医療法人社団鐵櫻会 シャルムクリニック

医療法人社団鐵櫻会 シャルムクリニック

櫻井直樹院長

皮膚腫瘍、ホクロ除去等の手術
皮膚科医ならではの美しい仕上がり

医療法人社団鐵櫻会 シャルムクリニック

保険診療

Top

目に見えるが故、トラブルやコンプレックスがあると「QOL(生活の質)」を著しく下げると言われる皮膚疾患。手術が必要なケースでも、やはり「見える」ことが術後の状態への不安を生み、やるべきとは思いながらもなかなか決断できないという人が多いのではないだろうか。「シャルムクリニック」の櫻井直樹院長は、眼瞼下垂などの手術も皮膚科専門医で行うことにより、傷が目立ちにくく後に残りにくいと話す。一般皮膚科のみならず美容外科や美容皮膚科にも精通し、正確な診断に基づく手術と仕上がりの美しさに定評がある櫻井院長に「皮膚科専門医ならではの手術」について話を聞いた。(取材日2016年3月10日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

こちらで受けられる手術には、どのようなものがありますか。

良性の皮膚・皮下腫瘍や、悪性の皮膚腫瘍いわゆる皮膚がんの切除から、巻き爪の手術、美容的な手術までさまざまです。美容的なものでいうと、眼瞼下垂、ホクロの除去などですね。私の経験上、例えば6~7センチ程度の脂肪腫の切除や、ちょっとした皮弁形成術・植皮術など、他院では入院が求められるケースでもほとんどの場合は日帰り手術が可能です。また、実は意外と件数が多いのは巻き爪の手術。他院で診察を受けたものの、抗生物質を処方されるのみでよくならずに受信されるケースが多いです。当院ではご希望があればその場で手術をしているので、痛みを抱えて帰らずに済み、苦しみから解放されたという喜びの声をいただいています。

手術を受けるクリニックを選ぶ際、重視する点とは?

皮膚科を専門的に診ているクリニックであれば診断と治療の経験が豊富なため安心できると思います。さらに、日本皮膚科学会の「皮膚科専門医」あるいは日本形成外科学会の「形成外科専門医」であるかと言う点も一つのポイントになると思います。クリニックでの手術は大学病院と違って手術日が決まっていないためフットワークが軽く、できる限り外来で対処するので日常生活に早く復帰できることが長所です。手術まで行うクリニックは決して多くありませんが、小回りが利くかどうかというところにも着眼して病院選びをすると良いでしょう。

手術を受ける際、皮膚科、形成外科を選ぶ利点は何でしょう。

術後の仕上がりまで考えて手術をするので、傷跡が目立ちにくくきれいに治るという点ですね。さらに、当院では手術に使用する道具ひとつにもこだわって、多少値段が高くても性能が良いものだけをそろえています。良い道具は医師の技術を助け、手術をより簡単にしてくれるんですよ。同じ道具でも体に使用するものと顔に使用するものは分け、顔には非常に繊細なつくりで皮膚を傷つけにくいものを使用するなど、術後の状態がより良くなるような工夫をしています。

検診・治療START!ステップで紹介します

診断

患者が訴える症状を聞き、ホクロや腫瘍を取りたいのであれば場所を確かめて、考え得る治療の選択肢を提示してくれる。このとき、メリットだけではなく「術後に腫れが出る」「メイクに制限がある」といったデメリットも併せて説明がある。手術内容や術後の状態に少しでも疑問や不安があれば、遠慮なく質問しておきたい。手術を行うことが決まれば、術前の検査に備えて既往歴のチェックなど問診に移る。

術前の検査

まずは良性か悪性かを診断。深いところにある皮下腫瘍は見た目ではわからないため、エコーを撮ったり他院にMRIを依頼したりと十分な術前検査を行う。重い糖尿病など、患者自身も気づいていない疾患が隠れている場合に備え、基本的には血液検査もセットで実施。検査結果を見ても判断が難しい場合や、皮膚がんの可能性が捨てきれない場合には、組織検査を挟んで診断を確定してからの手術になるという。

手術前日から当日の来院まで

前日の飲酒は控え、手術当日に来院。手術当日は患部を濡らすことができないので、気になる場合は入浴してからの来院が望ましい。なお、翌日からは患部も含めてシャワー浴が可能だ。手術は院長のほかに看護師が1人サポートにつき、手術道具もそれぞれ櫻井先生こだわりの機器を準備し、万全の体制で行われる。

手術開始

局所麻酔をして、手術開始。院長が手術をする脇では看護師が血圧を測って全身状態を管理。顔色や様子を見ながら「痛みはないか」「気分は悪くないか」といった声掛けをしてくれるので安心だ。

術後のチェック

翌日に傷跡のチェックと消毒を行う。抜糸は手術部位によっても異なるが、平均して1週間から2週間後が目安。日常生活でよく使う場所、動きのある箇所を手術した場合には、抜糸までなるべく安静にし、重たいものを持つのは避けたほうが無難だ。

ドクターからのメッセージ

櫻井 直樹院長

当院では、皮膚科専門医として、術前の診断を重視しております。診断によって術式が変わることも多いためです。必要であれば画像検査、組織検査などを行った上で、当院でやるべきか否かも含めて判断をします。私の経験上、例えば6~7センチ程度の脂肪腫の切除や、ちょっとした皮弁形成術・植皮術など、他院では入院が求められるケースでもほとんどの場合は日帰り手術が可能です。早期に日常生活に復帰できる上、仕上がりがきれいであるというのが、皮膚科専門医のいるクリニックで手術をするメリットだと思います。お気軽にご相談ください。

読者レポーターのメッセージ

Yさん

先生の雰囲気が柔和でご相談しやすい上、説明が非常に端的でわかりやすいと感じました。どんなに初歩的な質問をしても丁寧に対応してくださるので、ちょっとした悩みも気兼ねなく話せると思います。先生にお話しすれば必ず答えが見つかるだろうという安心感が良いですね。また、皮膚科、形成外科で行う手術だからこそ傷跡が目立たず、術後の仕上がりがきれいだというお話には、手術に使用する道具へのこだわりも含めて非常に納得感がありました。ほとんど日帰りで手術が可能という点もうれしいポイントです。高級感がありながらも開放的で清潔な内装も、手術に対する不安を取り除いてくれるのではないでしょうか。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musa after
Taito after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細