全国のドクター9,306人の想いを取材
クリニック・病院 161,126件の情報を掲載(2020年10月28日現在)

  1. TOP
  2. 愛知県
  3. 名古屋市中区
  4. 伏見駅
  5. オレフィス矯正歯科
  6. 舌側矯正とマウスピース型装置を用いた矯正適した診療計画を提案

舌側矯正とマウスピース型装置を用いた矯正
適した診療計画を提案

オレフィス矯正歯科

(名古屋市中区/伏見駅)

最終更新日:2020/09/30

Top Top
  • 自由診療

矯正への機能面だけでなく審美面にも関心が高まっている中、装置が目立ちにくい方法として、舌側矯正とマウスピース型装置を用いた矯正の2つが挙げられるという。どちらを選択するかにあたっては、それぞれの持つ短所や長所を含めた特徴を知り、自分に合った装置を選択したいと誰もが思うもの。「オレフィス矯正歯科」の青木泰樹院長は、数多くの矯正装置のメカニクスを熟知した上で、患者一人ひとりの理想とするゴールに向け、最適と思われる方法を提案するよう努めているそう。「矯正で一番大事なのは診断。ベストなゴールはこれ、と言える診断力がなければ、良い結果は得られない」と話す。そこで、舌側矯正とマウスピース型装置を用いた矯正について、フラットな視点をもってそれぞれの特徴を詳しく教えてもらった。(取材日2020年9月3日)

患者のめざすゴールを理解した総合的な診断力と、的確な治療方針の提案を重視

Qまずは、舌側矯正について教えてください。
A
1

▲院長は長年舌側矯正治療の研鑽を積んだベテラン歯科医師だ

舌側矯正とは、通常、歯の表側に取り着けるブラケットという矯正装置を、歯の裏側に取り着ける矯正法のことを指します。矯正していることをできるだけ他人に知られたくないという方にお勧めです。現在では、ほとんどの症例に舌側矯正は適応可能ですが、特に、口元が出ていて、抜歯を行って大きく前歯を引っ込める必要のあるケースなどは、舌側矯正のメカニクスが有利になります。また、マウスピース型装置では難しい症例があります。それは、歯が少ししか出ていない、歯が埋まっているなど、歯の上から覆ってはめ込むマウスピース型装置が使用できないケースなどです。それでも審美的な装置を選びたいという場合は、舌側矯正を使います。

Qマウスピース型装置を用いた矯正についてはどうでしょうか?
A
2

▲検査機器も充実。診断から患者に合った矯正を提案している

マウスピース型装置を用いた矯正のメリットは、目立ちにくいこと、取り外しができ歯磨きや食事の際に困らないことなどは、やはり大きいですね。また、ワイヤーを使用した矯正装置では難しい動かし方ができます。例えば八重歯がある場合、奥歯から順番に後ろに動かしてスペースをつくり歯列を整えていくような動きができるのはマウスピース型装置の強みといえます。基本的にワイヤー矯正では全体の歯を動かしていくものなので、動かす歯の順番や場所を選択できるのは大きな特徴といえるでしょう。このようなマウスピース型装置のメカニクスの特徴を十分に理解して使用することが歯科医師に求められます。

Qマウスピース型装置を用いた矯正を選択する際の注意点は?
A
3

▲院長は世界各地で開催される勉強会にも参加し、研鑽を積んでいる

マウスピース型装置は既製品ではありません。「どこの歯科で受診しても一緒だから、低価格のところでやろう」とは思わないでほしいと思います。同じ素材で同じ提供会社のものであっても、矯正方針の立て方は各歯科医師が綿密に提供会社とやりとりをして決めていきます。この方針が立てられる診断力がマウスピース型装置で矯正する場合の成功の鍵と考えています。この方針が間違っていれば逆効果となることもあるので気軽なものでは決してありません。だからこそ、矯正歯科を専門に確かなトレーニングを受けているクリニックを選んでいただきたいと思います。症例数の多さや価格だけで判断するのはリスクがあると思います。

Q矯正を始めるタイミングや期間について教えてください。
A
4

▲通路には、多数の模型が並び、スタイリッシュな雰囲気だ

矯正を始めるにあたり、今後の予定との折り合いがイメージできず躊躇されている方も多いと思います。例えば、結婚式や成人式などのイベントを控えていらっしゃる方には、舌側矯正装置かマウスピース型の装置どちらでも審美面はカバーできると思います。また、出産や引っ越しなどで通院が難しい時期がある場合には、マウスピース型装置ですと、波に乗っていれば通院ペースをコントロールできます。このように患者さんのライフプランに合わせた矯正の進め方が提案できますのでご安心ください。矯正にかかる期間としては、症例によりますが、どちらの装置を選んでいただいても2年前後を目安にしてください。

Q矯正を専門とするこちらのクリニックの強みは何でしょうか?
A
5

▲院長は多くの矯正方法から患者に合ったものを提案している

それぞれの装置のメカニクスを熟知しており、適切な方法で使用できる技術をもっていることです。また、患者さんにとっての理想のゴールを提案できる、総合的な診断力も強みだと考えています。これらすべてを網羅した上で、的確な方針と装置を提案していくことが課された使命だと思います。表側矯正、舌側矯正、マウスピース型装置を用いた矯正それらの細かなメカニクスの差を理解し、各装置の得意、不得意を知り、特徴にマッチした方法で進めていくことを心がけています。加えて、外科手術を伴う矯正も含めたメニューの中から、患者さんにとって適切な提案をしていけることが当院の強みです。

ドクターからのメッセージ

青木 泰樹院長

歯並びを少しでも気にされ、矯正に興味がおありなら一度ご相談ください。「今、必要なのか。どんな手法が合っているのか。かかる期間や費用」など、ご自身の情報を整理するだけでも構いません。昨今は「病院によって、全然言うことが違う!」と、わからなくなってしまって、当院へセカンド、サードオピニオンで来られる方がとても多くいらっしゃるのが現状です。一度はやはり矯正を専門にし、いろいろな装置・方法に対応のできるクリニックに相談されるのがいいのではないでしょうか。当院は無料のカウンセリングがありますので、悩んでおられるならまずは気軽にお越しください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

舌側矯正(フル)/120万円~(ハーフ)/100万円~、マウスピース型装置を使った矯正(フル)/85万円~(部分)/40万円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access