全国のドクター9,208人の想いを取材
クリニック・病院 160,568件の情報を掲載(2023年2月02日現在)

  1. TOP
  2. 大阪府
  3. 茨木市
  4. 茨木駅
  5. 前羽クリニック
  6. 心疾患の早期発見・早期治療に役立つ予約不要の心臓超音波検査

心疾患の早期発見・早期治療に役立つ
予約不要の心臓超音波検査

前羽クリニック

(茨木市/茨木駅)

最終更新日:2021/10/12

Main Main
  • 保険診療

循環器疾患の発見や治療に大きな力を発揮する心臓超音波検査。しかし、検査のための予約やそのためのスケジューリングを面倒に感じる人は多く、おまけに目立った自覚症状がないともなると、検査は後回しになってしまうことが多い。しかし、循環器の疾患は寿命に直結する疾患も多く、検査や治療の先送りは非常に大きな危険が伴う。茨木市にある「前羽クリニック」の前羽宏史院長は、そういった現状を変えるべく、予約なしでいつでも検査が受けられる体制を構築し、気軽な心臓超音波検査を勧めている。今回は日本循環器学会循環器専門医として豊富な経験を持ち、数多くの検査や治療にまい進する前羽院長に、心臓超音波検査について詳しく聞かせてもらった。

(取材日2021年5月12日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

Q心臓超音波検査とはどのような検査ですか?
A

高周波の超音波を用いて心臓の状態をチェックする検査です。常に拍動している心臓を動いている状態のまま観察できるので、とても有用な検査と言えます。プローブと呼ばれる探触子から超音波を発信し、心臓の大きさに異常はないか、心筋の動きは保たれているか、弁の逆流はないかなど、各部位ごとに画像で見ることができるので、あらゆる心疾患の診断に用いられます。この検査では心不全や心筋梗塞、心臓肥大、弁膜症、先天性疾患などがわかり、治療方法の選択や治療の経過を判定するのにも役立ちます。エックス線検査とは違って放射線による被ばくの心配がありませんので、妊娠中の方や乳幼児にも受けていただけます。

Qどのような人が受けるべき検査ですか?
A

息切れや動悸、胸や背中の圧迫感や違和感、足や顔のむくみ、ふらつきやめまい、失神発作、だるさ、疲れやすさなどが心疾患に由来したものであるかどうかを見分ける手がかりになります。また、健診で心拡大を指摘されたり、心電図に異常が現れた場合にも受けると良いでしょう。またBNPやNT-proBNPなどの心臓ホルモンが上昇している方は、必ず心臓超音波検査を受ける必要があります。高脂血症、糖尿病、高血圧などの生活習慣病をお持ちの方も一度受けていただくと安心ですね。近年、高齢化によって急増している心不全から自分を守るためにも、何らかの自覚症状があったり、検査結果に異常があれば受けていただければと思います。

Q検査にかかる費用や時間を教えてください。
A

心臓超音波検査は保険適用になる場合がほとんどなので、決して高額な検査ではありません。また、当院では超音波検査を行う際の事前予約も不要で、診療時間内に受診していただければ、いつでも検査を受けていただけます。ベッドに横になり、専用のジェルを塗ってプローブを胸に当てるだけの簡単な検査ですので、所要時間も15分程度。検査中は意識があるので、一緒にモニターを確認しながら説明を聞くことも可能です。麻酔を使用することもないですし、食事にも制限がありません。そのため普段どおりの生活の中で気軽に受けていただけます。早期発見、早期治療のためにも、まずは気軽に検査を受けることをお勧めします。

検診・治療START!ステップで紹介します

1来院、問診

まずは受付で初診であることを伝え、問診票に記入。初診はもちろん、検査を希望する場合にも特別な予約は必要ない。診療時間内で都合の良い時間に来院するとよいだろう。

2診察

まずは診察室で診察。自覚症状や既往歴があれば、しっかりと伝えよう。もし常用している薬がある場合は、お薬手帳を持参するなどして忘れずに伝えたい。患者に納得・安心してもらうことを大切にしている同院では、診療での対話を重視しており、不安に思っていることはなんでも聞いてほしいとのこと。遠慮せず相談してみるとよいだろう。

3心臓超音波検査

検査スペースに移動して検査を行う。検査時の服装は特に決まりはないが、体を締めつけないゆったりしたものを着用しよう。検査着も用意されており、女性の場合はほとんどの人に検査着を着用してもらうそうだ。専用のジェルを塗布し、横になってプローブを胸に当てながら検査を行う。女性の場合は胸元をはだけないよう配慮してくれる。検査は15分程度で終了。

4結果をもとに治療計画の相談

検査中にもモニターを確認しながら説明を受けられるが、検査後にもあらためて検査結果の説明が行われる。万が一異常が見つかった場合は、疾患の重症度、現在の状態、生活スタイルなどを検討しながら今後の治療計画について話し合う。さらに詳しい検査が必要となった場合も、専門の医療機関を紹介してくれるので安心だ。

5定期通院で経過観察

心臓超音波検査で何らかの異常が見つかった場合は、定期的な通院が必要となる。通院間隔や投薬の必要性に関しては、疾患の状態により千差万別であるが、薬の使用はなるべく必要最小限にとどめる方針は一貫している。また、心臓超音波検査は初回診断のみに使用するのではなく、治療効果判定や経過の確認にも有用であるため、精緻な疾患管理を行うために、必要に応じて適宜フォローアップの心臓音波検査も行っている。

ドクターからのメッセージ

前羽 宏史院長

息切れや動悸、胸や背中の圧迫感や違和感などの症状は循環器疾患の関与を示唆する症状です。循環器疾患は、命に直結することもありますので、とにかく早く必要な検査を行い、適切な診断治療を行わなければなりません。一方でこのような症状は、まったく心疾患がなくても、ストレスや心因性に出現することもよくありますが、心因性の判断はあくまでも、一通り必要な診察や検査を行い、循環器疾患の関与を除外した上で行わなければなりません。不安があれば、迷わずに受診してください。お待ちしています。

Dr
Access