全国のドクター9,072人の想いを取材
クリニック・病院 159,053件の情報を掲載(2024年3月01日現在)

  1. TOP
  2. 長崎県
  3. 長崎市
  4. めがね橋駅
  5. 内山のりよ矯正歯科医院
  6. 顎関節とかみ合わせの調和をめざす見えづらいリンガル矯正

顎関節とかみ合わせの調和をめざす
見えづらいリンガル矯正

内山のりよ矯正歯科医院

(長崎市/めがね橋駅)

最終更新日:2023/12/22

内山のりよ矯正歯科医院 顎関節とかみ合わせの調和をめざす 見えづらいリンガル矯正 内山のりよ矯正歯科医院 顎関節とかみ合わせの調和をめざす 見えづらいリンガル矯正
  • 保険診療
  • 自由診療

内山恵代院長は、矯正治療において最も大事なのは「顎関節とかみ合わせの調和」であると言う。同院では、矯正治療に先立ちまず顎関節の状態を調べる。噛む時に顎関節の位置を本来の位置からずらして噛んでいる場合には、そこから改善を図った上でワイヤー矯正を行う。そのワイヤー矯正の中でも、歯の裏側に装置を装着する「リンガル矯正(舌側矯正)」を得意としている。「歯の裏側に装置があるため、他人からは矯正治療をしているとわかりづらいです。でも実際はブラケットとワイヤーを装着しているので、目標とする位置にしっかりと歯を動かすことがめざせます」と熱意を込め、はつらつとした笑顔で語る院長に、リンガル矯正の魅力、そして治療を受ける際の注意点や流れについて聞いた。

(取材日2023年11月9日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

Qリンガル矯正の魅力を教えてください。
A

第一に装置が見えづらいです。また表側矯正と違い、装置を歯につける際は患者さんごとにオーダーメイドの装置を作製してつけるので、装置装着の技術的精度が格段に高まります。その結果、歯の動きに無駄がなくなると期待でき、治療期間の短縮につながります。加えて、装置を裏側につけるので表側を酸処理する必要がないこと、裏側は唾液で濡れておりむし歯になりにくいことも魅力です。一方、装置が舌にあたって痛い、口内炎ができやすいと心配する方もいますが、適切な処置をすれば慣れるので大丈夫です。とはいえ、表側よりも一回り以上狭い空間で歯を動かしますので、より高度な専門性の高い技術を要するのは事実です。

Qリンガル矯正でもかみ合わせを重視されていると伺いました。
A

もちろんです。見た目だけそろえても、肝心なかみ合わせが合っていなければ安定性に影響を及ぼします。そのため、矯正前に顎をずらして噛んでいれば、必ずスプリントで顎関節のずれの改善をめざし、適切な顎の位置になるよう導いた後で診断してリンガル矯正を開始しています。習慣的に噛んでいる位置をうのみにして矯正を始めてしまうと、矯正中に急にかみ合わせが変わったり、顎が痛むなどの顎関節症を発症する場合があります。そういう問題を防ぐためにも、スプリントで本来のかみ合わせの状態をめざしてから診断して治療することで、歯にとって最も負担のかからない位置で並べることが期待でき、治療後の長期安定性につながるのです。

Q“見えづらい矯正”なので、女性のニーズも高いのでは?
A

そうですね。ワイヤーとブラケットを使用するので「痛そう」というイメージもあるようですが、装置の大きさも従来に比べて随分と小さくなり、最初の1ヵ月ほどでだいたい慣れる方が多いように思います。そして、矯正治療で歯の移動を図った後は、2年間は保定といって後戻りを防ぐための装置を装着します。これは取り外しが可能ですが、歯の表からは透明のプラスチック製のワイヤーが見えるだけで、見た目にはほとんど気にならないと思います。また、装着時間もしばらくすると夜寝る時だけに短縮できるようになります。リンガル矯正は、矯正装置の見た目が気になる方にとって、とても日常生活になじみやすい矯正方法だと思います。

