医療法人社団 暉英会 須藤整形外科クリニック

医療法人社団 暉英会 須藤整形外科クリニック

須藤英文 院長

162142 df 1 main 1421907246

高座渋谷駅から徒歩数分の穏やかな住宅街に佇む「医療法人社団 暉英会 須藤整形外科クリニック」は、一般整形外科に加え、脊椎・脊髄疾患の専門的治療を受けられる貴重なクリニックだ。縦に長い待合室を抜けると、ベッドが10台以上もある広々としたリハビリルームが目の前に現れる。複数名の理学療法士が在中する同院だからこそ実現する、丁寧なリハビリも患者に好評だ。院長を務める須藤英文先生はこれまで1000例近い脊椎手術を経験し、君津中央病院では整形外科の責任者として多くの治療を手がけてきた大ベテラン。「もっと患者1人ひとりに寄り添った治療がしたい」と、地元である藤沢市に開業することとなった。柔らかな口調で丁寧にお話して下さる須藤先生に、医師を目ざしたきっかけや今後の展望についてじっくりとお話を伺った。
(取材日2014年12月4日)

人々を楽にする医療に憧れて、神経系統を扱う整形外科医を志す

―早速ですが、医師をめざしたきっかけや先生の子ども時代についてお話していただけますか?

神奈川県の藤沢市生まれで、小学校は野球、中学校はバレー、高校はバスケットとスポーツが好きな子どもでした。 医師をめざそうと思ったのは、高校生のときに読んだアメリカの小説がきっかけです。精神科医が一般の人の生活にすんなりと溶け込んでいて、人々を楽にしているのに憧れ、日本でもそれができないかなと思うようになりました。また、小さいときはけがや風邪などで近くの病院に行くことがよくあり、時間外でも診療してくれていました。母に背負ってもらって病院に行ったことを覚えています。その先生によくしてもらったのも、自分が医療を志すベースとなったと思っています。

―その後、大学ではどのようなことを勉強されていたのでしょうか?

大学でどの分野に進もうか考えていた時に、神経系統がいいなと思っており、脳神経外科か整形外科がいいかなと考えていました。神経系統を志そうと思ったのは、中枢神経がきちんと働かないと体が動かないので、大切な分野を扱う科目ですから。また、まだよく解明されていない分野だったので、勉強のしがいがあると思っていました。私が通っていた千葉大学が脊椎についてしっかりとした診療をしていたこともあり、研修後に整形外科に進もうと決めました。その後に進んだ大学院では、脊椎とその発生学について勉強しましたね。

―そして、大学卒業後はいろいろな病院で勤務されているのですね。

大学卒業後は大きな病院を中心に勤務し、医師としての経験を積みました。最初は大学病院で、その後は沼津にある病院で働いたのですが、初めて大学を出て働いたこともあり、とても新鮮な気持ちで働くことができました。その後に勤務した千葉の安房地域医療センターでは、整形外科の立ち上げに携わり、どういった手術機械を導入しようかなど看護師と相談しながら準備していきました。これは自分の医者人生において、とてもよい経験となりました。勤務医時代は骨折などの外傷の手術に加えて、私の専門が背骨や脊椎なので、頸椎や腰椎の手術も行っていました。脊椎手術に関しては、これまで17年間に渡り1000例近い手術を経験しています。多くの手術を経験する中で、「患者さんの痛みは一つではなく、一人の人間の中に複数の痛みが存在することもある」ということに気づいたのです。例えば、足が痛くて足をかばうようにして歩くうちに、腰が痛くなることがありますよね。大きな病院だとどうしても専門部位だけを診るようになってしまうので、もっと患者さんの全身を診たいと思うようになりました。そして、患者さんに寄り添った治療をするために、開業を決意したのです。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細