全国のドクター9,072人の想いを取材
クリニック・病院 159,053件の情報を掲載(2024年3月01日現在)

  1. TOP
  2. 長崎県
  3. 長崎市
  4. めがね橋駅
  5. 内山のりよ矯正歯科医院
  6. 内山 恵代 院長

内山 恵代 院長の独自取材記事

内山のりよ矯正歯科医院

(長崎市/めがね橋駅)

最終更新日:2024/01/10

内山恵代院長 内山のりよ矯正歯科医院 main

情緒あふれる長崎市、そのめがね橋駅から徒歩3分の場所にある「内山のりよ矯正歯科医院」は、歯列矯正治療を専門としたクリニックだ。内山恵代院長は大学病院での臨床研修中、矯正治療によって美しい歯列をめざすことに興味を持ち、東京の矯正専門クリニックなどで研鑽を積み、地元長崎にて2003年に同院を開業した。「歯は咀嚼、会話、嚥下、呼吸にも関わりがある、生きる上で最も大切な器官の一つです。だからこそ矯正で大事なのは、顎関節とかみ合わせの調和。これをおろそかにすると、どれだけ歯をきれいに並べられても、治療後の安定性を保証するのは難しいと考えます」と語る院長。プロセスの多い矯正治療に情熱を燃やしている院長に、同院が取り組む治療や日々心がけていること、スタッフとの連携、今後の展望などを聞いた。

(取材日2023年11月9日)

最も重視すべきは「顎関節とかみ合わせの調和」

五島を含む長崎県内だけでなく、福岡や佐賀など県外から通っている方もおられるとか。

内山恵代院長 内山のりよ矯正歯科医院1

ええ。遠方からも多くの患者さんが来院してくださっていて、うれしいですね。当院では、歯並びを整えることをめざすだけでなく、顎関節とかみ合わせの調和を重視しており、一般歯科や矯正を専門とする歯科の先生方からのご紹介や、「開口すると顎がポキポキ鳴る。痛む。口を開けにくい」など顎関節の症状に悩み、ご自身でネットで検索して当院にたどり着く方が多いですね。顎をずらして噛んでいる場合にはまずそこの改善を図り、本来の正しい顎関節の位置でかみ合わせを診断する必要があります。その後、矯正治療で歯並びと噛み合わせをつくるように努めています。その結果、顎の筋肉がリラックスし、顎の痛みやそれに伴う頭痛、歯ぎしりなどが緩和され、気持ち良く噛めるようになることをめざします。無症状であっても顎関節の問題を抱えている方も多いため、当院では皆さまに必ず顎関節CTを撮影します。

貴院で行う矯正治療の方法について教えてください。

当院ではすぐに矯正治療に入らずに、顎関節に問題があれば先に顎関節の治療を行います。というのも、歯並びを整えることをめざすだけでは、根本的な解決にならないからです。最も重視すべきは「顎関節とかみ合わせの調和」。顎関節はかみ合わせの土台で、その位置がずれて不安定であるといくら歯を動かしても安定した噛み合わせを得ることはできず、顎関節症の症状に悩まされることになりかねません。実際にそうやって再治療で相談に来院する患者さんも多いです。なので最初にスプリントという装置を装着し、筋肉の緊張を解きリラックスさせて顎関節の位置を安定させ、本来のかみ合わせの状態を得るよう努めます。このスプリントを着けるのは、顎関節症の程度によりますが通常半年から1年ほどです。

矯正治療前の段階があり、そこが矯正治療を進めていく上でのポイントになるのですね。

内山恵代院長 内山のりよ矯正歯科医院2

そうです。スプリント治療で本来のかみ合わせの状態を得られるようめざすことで、上下顎骨のずれや歯のかみ合わせのずれを適切に診断することができ、治療計画や目標(ゴール)を具体的に立てることができます。いずれにせよ、かみ合わせの土台は顎関節。家づくりで例えると、家を建てる前に地盤を調査し、地盤が緩ければ固めてから家を建てることと同じです。そして当院では、歯のかみ合わせと顎関節の調和を得ることを目標にしていますので、ワイヤーのみでの矯正治療を行っています。マウスピース型の装置を用いた矯正には対応していません。とはいえ、装置の見た目を気にする方もおられますよね。当院ではよく見かける表側矯正はもちろんですが、歯の裏側にワイヤーを装着する「リンガル矯正(裏側矯正)」も得意としている治療です。

見えづらい「リンガル矯正」で歯を正しい位置に導く

リンガル矯正は非常に難しいと聞きます。

内山恵代院長 内山のりよ矯正歯科医院3

歯の裏側は表側に比べて狭い領域で歯を動かすことになり、ワイヤーの調整もより繊細で、非常に専門性の高い高度な技術を要します。ですが、人知れず矯正しやすいという点で希望する患者さんは非常に多いですね。歯の裏側に装置がつくため舌に口内炎ができやすいというイメージもあるようですが、適切にワイヤーを調整できれば次第に慣れていきますので大丈夫です。リンガル矯正を視野に入れている場合には、いたずらに不安に思うのではなく、気になることは何でも相談していただきたいと思います。

日々患者さんと接する際に気をつけている点は何でしょうか?

