全国のドクター9,362人の想いを取材
クリニック・病院 160,997件の情報を掲載(2020年12月05日現在)

  1. TOP
  2. 岐阜県
  3. 岐阜市
  4. 岐阜駅
  5. ノアデンタルクリニック・ホワイトエッセンス
  6. 渡辺 徹也 院長

渡辺 徹也 院長の独自取材記事

ノアデンタルクリニック・ホワイトエッセンス

(岐阜市/岐阜駅)

最終更新日:2020/04/01

162307

岐阜駅から車で約10分にある「ノアデンタルクリニック・ホワイトエッセンス」。保険診療を行わない完全自由診療の歯科クリニックで、独自の診療スタイルを求めて北海道や鹿児島から相談に訪れる患者や、セカンドオピニオンでの利用も多いそうだ。自由診療というと、ハードルが高いというイメージを抱きがちだが、同院は高価な素材を使うことや、審美性のみを追求する自由診療にこだわっているわけではなく、その目的は「患者さんにとってより良い治療を提供し、予防歯科を第一に据えるためのこと」と渡辺徹也院長は力を込める。めざすは「まっとうな医療の提供と、笑顔の創造」。歯科医療界に新風を巻き起こそうとする渡辺院長に、診療にかける想いや展望を語ってもらった。
(取材日2018年11月14日)

予防を主とする完全自由診療のクリニック

クリニックの特徴を教えてください。

1

当院は2009年の開院当初から自由診療に特化した診療を提供してきて、2014年には保険医療機関指定を辞退し、完全に自由診療専門のクリニックとなりました。目標としているのは、一人の患者さんに対して時間をかけてじっくりと向き合い、保険診療の制約にとらわれず自分が「まっとう」だと考える歯科医療を提供すること。“まっとうな歯科医療”というのは、痛みやぐらつきといったトラブルを解消するためだけの、応急処置のようなものではなく、トラブルを根本から解決し、良い状態を長く維持していくためのものだと私は考えています。そのため虫歯や神経の治療、インプラント治療なども行いますが、当院の診療で重視しているのは、カウンセリングや治療相談、そしてそれらの根幹に「予防歯科」があります。虫歯や歯周病を徹底的に予防するため、歯科衛生士を中心に歯石の除去やクリーニングなど、個々人に合わせた予防プログラムを作成しています。

カウンセリングには特に時間をかけているそうですね。

初診時には原則的に90分間、カウンセリングのみを行います。当院にお越しいただく患者さんの目的は、治療とホワイトニングがおおよそ半々なのですが、僕たちは患者さんの目的のその先にゴールを定めているんです。僕たちがめざすのは、最終的に足を運んでくださった方が「健康で長生きをしてもらうこと」。そのため、治療を開始した後にも継続して、時間をかけてカウンセリングを行います。また、長時間にわたる治療をリラックスしてお受けいただけるよう、診療スペースは完全個室にしました。僕としては、患者さんを友人と同じように、自室に招き入れているイメージですね。

診療におけるこだわりを教えてください。

2

患者さんに共感・納得しながら治療に取り組んでいただけるよう、必要と考えるツールを導入し、活用しています。とりわけ特徴として挙げられるのは、診療時に行う「ドキュメンテーション」です。口腔内の3D画像を撮ってお見せするとともに、治療では毎回、マイクロスコープを使って歯1本1本の状態を患者さん自身の目で確認していただくもので、これにより治療に対する理解度がぐんと上がり、意欲的に治療やその後のメンテナンスに臨んでもらえるようになるんです。実際に治療を進める段階でも、歯を削って修復されていく過程まで手に取るように把握していただけますからね。歯科用CTやマイクロスコープなど先進の機器・技術を使って患者さん自身に口の中を把握してもらったほうが、納得して治療を受けてもらえると思うんです。このように必要と思うものを柔軟に取り入れ、使っていけるのも自由診療のメリットの一つです。

多くの声を聞き、患者が本当に求めている治療を知った

自由診療に注力し始めたきっかけは?

20181129 bana 3

最初は、大学院時代にアルバイトでお世話になったクリニックの先生から臨床の話を聞いたのがきっかけでした。非常に向学心の強い方で、僕が大学で学んだ以上の、初めて聞く先進的な治療についていろいろ教えてくださいました。その頃から保険適用外の治療について関心が芽生えたように思います。さらにはここを開院する前の勤務医時代から、インターネットの歯科相談サイトでさまざまな患者さんの相談を受けてきた影響も大きかったです。そこで患者さんの率直な声に触れ、意外なことに自由診療へのニーズが高く、その割に受け皿が少ないことに気がついたのです。それならば自分がやってやろうと思うようになりました。

具体的にはどのような声が多かったのですか?

