医療法人真心会 さくらクリニック

医療法人真心会 さくらクリニック

佐竹 真一院長
頼れるドクター掲載中

153013 %e3%81%95%e3%81%8f%e3%82%89%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

瑞穂市のシンボルである桜のように、地域にどっしりと根づき、信頼されるホームドクターをめざし2008年に開院した「さくらクリニック」。消化器と肝臓を専門とする佐竹真一院長が、先進の医療機器を駆使し、疾患の早期発見・早期治療をめざす。30、40代の働き盛りで忙しい人でも検査を受けやすいようにと、胃と大腸の内視鏡検査を同日に行えることが強み。検査で大腸ポリープが見つかった場合にも、その日のうちにポリープを切除できるという。「患者の経済的・時間的負担を少しでも減らしたい」との思いから、少ないコストで正確な診断をすべく、患者の話をよく聞いた上で必要な検査だけをすることを心がけているという佐竹院長に、内視鏡検査のこと、電子カルテのことなど、大いに語ってもらった。
(取材日2019年3月15日)

なるべく少ないコストで、正確な診断を心がける

―この辺りは比較的新しい住宅街だそうですね。

20年前くらいには一面田んぼが広がっているような場所だったそうで、クリニックを開院した11年前も、まだ結構田んぼが残っていましたね。ここは名古屋に通勤可能なエリアで、かつ一戸建てを持ちやすい土地なんです。そのため、このエリアで家を建てて新生活を始める30、40代の夫婦とその子どもといったファミリーが多く住んでいますね。今もクリニック周辺にはどんどん新しい家が建っていっています。患者さんの中にも、ご家族でいらしてくださる方が多いんですよ。主訴は風邪や慢性疾患など、一般的な内科疾患が多いですね。小児科も標榜しているのでお子さんも多くいらっしゃいます。

―診療において大切にしていることは何ですか?

患者さんの話をしっかり聞いて、適切な検査を選択することを大切にしています。機器がたくさんあるからといってやたらと検査を勧めるのではなく、患者さんごとに適切な検査を選ぶことが必要だと思います。患者さんの中には「頭が痛いからCTを撮ってほしい」という方もおみえになりますが、最近の症状など話をよく聞いた上でMRIのほうがふさわしいと思ったら、MRI検査が可能な別の医療機関を紹介します。もちろんCTが適切な場合は撮りますよ。患者さんに話して納得してもらった上で、治療計画を組んでいくことを大切にしています。なるべく少ないコストで正確な診断を、と思っています。患者さんによっては「もっと検査してよ」と思っているかもしれませんけどね(笑)。

―よくわからないままいろんな検査をされたとおっしゃる方もいますからね。

こちらが考えていることを患者さんに話して、納得してもらった上で適切な検査をすると、そのように患者さんが感じることはなくなると思います。例えば、患者さんから「おなかが痛い」と言われたときでも、しっかり話を聞いた上で、検査方法を選びます。検査方法としては、胃カメラやCTなどさまざまあります。まずは診察と問診で8割方診断した上で、確定させるために検査をするといったかたちでやると、無駄な検査をしなくて済みますし、結局はお財布にも優しくなります。時には眼科や耳鼻科疾患の方が来院されることもありますが、その場合はやはり専門の医療機関のほうがしっかり診てもらえますし、それが患者さんにとって良いと思いますので、連携している病院を紹介しています。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

内視鏡検査/胃:5000円~、大腸:6000円~



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細