全国のドクター8,975人の想いを取材
クリニック・病院 160,824件の情報を掲載(2021年6月16日現在)

  1. TOP
  2. 福岡県
  3. 福岡市西区
  4. 九大学研都市駅
  5. 医療法人社団朝菊会 昭和歯科・矯正歯科
  6. トータルバランスに配慮健康な歯を守るためのインプラント治療

トータルバランスに配慮
健康な歯を守るためのインプラント治療

昭和歯科・矯正歯科

(福岡市西区/九大学研都市駅)

最終更新日:2020/12/29

20201228 main 20201228 main
  • 自由診療

QOLを著しく低下させるほか、健康な歯にも影響を与えてしまう歯の欠損。ブリッジや入れ歯などさまざまな治療の選択肢がある中でも、有用なのがインプラント治療だ。「昭和歯科医院」の木南意澄院長は、サージカルガイドやマイクロスコープを活用しながら治療の安全性を重視するとともに、抜歯後すぐにインプラントの土台を埋入し、仮歯の装着までを行う抜歯即時埋入・即時負荷法で低侵襲・短期間の治療を追求している。「欠損している部分を補うだけではなく、今ある歯を最大限に残していくためにもインプラント治療は重要」と話す木南院長に、インプラントのメリットや治療の特徴をはじめ、治療の流れまでを解説してもらった。(取材日2020年12月21日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

Qインプラント治療のメリットを教えてください。
A

インプラント治療のメリットは大きく2つあり、1つは複数歯を失ってしまい食べにくいなど機能的な困り事の回復を一気に図れること。入れ歯やブリッジに比べて審美性も追求しやすいため、歯を失う前のように快適な生活を送ることがめざせます。もう1つはほかの歯の寿命を延ばすことに役立つ点です。単独歯や少数歯を欠損している場合、大きく生活に影響することはありませんが、放置していると残っている歯が動いてしまい噛み合わせが乱れる原因となります。ブリッジによる治療という選択肢もありますが、周囲の歯への負担が大きくなったり、削る必要があったりするので、先行投資的な考え方ではインプラント治療が最も有用だと考えています。

Q治療費用や期間などに不安を感じる人も多いと思います。
A

インプラント治療にかかる費用は、当院では診査費用とインプラント1本あたりの費用がベースとなります。通常の治療期間は抜歯が必要な歯が残像している場合で7ヵ月程度ですが、私が推奨しているのは一度に処置を行い低侵襲・短期間で治療する抜歯即時埋入法です。抜歯後にインプラントの初期固定と骨造成を同時に行う方法で、実際に最終上部構造が入るまでに約4ヵ月かかります。基本的にはその手法で治療にあたりますが、診査によって噛み合わせなどに問題がある場合には矯正治療なども必要になることも。むし歯治療でも同じですが、インプラント治療は患部だけではなくトータルバランスを見た上で治療を進めるようにしています。

Q治療で大切にしていることや、お勧めする患者さんは?
A

インプラント治療で最も大切なのは、土台を埋入するポジション。どの位置に、どの深さと角度で埋入するかを重視しています。例えば前歯をインプラントにする際には角度が微妙に変化しただけで仕上がりが大きく変わってしまいます。だからこそしっかり診断を行い、サージカルガイドを活用して確実に埋入できるように気をつけています。インプラント治療をお勧めするのは、奥歯を欠損しているものの、まだほかの歯が残っている方。奥歯でちゃんと噛めていなければ前歯などにも影響が出てきます。今ある歯を長く残したいとお考えの人は、なるべく早く治療をしましょう。時間がたつにつれて、必要となる時間もお金も増えていくことが多いですからね。

検診・治療START!ステップで紹介します

1入念な診査でほかの部位に問題がないかを確認

まずは入念に診査を行う。エックス線画像や口腔内写真などを撮影して、インプラントを入れる歯の欠損部分以外に噛み合わせなどの問題がないか、対向歯に影響が出ないかなどを診断していく。噛み合わせの改善が必要な場合には先に矯正治療を行うこともある。

2カウンセリングと説明

カウンセリングでは診査で得た資料などをもとに、歯を失うに至った経緯や原因を徹底的に追求。同院では患者とともに治療のゴールを設定。歯科医師がインプラント治療やその費用などに関して説明してくれる。インプラント以外にむし歯治療や歯周治療、矯正治療などが必要な場合にも、カウンセリングにて説明がある。

3CTを撮影し安全な処置を行うためにガイドを作製

インプラント治療に対して患者からの同意を得れば、歯科用CTを撮影し、歯型を採った上でサージカルガイドを作製する。サージカルガイドはインプラント治療時に土台埋入の深さや位置、角度を誘導するマウスピース状の装置で、安全な埋入処置を行うためにもたいへん重要だという。

4インプラント理入と仮歯装着

サージカルガイドを使って、インプラントの土台を埋入。埋入位置に歯が残っている場合には抜歯を行い、問題がなければそのまま土台を埋入。マイクロスコープを使って精密に埋入箇所の処置を行うほか、必要であれば骨造成を行い、条件がそろえば仮歯までを装着。

5上部構造を取りつけ全顎的なメンテナンスへ

土台を埋入後、約10日後に来院して状態をチェック。6週間~3ヵ月後にインプラントと骨の接着度合いを専用の装置を使って計測する。問題がなければ口腔内スキャンで型採りを行い、上部構造を作製。約2週間後に設置する。以降は3ヵ月に一度のメンテナンスに訪れ、噛み合わせや歯周病の確認など全顎のトータルバランスを見ながらケアを行っていく。

ドクターからのメッセージ

木南 意澄院長

インプラント治療は外科的処置を伴うために不安を感じていらっしゃる方も多いと思いますが、安全面重視のすでに確立された治療法です。実際にインプラント治療を受けようと考えた際には、自分がこの人だと思える先生を見つけることが大事になってきます。判断基準としては、インプラントだけではなく、歯を欠損するまでに至ったストーリーや治療の有無による将来のイメージまでを説明できること。しっかりと診断を行い、噛み合わせなど全顎的な見地から治療方法を提案してくれる先生を見つけてください。当クリニックでも初診料はかかってしまいますが、相談のみでも受けつけているので、悩んでいる方は一度ご相談においでください。

Dr

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/42万8000円~(税別)骨造成/5万9000円~、矯正/69万円~(全顎)

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access