患者さんの第一の関心は「保険診療か自由診療か」ではなく、「良い治療が受けられるかどうか」だということに気づかされました。それまでは自由診療を受けたがる人は特殊な人で、保険診療の範囲内でできる治療を考えなければというスタンスだったのですが、まずその固定観念が崩されましたね。そして、多くの人が歯科医師に聞きたいことを言い出せずに悩んでいるという実態も知りました。時として、「それは主治医に相談すれば済む話では……」と思ってしまうことも直接聞けず、インターネットを頼りにされる方が少なくなかったんです。十数年前のことで、当時は「ネットで専門家が情報を流すなんて」と軽んじる歯科医療従事者も多く、同業者から批判されるのを覚悟で始めたのですが、ふたを開けてみるとほとんどの方が真剣な悩みを寄せておられました。その経験から、じっくりとカウンセリングの時間を取ることの大切さも学びました。

独自の道を歩むということは、ご苦労も多いのではないですか?

20181221 4

そうですね。設備費の負担などもありますし、真剣に向き合おうとすると、お一人に対し相当な時間や手間がかかるので、歯科医師の誰もがやりたがることではないかもしれません。しかしそれを望む患者さんが少なからずいらっしゃるので、安定して運営していけるようなロールモデルをつくっていきたいです。患者さんに貢献できる医療の姿とは難しいもので、サービス合戦をしてしまえば一時は喜ばれるものの、結局は組織が疲弊し崩壊してしまいます。若い先生が夢を持って参入できる歯科医療の形をつくるのも、一つの社会貢献だと思っています。もちろん保険診療を否定しているわけではありません。保険診療はできるだけ少ないコストで多くの人を救うための制度で、それはそれでとても大切です。今は自由診療の選択肢が世の中に少なすぎるので自分が担わなければと思っていますが、逆に自由診療ばかりになってしまったら保険診療専門に変えるかもしれません(笑)。

80歳になっても笑顔でおいしく食べられるための治療

スタッフさんとの連携についてはいかがですか?

5

当院は予防をメインとするクリニックなので、歯のメンテナンスを行う歯科衛生士の存在はとても重要です。当院では、メンテナンスの際にマイクロスコープを使うのが特徴です。これも患者さんに直接自分の目で状態を確認してもらい、予防への意識を高めてもらうためです。操作にはかなりの技術が必要ですが、頑張ってトレーニングを積んで使いこなしてくれています。講習会にも積極的に参加するなど、すごく勉強熱心なので僕も心から尊敬していますね。将来的には治療が不要となって予防の患者さんだけでもやっていけるクリニックをめざしているので、僕は脇役で歯科衛生士が主役である状態が理想なんですよ。そのためには僕たちの考え方に共感してくれる同志をもっと集めたいと思っています。

今後の展望をお聞かせください。

当院に来てくださった人には不健康な状態から健康な状態へ、健康な場合はさらに健康に、美しくなってもらいたいと願って診療に取り組んでいます。審美的な施術にしても見た目だけをきれいにするのではなく、きちんと咀嚼できる状態で、体からにじみ出るような美しさを得られるようにサポートしています。僕たちも本気ですから、「この人の人生を変える」という気持ちで診療に臨んでいますし、本気で取り組んできたと自負しています。そんな「まっとうな歯科医療」をこれからも提供して、笑顔を創造していくのが目標です。僕たちはよく、患者さんが80歳になった時に笑顔に自信があって、ご飯もおいしく食べられるという姿に貢献できるような治療をしようと言っているので、それをかなえていけたらいいですね。

読者の方へメッセージをお願いします。

6

インターネット上でもいろいろとお悩みを聞くことがありますが、やはり実際に口を診ないとわからないので、まずは話を聞きに来てほしいですね。自由診療という選択肢があることを、より多くの人に広めるのも自分の役割だと思っています。少しでも心に引っかかるものがあればぜひ当院へお越しください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

初診(カウンセリング)/無料(CT撮影した場合5000円)
歯科総合検診/7万円程度、歯周病治療/4万円~
虫歯治療/5000円~4万5000円程度
根管治療/6万円~13万円程度
インプラント/1本40万円~
ホワイトニング/前歯12本8000円~
メンテナンス/5000円~
※すべて価格は税抜き

Access