クリスタルファミリークリニック

クリスタルファミリークリニック

桑原 三華院長

135672

歯科、薬局などが入る「クリスタルケアヴィレッジ」。そこにある「クリスタルファミリークリニック」の院長・桑原三華先生は、ホームドクターとしての熱い情熱を胸に、日々地域の人たちと向き合い、心を込めて診療している。小児科に来る子どもたちの待合と一般待合とを分け、椅子の配置などにも一つひとつ意味を込め「こだわっていないところはない」と言い切る三華先生。知多の青い海のように包容力のある人気のドクターに、天職である町のかかりつけ医としてのやりがいや、母として医師としてエネルギッシュに奮闘する日々について語ってもらった。
(取材日2017年6月9日)

患者の生活背景を踏まえて助言する「町医者」に憧れて

―先生はなぜ医師になったのですか?

小学生のときには「私、将来は医者になる!」と宣言していました。「夢が大きくていいねえ」と本気にしてくれる人は少なかったのですが、その思いを胸に秘め学生時代を過ごしました。当時は外科医になりたくて、というのも私は最初から「町医者」をめざしていたので、博学で何でも行えて町医者としても活躍できる外科医は憧れの存在だったのです。私が医学部に入った頃、女性はまだ歓迎されない時代でした。だから根回し的に外科の医局に出入りさせてもらい、ようやく認めていただくまでこぎつけたのですが、卒業していざ入局となった際に気が変わりました。医療が細分化され、外科は手術が主という時代になっていたのです。そして将来なりたい町のかかりつけ医になるには内科に進んだほうが良いという結論に達しました。

―「町医者」のどんなところに憧れを?

例えば、小さな子が通っていて、そのおじいさんの代から知っているので「あなたのおうちは心臓が強くない家系だから気を付けないとね」という話ができるような一家のかかりつけ医に憧れていたんです。また大学病院時代、比較的入院生活の長い患者さんが多い血液内科に所属しており、夜、家族にも会えなくて寂しい患者さんのもとで、翌日の検査に対する不安な思いを聞きながら一緒に過ごすこともありました。私にはそういう時間がとても大切に思えたんです。こういう時間をもっと持ちたい、特別な病気の人だけではなく普通に暮らしている人たちにも、もっと生きやすく、もっと働きやすく過ごせるようなアドバイスをしたいと思ったのです。そうして「先生、手が冷えるんだわ」と言われたら、いつどんな状況で冷えるのか、患者さんの生活背景に踏み込んで助言できるような医療をめざしました。

―こちらを開業するまでの経緯を教えていただけますか?

私はもともと東海市の出身で、地元で開業したいと思っていました。最初からここで一次医療が完結するような医療ビレッジを考えていたので、このビルを建てたんです。実際、ここに入ってくれた方たちと連携し、例えば歯科の患者さんに何かあればすぐに当院で検査したり処置したりしています。医療ビレッジの運営とクリニックのマネジメント業務はすべて事務長である夫が担ってくれています。おかげで私は、目の前の患者さんや医療だけを見つめ、想いをカタチにすることができています。

記事更新日:2017/07/03


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musa after
Taito after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細