全国のドクター8,453人の想いを取材
クリニック・病院 161,432件の情報を掲載(2019年10月14日現在)

丸の内 帝劇デンタルクリニック

丸の内 帝劇デンタルクリニック

阿部洋太郎院長

医療トピックス

新しい素材、新しい技術
体に優しい審美歯科

丸の内 帝劇デンタルクリニック

172727 mt 1 title 1423182202

健康の象徴でもある白い歯。しかし、虫歯や治療跡、黄ばみや汚れで白さがなくなってくることがある。現在は進化した素材や適切な処置法で、その悩みを解決できる。新しいオールセラミック治療やホワイトニング、見えない矯正をなど外見も重視した健康的な審美歯科治療について、器具の減菌だけでなく衛生面に配慮し、EPIOS殺菌水を用いた治療予防を行う丸の内帝劇デンタルクリニックの阿部洋太郎院長に聞いた。(取材日2015年1月24日)

美しく強いオールセラミック、装着感がアップした入れ歯。新素材と技術の進歩で歯科治療に変革の風

キレイな歯になるにはどのような方法がありますか?

172727 mt 1 q1 1423182202 ▲EPIOS殺菌水システムによるクリーニング 症例によりますが、茶渋などの着色であればクリーニングできれいになります。当院では、優しく細かいところまで汚れを取るために、EPIOS殺菌水システムとジェットクリーニングを取り入れています。肉眼で見える歯石を除去しても、細菌学レベルでは除去しきれない細かい汚れ(バイオフィルム)が残ります。EPIOS殺菌水によるジェットクリーニングでは、アミノ酸パウダーやリン酸カルシウムを殺菌作用のあるEPIOS殺菌水と一緒に強圧で歯に吹き付けることで、表面だけでなく、歯のミクロ単位の凹凸まできれいになります。クリーニングは審美的な目的だけではなく、健康な歯を持ち続けるためにも必要です。虫歯菌や歯周病菌の殺菌作用があるので虫歯予防効果も高まり、一石二鳥。定期的に歯科医院でクリーニングを受けることをお勧めします。

白い歯と言えば、ホワイトニングですね。

172727 mt 1 q2 1423182202 ▲右の機械でホワイトニングを行う ホワイトニングは、歯を削らずに歯の色を白くしていく方法です。黄色い色素を取り除き、さらに白いつやを出すのですが、体にダメージを与えることなく、審美的な効果を求めます。自宅で行うホーム・ホワイトニングと歯科医院で行うオフィス・ホワイトニングがありますが、色素を分解して落とす薬や時間の管理、トリートメントを考えると、まずはオフィス・ホワイトニングをお勧めしています。当院では、品質と安全性を重視して国産の薬を使用し、レーザーもダメージのない安全なものを使っています。治療後は歯がデリケートになっているので、エナメル質をカルシウムでトリートメント。ホーム・ホワイトニングよりも短期間で白さを実感できます。

審美と治療を両立させる新素材は何ですか?

172727 mt 1 q3 1423182202 ▲見た目はもちろん機能も向上した新素材について語る オールセラミックの新しい治療を用いています。歯に詰めたり、かぶせたりするものですが、ここ数年で素材が急速に良くなりました。特徴は美しさを備えた強さです。以前はセラミックの内側に金属が入っていたため、白さが損なわれてしまいましたが、すべてをセラミックにすることで素材本来の美しさを維持できます。歯を削る量も少なく済み、強度も上がりました。歯茎への侵襲もありません。最近はCAD/CAM というコンピュータを利用して設計・製作を一貫して行う技法で加工することにより、以前より高品質にも安価にもなりました。当院ではオールセラミックの中でも新しく高品質のものを使用しています。新しいセラミックとCAD/CAMにより、従来よりも体に優しく、衛生的な治療を提供できるようになったのです。

入れ歯も進化したと聞きました。

172727 mt 1 q4 1423182202 ▲数多くの症例をもつ阿部院長 ノンクラスプデンチャーの新しいタイプのものが人気です。これまでの部分入れ歯は固いプラスチックの両脇に金属のバネ(クラスプ)がついていて、バネで隣の歯に固定していました。注目されているのは、金属のバネがない「ノンクラプスデンチャー」というもので、やわらかいプラスチックやビニールの新しい素材や、シリコンのクッションを使っているため、軽くて柔軟性があり装着感が向上。バネは点で止めるのに対して、こちらは歯茎から優しく包み込むように固定されるので、安定感が違います。金属アレルギーの方にも安心して使っていただけますし、水をはじいて臭いや汚れが付きにくいという利点もあります。また、口の中と同じ色をした半透明の素材なため、笑顔などで口を開けても目立ちません。

審美歯科の捉え方を改めて教えて下さい。

172727 mt 1 q5 1423182202 ▲どんな治療でもカウンセリングや説明を丁寧に行う 治療と審美を分けて考えている方もいるかもしれませんが、健康な歯は、きれいな状態でもあるのです。審美歯科治療だけでなく、前提である健康で清潔なお口の状態を大切にしたいと思います。虫歯治療やクリーニングをしっかりした上で、審美歯科治療をすることが健康できれいな歯を維持することにつながるのです。逆に言うと、虫歯治療においては、ただ穴を塞いで詰め物をすればいいわけではありません。入れ歯も入ればいいというだけではありません。よりきれいに治したり、装着していることが目立たなかったりすることが求められます。歯周組織の健康も含めて、トータルでケアしていく意識が大切になるので、将来を見据えた対応が必要です。

ドクターからのメッセージ

阿部洋太郎院長

審美歯科治療に携わるようになり、12年が経ちますが、その間に材料がとても良くなりました。セラミックは、色がより自然な歯に近づいただけでなく、強度も上がりました。素材や硬さ、透明度など多彩な品質から選べるようになったことも大きな進歩です。そして、CAD/CAMにより、治療が早く安価になりました。また、これまでより高品質な材料できれいな治療を行えるようになりました。当院ではその技術を生かしつつ、決して機械任せにせずに精緻な工程は熟練の手作業で行います。歯科治療で大事なのは、全身の健康につながる「よく噛めること」です。見た目だけ、スピードだけを求めるのではなく、健康な歯のためにしっかりステップ踏んだ治療をめざしています。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Denentoshi after
Bunkyo after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細