ちからまち歯科クリニック

ちからまち歯科クリニック

藤本幸久院長
頼れるドクター掲載中

自信を持って笑える口元に
ホワイトニングで理想の白い歯に

ちからまち歯科クリニック

自由診療

Top

口元の印象は、その人自身の印象に深く結びついている。そのため口元を気にして笑顔を見せられない、笑う時に口元を隠してしまう人も少なくない。白く美しい歯を手に入れることは、その人の印象そのものを大きく変えることになると言っても、過言ではないだろう。口元に悩みを抱える患者にとって、ホワイトニングは手軽に美しい歯を手に入れられる方法として需要が高まっている。しかしその反面、費用や治療期間、どのような方法で白くするのかがわからず不安に思う人も多い。「ちからまち歯科クリニック」では、患者の悩み、不安、要望に応えるためカウンセリングを重視。患者が思い描く「美しく白い歯」をめざし、治療にあたる藤本幸久院長にホワイトニングの基礎知識から治療工程、アフターケアまで詳しく話を聞いた。(取材日2016年7月15日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

ホワイトニングには、どのような方法があるのでしょうか?

クリニック内で行う「オフィスホワイトニング」、自宅で患者さん自身が行う「ホームホワイトニング」があります。オフィスホワイトニングは一度の治療で、一目でわかるくらい白くすることができるのですが、白さにムラが出やすいことが難点です。対してホームホワイトニングは、自宅で手軽にでき、色ムラも少ないです。ただ、治療期間が2週間から1ヵ月程度と長期にわたり、治療期間に口腔内に病変が出ても気づきにくいため、早く効果を実感したい方や時間が取りにくい方にはやや不向きといえます。当院ではオフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用して双方のメリットを生かす、「デュアルホワイトニング」をお勧めしています。

費用や治療期間について相談できるのでしょうか?

当院ではホワイトニング治療前に口腔内の検査とカウンセリングをしっかり行い、要望を踏まえて方針を決定します。ホワイトニングコーディネーターの資格を有する歯科衛生士が在籍しているため、歯を白くするための技術・知識・経験が豊富であることはもちろん、ホワイトニング後の定期的な口腔内ケアについてもアドバイスできることがメリットですね。相談に来られる患者さんの中には、かぶせ物が変色している事や神経の処置がしてある場合など、通常のホワイトニングでは白く出来ない歯の事で悩まれている方もいます。まずは『ホワイトニングが適応なのかどうか』といった所からなど、気兼ねなく何でも相談してほしいです。

ホワイトニング後に気を付けることはありますか?

ホワイトニング直後は色素の沈着を防ぐためにコーヒーや紅茶、カレーといった色の濃い飲食物を控えるようお願いしていますが、その後は基本的に食べ物などに気をつかう必要はありません。定期的なメンテナンスを行えば白さも維持できますし、僕も普段使用している、専用の歯ブラシと歯磨き粉でケアすれば、より色味を維持しやすくなりますね。ホームホワイトニングやデュアルホワイトニングの患者さんであれば、トレーを保存しておいていただければ、薬液を購入のみでホームホワイトニングを再開することができ、手軽に白さを取り戻す事ができます。当院では作製した歯型を治療後も1年間保存しているので、トレーを再度作製することも可能です。

検診・治療START!ステップで紹介します

口腔内チェックで、歯の健康状態を確認する

十分な効果を得るためにも事前のチェックと必要に応じた治療が重要だ。歯科医師による口腔内チェックではクリーニングと合わせて歯や歯茎の状態をチェック。既存の修復物がある場合は、ホワイトニングによる影響なども確認する。歯茎が腫れている場合、ホワイトニング治療に入ってしまうと腫れによって隠れてしまっている歯には薬剤が届かず色ムラの原因となってしまうため、健康な状態に整えてからホワイトニング治療に移行する。

綿密なカウンセリングを通して、治療のゴールを共有

「白くする」といっても人それぞれ感じ方が違うもの。歯科衛生士とのカウンセリングでは患者の求める「白い歯」のイメージを擦り合わせ、治療のゴールを共有する。共有のために、専用のカラーガイドを用いたり、過去の治療例を見せたりすることも。雑誌の切り抜き写真も参考資料として有効的なので、カウンセリングの際に持参するのもおすすめだ。イメージの擦り合わせの後、生活環境や治療期間、費用を踏まえ治療方針を決定する。

保護材を使用し薬剤が染みやすい部分を守りながら治療

虫歯や知覚過敏を起こしている歯、歯茎といった、刺激を受けやすい部分には保護材を用いて刺激を軽減。使用する薬剤も、日本人の体質に合った日本製のものを使用することで、刺激を抑えつつ自然な白さを引き出すことができる。

照射、仕上げの後、アフターケアもしっかり説明

薬剤の塗布後ライトを照射、約40分という短い時間で完了する。薬剤が少しでも残っていると痛みを感じることがあるため、照射後丁寧に取り除く。ホワイトニング後の歯は外部からの影響を受けやすい無垢な状態。仕上げとして歯にミネラル成分を補給し、白さを保つためのコーティングを施す。治療後は、治療前の写真と見比べながら変化を実感。デュアルホワイトニングの場合、ホームホワイトニングのレクチャーを行う。

料金の目安

オフィスホワイトニング/3万5000円 ホームホワイトニング/2万5000円 デュアルホワイトニング/5万円

ドクターからのメッセージ

藤本 幸久院長

最近は老若男女問わず、幅広い年齢層に求められるようになってきたホワイトニング治療。僕自身、ホワイトニング治療を受けたことがあり、その体験も踏まえて相談に乗ることもできると思います。何より、ホワイトニング治療によって患者さんの笑顔が増えることが、私たちにとって最も喜ばしいことですね。また、ホワイトニングをきっかけに歯の健康を守ることにも意識が向いてくれたらうれしいです。日頃のケアはもちろん、定期的なクリーニングを行うことで、白さだけでなく歯そのものの健康も維持することができます。歯を白くすることで、その後の患者さんの人生がより良くなるきっかけとなれば幸いですね。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細