なかの歯科クリニック

なかの歯科クリニック

中埜 健太郎院長

168142 %e3%81%aa%e3%81%8b%e3%81%ae%e6%ad%af%e7%a7%91%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

「まずは自分を大事にすること。意識が変わると自然と健康につながっていくんですよ」そう親しみやすい笑顔で話すのは大阪メトロ御堂筋線のあびこ駅から徒歩約4分のところにある「なかの歯科クリニック」の中埜健太郎院長。同院は「できる限り歯を削らない」「神経を取らない」治療をコンセプトに、生涯自分の歯で生活できるよう歯だけでなく全身の健康を考えたトータルアドバイザーとして、スタッフ一丸となってサポートしている。主訴を解決するだけでなく将来を見据えた治療の提供にとことんこだわっている中埜院長に、開院に至った経緯や診療方針などざっくばらんに語ってもらった。
(取材日2019年6月20日)

理想の歯科医院をつくるべく開院を決意

―まずはクリニックを開院された経緯をお聞かせください。

自分の理想の歯科医院をつくるために開院を決意しました。私の理想は予防を中心とした診療で、歯科衛生士がメインのクリニックです。そう思ったきっかけは、開業前に分院長を務めさせていただいていたクリニックが、朝から夜まで年中無休で診療しているところだったため、とにかく忙しく、悪いところを治療して、一旦終了してまた痛くなったら来院するといったエンドレスになっていました。予防の大事さを啓発したいという思いはありましたが、じっくりと患者さんと向き合う時間もないくらい忙しく、日々治療するのに手一杯な状況でした。それが歯科医師としてとてももどかしく、「このままでは駄目だ」と強く思い開院を決めました。

―治療を繰り返しているだけで根本解決になっていない葛藤を抱かれていたのですね。

はい。虫歯を削って治療する行為は虫歯になった原因を取り除いているのではありません。虫歯になってしまったところを取り除いて人工物に置き換えているだけです。虫歯になった根本の原因を解決しなければ、また何年かしたら虫歯になってどんどん歯がなくなっていってしまいます。あくまでも、歯科医院の治療というのは言い換えると「修理」なんですよ。修理したものはいずれ不具合が出てしまいますし、接着力も永久的に続くわけではありません。まずは歯科医師として、虫歯や歯周病になってしまった根本解決のため、二人三脚で一人ひとりの患者さんと向き合う必要性を感じていました。

―虫歯や歯周病の原因を解決するためにはどのようなことが重要ですか?

一番は食生活の見直しです。魚中心の昔ながらの日本人の食生活がとても大切だと考えています。歯だけを見るのではなく、体全体の健康を考え、全身のトータルアドバイザーとして患者さんにお話しできるのが歯科医師だと思っています。歯科で虫歯、歯周病を予防するために食生活を見直したり、甘い物を控えたりすることは歯だけでなく、全身の健康にもつながりますし、老化を遅らせることも期待できるのです。今の日本の医療ではどうしても数値が高い場合は下げるための薬を処方するということが一般的なので、薬を使わなくても健康で長生きできる、そんな世の中に変えていきたいです。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

レーザー治療/1万円~



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細