まずは治療に対する不安を与えないことです。矯正治療では長期にわたって通院していただく必要がありますので、最初の検査診断をはじめスプリント治療中、スプリント治療後の検査診断、矯正治療中、保定中にわたって、なぜそういう治療や装置が必要なのか、何をゴールとして治療するのか、治療経過や結果をできるだけわかりやすくその都度説明してご理解をいただくように努めています。また、当たり前のことですが、毎回の診療においてお待たせしない、診療時間を長引かせずできるだけ早く患者さんをお帰しするよう努める、などスタッフ全員であらかじめ打ち合わせをして一生懸命取り組んでいます。

患者さんが治療への理解を深めるために、どんなことに気をつけておられますか?

内山恵代院長 内山のりよ矯正歯科医院4

まずは初診カウンセリングから入ります。多くの患者さんは歯並びをきれいにしたいと思い来院することが多いですが、きれいになった歯並びが安定するためにはかみ合わせが大事であること、かみ合わせの重要性について説明しています。そのためには、顎関節とかみ合わせの調和が大事ですが、専門的な内容であるため繰り返しの説明をすることが大事だと考えています。似たような症例写真を見ていただきながら大まかな治療の流れを説明し、レントゲン写真や顔と口内の写真、顎関節CTやMRIなどについても資料を採取したら、次回来院の際に必ず説明しています。また、上下の顎骨のずれが大きい場合には外科手術を必要とする場合があり、その可能性が考えられる場合には必ずカウンセリングの時点でお伝えするようにし、治療の流れが常に患者さんにも見えるよう工夫をしています。

スタッフと協力し、患者の笑顔につながる治療の提供を

今後の展望についてお聞かせください。

内山恵代院長 内山のりよ矯正歯科医院5

めざしているのは、患者さんが快適に治療を受けられる環境づくり。遠方からいらっしゃる患者さんもおられるとお話ししましたが、そういう方の中には、処置内容によっては1泊、もしくは後日早めに再来院していただく必要がある場合もあります。スタッフの能力が高まれば、当日中に対応が完了することも可能となり、これは大きな社会貢献につながると考えています。現在、当院には受付兼歯科助手、歯科技工士、歯科衛生士という3人の頼もしいスタッフがいます。もちろん歯科医師として私だけができることも多いですが、写真撮影や資料の作成などスタッフでもできることも多くありますので、私を踏み台にして覚えていってもらっている最中です(笑)。

院内での勉強会も盛んだとか。

本を読んで著名人の生き方や価値観を知り、その学びについて発表するといった勉強会を月に1度行っています。スタッフ同士のコミュニケーションも深まりますし、他人の考えを知ることは必ず日々の仕事に生きてくると考えています。矯正治療のゴールを高い位置に置くと日々の診療はハードワークとなりますが、周りの価値観・考え方を知ることによって、みんなで一致団結して頑張ることができるのだと思っています。患者さんから「頭痛もなくなり、気持ち良く噛めるようになった」「一生ものの財産を得ることができました」という喜びの声を頂けたら、スタッフ一同の励みになります。

読者へのメッセージをお願いします。

内山恵代院長 内山のりよ矯正歯科医院6

矯正治療は元の状態に戻す、いわゆる治すための治療ではありません。そうではなくて、患者さんの骨格や筋肉、顎関節、かみ合わせの問題をできるだけ適切に診断して、治療のゴールを立てて新しい状態をつくり出すための医療です。歯は生涯にわたって使う重要な器官だからこそ、私たちがめざしているのは顎関節とかみ合わせの調和。スタート地点を明確にし、問題点を具体的に挙げて、治療目標を高く掲げて全力で取り組まなければなりません。どこで噛んで良いのかわからないとかみ合わせで困っている方、顎がポキポキ音がして痛む・口が開きにくいなどの顎関節症のある方、またご自分やお子さんの出っ歯や受け口、かみ合わせが深い、開咬が気になるなどという方はぜひカウンセリングにいらしてください。ぜひ私たちと一緒に、一生使える歯、そして健康な体へと導いていきましょう。

自由診療費用の目安

自由診療とは

表側矯正/93万5000円~121万円(毎回の調整料を含む総治療費)
リンガル矯正/137万5000円~165万円(毎回の調整料を含む総治療費)
※個人個人の症状や症例によって価格は変動いたしますので、あくまで目安の価格となります。詳細については初診カウンセリングの際にご説明しております。

Access