にわたる悩みを抱えて来られる患者さんも多いので、まずは患者さんの話にしっかり耳を傾けることを心がけています。症状そのものによる苦痛に加え、症状の原因がわからないことによる漠然とした不安を抱えている方がほとんどなので、お話を伺いながら症状について整理し、問診と触診を行って重篤な病気ではないことをお伝えするだけで安心されることも多いです。当院は内視鏡検査を得意としていますが、何でも検査をすれば良いというわけではありません。むしろ検査も薬も、必要がなければないに越したことはないのです。なので、決してこちらから検査や治療を押しつけるようなことはせず、考えられる原因や検査や治療のメリット・デメリットなどをしっかり説明して、どうするかを患者さん自身に決めていただくようにしています。

充実の検査体制で、肝臓を含む消化器の専門診療を展開

検査機器が充実していますね。

吉良文孝院長 東長崎駅前内科クリニック3

正確な診断を導き出すためには、精度の高い検査が欠かせません。検査を受けるためだけにあちこちの病院へ行っていただくのは患者さんにとって負担なので、できるだけ当院で完結できるよう、採血、尿検査、心電図検査、エックス線検査、超音波検査、内視鏡検査、肝硬度測定検査などさまざまな検査に対応しています。また、臨床検査技師が常勤しているため、腹部、頸動脈、甲状腺、静脈、心臓などほとんどの部位の超音波検査が可能です。検査のスペシャリストである臨床検査技師と、肝臓をはじめとする消化器専門の医師である私の2人でチェックすることで、検査の精度を上げています。内視鏡検査については、胃と大腸両方の検査を1日で済ませたり、カプセル内視鏡での対応も可能です。

肝臓内科も得意とされているそうですね。

肝臓内科では、健診で肝機能異常を指摘される方に多く見られる脂肪肝や、肝障害が継続的に起こっていると考えられる肝硬変などに対応しています。最近注目しているのが、飲酒やウイルス感染と関係のない人が、肥満や糖尿病、高血圧症、脂質異常症などの生活習慣病の影響で脂肪肝になり、そのまま放置することで肝臓の機能が低下し、肝硬変や肝臓がんへと進行してしまう「非アルコール性脂肪肝炎(NASH)」です。そもそも肝臓を専門としているクリニックが少ないこともあり、インターネットで見つけてわざわざ遠方から来てくださる患者さんが年々増えてきていることから、外来で簡単に肝臓の硬さや肝脂肪量を調べられる検査機器を導入しています。従来は肝硬変の可能性がある方のみでしたが、今春から脂肪肝や慢性肝炎が疑われるケースにも保険適応が広がりました。導入しているクリニックは都内でも多くないので、気になる方はお問い合わせください。

そのほか、気になっていることはありますか?

吉良文孝院長 東長崎駅前内科クリニック4

おなかの悩みは症状も原因もとても複雑で、ストレスからくる症状で悩んでいる方も少なくありません。また、薬を使うほどではないけれどすっきりしないという方など、さまざまなニーズに対応したいという思いから、自由診療にも対応しており、腸内洗浄や、高周波治療器による便秘治療を導入しました。また、管理栄養士による栄養指導を行える体制づくりにも取り組んでいます。今後も、おなかの悩みを抱える患者さんのためになると思えるものがあれば、積極的に取り入れていきたいですね。

忙しい人や感染が不安な人も、気軽に受診できる体制に

医師を志望されたきっかけがあれば教えてください。

吉良文孝院長 東長崎駅前内科クリニック5

私は生後2ヵ月の時に肥厚性幽門狭窄症という胃腸の疾患が見つかり、手術を受けたおかげで命を救われました。また、父が開業医だったこともあり、物心つく頃には自分も医師になるんだと……とはならず、実はギリギリまで建築学部に進むか医学部に進むか悩みました。でも、医学部の面接で何げなく発した「建築家が家をつくることで施主の人生に彩りを与えるように、医療を通じて患者さんの人生をつくる手伝いがしたい」という自分自身の言葉に背中を押される形で、医療の道に進み今に至ります。

受診負担を軽減するためにもさまざまな取り組みを行っていらっしゃるとか。

池袋駅から2駅の東長崎駅から徒歩約30秒という利便性の高い立地にある当院には、普段は忙しくてなかなか受診できないという方も多く来ていただいています。待ち時間をできるだけ短縮し、効率良く診療できるように、診察や内視鏡検査、超音波検査などの予約を取れるネット受付システムに加え、自宅や院内でご自身のスマートフォンから入力できるウェブ問診のシステムも導入しています。状態が安定している方には、長期の処方も行っています。また、非接触の自動レジも採用し、新型コロナウイルス感染症の流行で外出を控えているような方にも安心して受診していただけるように環境を整えました。クリニックならではの気軽さで、専門性の高い医療にアクセスしていただける場であり続けるために、今後も工夫を重ねていければと思っています。

最後に読者へのメッセージをお願いします。

吉良文孝院長 東長崎駅前内科クリニック6

当院には他院で検査をやり尽くしてセカンドオピニオンを求めて来られる方、長年症状を抱えながら相談先を見つけられず我慢を続けてきた方なども多くいらっしゃいます。「話を聞いてほしい」という方もいらっしゃるのですが、話をするだけで悩みから解放されるなら、それこそラッキーだと思うし、解決しないなら検査するなり治療するなり、さまざまな選択肢があります。心配なのであれば、来院をためらう理由はないのです。お越しいただいた患者さんがおなかの悩みから解放されて、人生を楽しく過ごせるようお手伝いできればと先進の技術を学び、幅広い選択肢ときめ細かな対応を心がけておりますので、些細なことでもどうぞお気軽にご相談ください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

腸内洗浄/1万9800円
高周波機器による便秘治療/1ヵ月8580円

Access