全国のドクター8,887人の想いを取材
クリニック・病院 160,996件の情報を掲載(2021年11月28日現在)

  1. TOP
  2. 福岡県
  3. 福岡市西区
  4. 九大学研都市駅
  5. 医療法人社団朝菊会 昭和歯科・矯正歯科
  6. 噛み合わせと審美性にこだわった矯正治療で人生を豊かに

噛み合わせと審美性にこだわった
矯正治療で人生を豊かに

昭和歯科・矯正歯科

(福岡市西区/九大学研都市駅)

最終更新日:2021/10/12

20201225 main 20201225 main
  • 自由診療

出っ歯や八重歯など、歯に関する悩みは人それぞれ。そうした歯並びや噛み合わせなどの改善をめざす矯正治療において、患者の思いを大切にしているのが「昭和歯科医院」だ。奥歯への負担を減らしたり、清掃性を高めて口腔環境を整えるといった機能面はもちろん、がたがたになってしまった歯列や、全体的に前に突き出たように見える口元の見た目改善といった審美面も重視した矯正治療を提供している。「機能の改善を意識すれば自然と歯並びも整っていくもの。それ以上に口元を美しくしたいという患者さんの思いにも応えていきたい」と話す木南意澄院長に、矯正治療に対する考え方や治療のポイント、また小児矯正のメリットなどについて、じっくりと話を聞いた。

(取材日2020年12月21日)

患者の思いを重視して機能面と審美面を両立した矯正治療をめざす

Q先生がお考えになる矯正治療の目的を教えてください。
A
1

▲矯正は機能面と審美面のどちらも大切だと語る木南院長

最大の目的は機能の改善です。噛み合わせは前歯がある程度深く噛んでいる状態が大切で、ここがきちんと噛んでいることで噛む力の負荷から奥歯が守られます。そのため、噛み合わせを治すことは当然で、次の目的は審美です。しっかりした診査、診断を行い、仮の治療ゴールを設定します。そこに患者さんの希望を取り入れて最終的なゴールを決めます。当院では、機能と審美を両立させた噛み合わせにこだわっています。

Q矯正による噛み合わせ治療の特徴をお聞かせいただけますか?
A
20201228 2

▲矯正治療の際もマイクロスコープを活用する

噛み合わせを改善するために、かぶせ物の形を変えたりすることで対応できるという可能性も考えられますが、歯科医師としては天然歯を削ることに抵抗があります。そのため、基本的には時間をかけてでも矯正治療で改善をめざすべきだと思っています。噛み合わせが悪いと奥歯に余計な力がかかることで微細なひびが入り、そこからむし歯が進行するというリスクが高まってしまいます。ですから噛み合わせを改善することで、そういったリスクを減らすことが期待できますし、がたがただった歯列が整えば歯磨きもしやすくなるので、むし歯や歯周病の予防にもつながります。そうした理由からも矯正治療は、全顎的に見ても重要な治療だと考えています。

Q口元の見た目、審美面にもこだわっているそうですね。
A
20201228 3 1

▲十分な説明と、しっかりとした計画の上で治療がスタート

年代問わず口元の審美面は大切です。仕事にしても、恋愛にしても、やはり見た目の印象は大事でしょう。矯正治療によって、大げさに言えば人生が変わるかもしれません。通常、噛み合わせなどの機能面を改善すれば審美面も整うと予想できるのですが、日本人は口元が前に出ている方が多く、審美面にこだわるためには抜歯を伴う治療を避けることはできません。矯正治療において、歯を抜くことと口元の美しさはトレードオフの関係だと私は考えています。抜歯や審美をどの程度重視するかによって矯正の仕上がりは変わっていきます。そのため審美面に関しては、患者さんの思いをくみ取りながら決めていくように注意しています。

Q子どものうちから矯正をするメリットはありますか?
A
20201225 4

▲年齢に関わらずスタートできるが、早めの検討が大切

小児矯正は第1期治療と言って、小学校1、2年生の永久歯が10本くらいある状態で行います。しかしできることは限定されていて、歯列を整えるというのがメインなのです。例えば、前に出ている口元を引っ込めるような抜歯が必要となる治療をすることは難しくなります。成長段階にあるため、最終的な顔の形や大きさがわかりませんからね。けれども小児の矯正は抜歯をしないので治療期間が短く、費用も高額になりにくいほか、大人になってからの矯正も大がかりにならず済みやすいというメリットもあります。顎を広げるための床矯正とブラケットを使い、治療期間は9ヵ月から1年ほど。お子さんの歯並びで悩んでいる方は、お気軽にご相談ください。

Q矯正治療において重視しているポイントをお聞かせください。
A
20201225 5

▲患者の思いをしっかりと聞き取ることを大切にしている

私が最も大切にしていることは、前歯をきちんと噛ませること。上下の歯がカチッと噛んで、ぎりぎりとした時に前歯が当たる状態を見ることをポイントにしています。機能面ではそれを確立することが何より大事です。また口元の審美においては、どのレベルを目標とするのか、抜歯の有無など、患者さんの思いを理解しながら一緒にゴールを設定していくことがポイントでしょうか。もちろん客観的なデータや理想的な歯並びなどの視点は必要ですが、矯正治療においては患者さんの理想に近づけることが重要。正解は必ずしも1つではありません。まずは皆さんの理想を聞かせてください。

ドクターからのメッセージ

木南 意澄院長

矯正治療に関しては思い立ったが吉日。口腔内の環境改善だけではなく、審美面も重視するのであれば、見た目的にも大きく印象が変わることが考えられ、インパクトもあるので若いうちの治療をお勧めしますが、基本的には矯正治療を始めるのに早すぎることも遅すぎることもありません。またブラケットを使った表側矯正、裏側矯正、マウスピース型装置を用いた矯正など装置の選択肢も豊富にそろえていますので、歯を抜くか抜かないかという選択も含め、患者さんの思いをしっかりと聞き取りながら方法を決めていくのが、当クリニックの特徴の一つ。歯並びなどで悩んでいる方は、まずはご相談ください。一緒に治療方針を考えていきましょう。

自由診療費用の目安

自由診療とは

成人矯正/21万円~(部分矯正)、69万円~(全顎矯正)、裏側矯正:99万円~、小児矯正(1次矯正)/39万円~、マウスピース型装置を用いた矯正/29万円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access