検診・治療START!ステップで紹介します

1スプリントで顎関節を正しい位置に導くことをめざす
内山のりよ矯正歯科医院 スプリントで顎関節を正しい位置に導くことをめざす

同院ではいきなりワイヤーを使った矯正治療に入らず、筋肉が過剰に緊張して無意識のうちに顎をずらした状態の改善を図り、本来の顎関節の位置でかみ合わせを診断するよう導く。そこで登場するのが「スプリント」という装置だ。症状によって半年から一年ほど装着し、顎関節を本来の正しい位置へと導いていく。初回カウンセリングでもこの流れについてはしっかりと説明があるので、気になることがある場合は遠慮なく質問しよう。

2スプリント後の精密検査で詳細なかみ合わせを把握する
内山のりよ矯正歯科医院 スプリント後の精密検査で詳細なかみ合わせを把握する

適切な治療を行うには精密な資料と適切な診断が必要だと話す内山院長。歯科用CT、頭部エックス線規格写真は院内で、顎関節の関節円板の状態を調べる場合は連携する長崎原爆病院でMRIを受ける。歯型を採取して咬合器につけて、本来のかみ合わせの状態を3次元で適切に診断する。これらの精密な資料をもとに矯正治療後の目標を決めて、それに向かってどのように歯を動かすべきか、治療後の顔の変化の予測などを含めて検討する。

3リンガル矯正の治療開始
内山のりよ矯正歯科医院 リンガル矯正の治療開始

スプリントを使った治療が終わると、ワイヤーとブラケットを使用した矯正治療に入る。注意したいのは食べ物。ナッツなどの硬いものを噛むと装置が外れやすい。また歯磨き時のフロスも避けてほしいとのこと。「もし装置が外れた場合は、予約の日程ではなくてもすぐに来院してください」と院長。

4定期通院で経過を確認
内山のりよ矯正歯科医院 定期通院で経過を確認

月に1回ほどの頻度で通院し、経過の確認と矯正装置の調整、そして歯科衛生士による歯磨き指導を受ける。矯正治療は長い期間を要するため、毎回撮影する写真などの資料を以前のものと比較し、治療のモチベーションにもつなげていくという。

5矯正治療後のアフターフォロー
内山のりよ矯正歯科医院 矯正治療後のアフターフォロー

矯正治療が終了すると、後戻りを防ぐために保定装置を2年間装着する。ここで使用する装置は取り外し可能なタイプだが、表から見えるワイヤー部分がプラスチック製のため目立ちにくい。もともと歯ぎしりや歯の摩耗がひどい人や、顎関節症の人は、夜間のみスプリントを装着することで筋肉のリラックスを図り、歯に負担がかからないように配慮しているという。保定2年を過ぎた後の通院は患者の任意だという。

ドクターからのメッセージ

内山 恵代院長

マウスピース型装置を用いた矯正も一般的になってきましたが、矯正後に歯並びの安定をめざすには顎関節とかみ合わせの調和が大事。それを達成するためにスプリント治療で本来のかみ合わせをめざしてから診断した後に、精密に歯を動かすことがめざせるワイヤー矯正が必要なのです。もちろん「早く歯並びを整えたい」という患者さんのお気持ちを否定はしません。しかし根本解決をめざしたい、頭痛や肩凝り、歯ぎしりなど顎関節の不具合から来る症状も改善したい、自分の歯を長持ちさせるために矯正したい方は、手間を惜しまず、根本である顎関節からの丁寧な治療をお勧めします。根気のいる治療ですが、どうかお気軽に相談にいらしてください。

内山 恵代院長 内山のりよ矯正歯科医院

自由診療費用の目安

自由診療とは

裏側矯正/137万5000円〜165万円(※トータルフィーシステム/毎回の調整料を含む)、検査および診断料/6万6000円

Access