全国のドクター9,326人の想いを取材
クリニック・病院 160,986件の情報を掲載(2020年11月24日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 横浜市西区
  4. 横浜駅
  5. 医療法人信和会 ミズキデンタルオフィス
  6. インプラント治療でQOLを向上しっかり噛めて美しい口元に

インプラント治療でQOLを向上
しっかり噛めて美しい口元に

ミズキデンタルオフィス

(横浜市西区/横浜駅)

最終更新日:2018/05/09

Main 4 Main 4
  • 自由診療

自分の歯のようにしっかりと噛むことができ、審美面にも優れたインプラント。その需要は年々高まり、若い世代だけでなく、入れ歯やブリッジに代わる治療として選択する高齢者も増えている。しかし一方で、マスメディアやインターネットに出回る情報に振り回され、不安を抱える人も少なくない。時間も費用もかかるものだけに、正しく理解し納得した上で治療を受けたいというのが患者の願いだろう。そこで、インプラント治療のエキスパートとして長年臨床に携わり、書籍の執筆や講演会などを通じて患者教育にも力を入れる「ミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜」の水木信之院長と、娘で歯科医師のゆき菜先生に、インプラント治療の流れやポイントについて話を聞いた。(取材日2016年12月13日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

Q手術による痛みはありますか? 安全性や費用面も気になります。
A

インプラントの手術においては、先進的なコンピューターシステムを用いることで、より安全かつ正確に埋入することをめざします。切開や骨移植などを行う必要もないため、出血や痛み、腫れを抑えた高精度で負担に配慮した手術が可能です。また、手術前は緊張や不安を感じる患者さんが多いことから、ヒーリングルームでのリラクゼーションや静脈鎮静法を用いた手術など、痛みや不安を軽減するための工夫を取り入れているクリニックもあります。費用に関してはクリニックにより異なりますが、当院の場合は1本あたり30万円~としています。

Qインプラントを長持ちさせる方法はありますか?
A

「光機能化技術」と「メンテナンス」などがあります。光機能化技術とは、インプラントの表面に一定の波長の光を当てる手法で、より早く強固に骨と結合させ、安定性と成功率を高めてインプラントを長持ちさせることができると言われています。また自分の歯と同じように、インプラントの周囲も、きちんと歯周病菌をコントロールしないと炎症を引き起こし、場合によってはインプラントが抜け落ちてしまうことも。そこで、術前から歯周病菌をコントロールするケアや、術後にメンテナンスに通い、専属の歯科衛生士による定期的な口腔ケアを受けることが大切です。

Q機能面はもちろんですが、見た目の美しさも気になります。
A

インプラントは自分の歯のようにしっかりと噛めて、見た目にも自然なのが特徴ですが、最近ではコンピューターデータをもとにジルコニア・セラミックなどを削り出すCAD/CAMシステムを導入したり、専属の歯科技工士が精度の高い人工歯冠を製作したりと、審美性をさらに高める工夫もなされています。中には、治療後にホワイトニングを行う場合も。そうすることで、患者さんの意識が高まり、見た目の美しさを維持する効果も期待できます。何より、機能面・審美面ともに満足のいく治療につなげるためには、患者さんと歯科医師がしっかりとコミュニケーションを取りながら、納得のいくまで調整をすることが不可欠といえるでしょう。

検診・治療START!ステップで紹介します

1事前に正しい知識を提供し、患者の理解を深める

インプラント治療に興味のある人を対象に月に1回無料講演会を開催し、インプラント治療のメリット・デメリットや費用のこと、さらに治療の流れや手術の様子などについて、基本的な知識を提供している。その中では質疑応答の時間も設け、参加者の疑問に丁寧に答えている。それを踏まえた上で、初診時は実際に患者の口腔内を見ながらカウンセリングを行う。模型や動画、著書などを用いたわかりやすい説明を心がけているそう。

2口腔内および全身的な診査・診断を行う

口腔内写真やエックス線写真撮影のほか、歯科用CTを用いて3D画像を撮影し、顎の骨の状態や神経、血管の位置関係などを正確に把握する。そうすることで、より安全な治療につなげている。また全身疾患などについても確認し、場合によっては内科など他科の医師と連携しながら、治療を進めることもあるという。

3術前はゆっくり休み緊張をほぐしてリラックス

患者は術前にヒーリングルームで30分程度休んでもらう。手術前は緊張や不安を伴うため、ハーブティー(味覚)、アロマ(嗅覚)、音楽(聴覚)、チェアのバイブレーション機能(触覚)、ヒーリング映像(視覚)などを用いて五感に働きかけることで、血圧や脈拍などを安定させ、患者がリラックスした状態で手術に臨めるように準備。

4先進設備と感染管理の徹底で安心・高精度の手術を提供

衛生管理の徹底した手術室で、「コンピューターガイド」「ナビゲーションシステム」などを使用し、痛みや腫れを抑えた低侵襲の手術を行う。さらに、歯科用マイクロスコープなどを用いて肉眼では見ることができない部分まで確認しながら手術を行い、精度を高めているという。インプラント埋入後は、CAD/CAMシステムを用いて製作した人工歯冠を装着する。

5定期的なメンテナンスで健康で美しい口腔内を維持

治療後は定期的に通院し、専属の歯科衛生士と歯科医師による口腔ケアを受ける。歯周病菌をコントロールすることで周囲の炎症を抑え、インプラントを長期にわたり維持できる。また審美性をさらに高めたい人は、ジルコニア・セラミック治療やホワイトニングなどを受けることも可能。

ドクターからのメッセージ

水木 信之院長、水木 ゆき菜先生

当院がめざすゴールは、「ハッピースマイル&ナイスエイジング」。これは、「おいしい食事・素晴らしい笑顔・楽しい語らい」といった生きる喜びをインプラント治療を通じて取り戻し、生活の質(QOL)を上げていただくことです。そのため、先進のコンピューターシステムを活用しながらホスピタリティーを大切に、日本口腔外科学会口腔外科専門医、日本歯周病学会歯周病専門医と多職種が一丸となって高精度で負担に配慮した治療を行っています。治療前には講演会などを通じて事前に正しい情報を提供し、納得した上で治療を受けていただけるよう心がけていますので、少しでも不安に感じることがあれば気軽にご相談ください。

Dr

自由診療費用の目安

自由診療とは

1本あたり30万円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access