医療法人社団 暉英会 須藤整形外科クリニック

医療法人社団 暉英会 須藤整形外科クリニック

須藤英文 院長

162142 df 1 main 1421907246

開業したことで、患者としっかり向き合えるようになった

―この場所に開業したきっかけなどはありますか?

千葉の大学に通っていたこともあり、医師になってからは千葉の病院に勤務することが多かったのですが、「開業するならば地元である藤沢から近い場所に」と考えました。開業してからは広告関係の方や施工業者など、普段は接点のない職種の方々と関わることができて新鮮な気持ちです。「こういう考え方もあるのか」と、彼らと話す中で新しい発見がたくさんありました。開業して最も満足していることは、患者さん一人ひとりとしっかり向き合って治療ができることです。大学病院とは違って、現在は患者さんの全身をじっくり見渡した診療ができることに大きなやりがいを感じています。ある程度なら日常の不具合など内科的な相談にのることもできますし、インフルエンザなどの予防接種も当院で受けられるようにしています。当院には定期的にリハビリにいらっしゃる患者さんが多いので、そういった方々がリハビリのついでに予防接種ができれば楽かと思いまして。

―こちらの患者層やクリニックの特徴について教えてください。

患者層は、近隣の方を中心にお年寄りまでたくさんの方に来ていただいています。小学生や中学生はけがが多く、骨折、ねんざ、突き指などもいます。また、リウマチなどの症状の患者さんもいらっしゃいます。 超音波や低周波などの器械を使って治療する方もいますし、理学療法士に担当してもらって普段の生活の仕方の指導など、患者さん特有のクセのある歩き方などを改善するように指導しています。当院は、理学療法士がスペースを使って治療できるように広めに作っています。また、レントゲンは天井走行式のものを導入し、あらゆる方向からのレントゲン撮影が可能です。手術に行く手前の段階はこちらできちんと診療したいですからね。また、透視下での骨折の整復や神経根ブロックなどが可能です。

―先生が診療の際に心がけていることなどありますか?

できるだけ患者さんが言いたいことが言えるよう環境を作っていきたいというのがあります。医師の前だと患者さんは萎縮してしまうこともあり、「これは言わない方がいいかな」と思って言わないことがあったりもしますが、理想は友人と話しているかのように、どこが痛いのかフランクに言えるような関係を作っていきたいと思っています。一度会っただけでは難しいかもしれませんが、長く付き合っていくうちに患者さんも少しずつ言いたいことが言えるようになってきており、嬉しく感じています。

―こちらで行っている「オーダーメイドインソール」というものについて教えて下さい。

歩く時に靴の中に入れて使用する「インソール」を、患者さんに合わせて作っています。スポーツをしている人はもちろんですが、普段の生活で感じる足やヒザの痛みを軽減したいという方や、外反母趾の患者さんにもおすすめです。当院では理学療法士が患者さんの歩き方や足の形をしっかりと確認したうえで、最適な形のインソールを作成しております。まずは歩き方をチェックして、足に合わせて型を取り、何度か履き心地を確認しながら丁寧に作成します。インソールを着用して歩き方を変えれば、肘や肩の使い方を改善することもできます。普段よく履く靴に合わせて作るのですが、スニーカーでも革靴でも作成可能なので大変好評です。



Access