全国のドクター9,182人の想いを取材
クリニック・病院 158,625件の情報を掲載(2024年4月25日現在)

  1. TOP
  2. 愛知県
  3. 豊川市
  4. 八幡駅
  5. おがわ歯科口腔外科・矯正歯科
  6. 小川 雄右 院長

小川 雄右 院長の独自取材記事

おがわ歯科口腔外科・矯正歯科

(豊川市/八幡駅)

最終更新日:2022/08/29

小川雄右院長 おがわ歯科口腔外科・矯正歯科 main

広い通り沿いにモダンな外観が目を引く「おがわ歯科口腔外科・矯正歯科」。名鉄豊川線・八幡駅から車で7分の野口町にて、患者の抱える口腔内の困り事により広く応えたいと2020年9月、装い新たに移転オープンした。小川雄右(ゆうすけ)院長は心のこもった愛のある医療をモットーに、日々地域医療に貢献すべく懸命に治療に向き合う。総合病院の歯科口腔外科で豊富な経験を積み、インプラント治療や抜歯、顎関節症、及び成人矯正、小児矯正を得意とする。「地域の患者さんと長いお付き合いをして、親身になった治療を続けていきたい」と話す小川院長。冗談を交えながらもそのまなざしは温かく、来院する患者に目線を合わせ、優しく語りかけていたのが印象的だ。患者への想いや展望など、じっくりと語ってもらった。

(取材日2021年2月19日)

患者にとって何が一番幸せかを追求し還元していく

リニューアルしての開業から早くに移転されたのはなぜですか?

小川雄右院長 おがわ歯科口腔外科・矯正歯科1

開業してから多くの患者さんの治療にあたる中で、2年半たったあたりから、患者さんの抱える困りごとのすべてに対応したいのにできないジレンマや限界を感じるようになりました。借りていた店舗という事もあり、新機材のスペースや、新しくスタッフさんに入ってもらうのも厳しい状況だった為、今回道を挟んだすぐ前の場所に移転して、全部建て直しました。待合室はゆったりと楽に過ごせる椅子を選んでますし、診察室は広くスペースをとって、すべてマッサージチェアにしています。一見歯医者さんじゃないなという空気感がほしかったんですね。また、全9ユニットに目が行き届くよう、滅菌室は中央に配置してアイランド型にしています。

開院して年数がたち地域に認知されるようになったと思いますが、来院する患者さんの変化はありましたか?

開業当初から幅広い世代の方が来てくださるクリニックですね。それは今でも変わらないです。隣が小学校なので、お子さんも多いですし、若い方や大人の方も多いですね。地域も幅が広いと感じます。他の市から来られる方もいらっしゃいます。前に広い道路が通ってますので、車で来やすいというのもあると思います。新しい患者さんも多く来ていただいていますね。歯科ほど患者さんと距離感が近い科はないと思っているんですね。だからこそおもしろい。そこに醍醐味があると思うんです。患者さんにとって何が一番幸せかを常に追及して、それを実現するために頑張って向き合っていくことが歯科医療だと考えいますし、そのために日々努力しています。それが少しずつでも伝わっていってるのかなと感じています。

新型コロナウイルス感染症が心配されていますね。感染症に対する対策を教えてください。

小川雄右院長 おがわ歯科口腔外科・矯正歯科2

まずAIによる体温認知とマスクの着用はすべての患者さんにお願いしています。スタンダードプレコーションと呼ばれる院内感染予防の標準対策は歯科ではしっかりしていますので、スタッフ全員がフェイスガード、マスク、帽子を着用して、各ユニット間の消毒、手指消毒の徹底、次の患者さんに行くときはグローブを必ず全部外して頻回に交換しています。今こうして新型コロナウイルス感染症の影響で、自分に向き合う時間が増えているので、歯医者さんに来る方も増えているように感じます。患者さんがお金を払って、足を運んで来ていただいているので、感染症の予防対策にコストをかけて徹底するのは当たり前だと考えています。

口腔外科での経験を生かした治療

豊川市民病院では歯科口腔外科の副医長をされていたそうですが、得意な治療はやはり口腔外科領域ですか?

小川雄右院長 おがわ歯科口腔外科・矯正歯科3

親知らずの抜歯などの外科処置、顎関節症の治療など、口腔外科の経験を生かした治療です。親知らずの抜歯の場合、多いときには4本を一度に抜歯するケースもあり、そういった場合、大規模病院の口腔外科で手術をして1泊入院するというのが一般的なんです。しかし大規模病院では土日の手術は受けつけていませんので、学校や会社を休まなければなりません。当院では、土曜や日曜に手術をした後は自宅に帰宅して休んでいただき、翌日、状態を診せていただくという流れですので、学校を休む必要もそれほどないですし、自宅でゆっくり休んでいただけます。局所麻酔では不安だという方には、鎮静法という眠ったような状態の麻酔もできますし、お薬を点滴でゆっくり流す装置もありますので、大きな病院と変わらない医療を提供できます。

マウスピース型装置を使った矯正にも注力されていると伺いました。

はい。見えにくい透明なマウスピース型装置を使った矯正になりますが、その装置を定期的に交換していくことで、歯を動かしていきます。透明な装置ですので目立ちにくく、どうしても見た目が気になるという方にお勧めの矯正です。また、取り外しができてケアがしやすいことから従来の矯正に比べて虫歯になるリスクが低く、器具が唇や口の中の粘膜を傷つけてしまう心配もありません。今は技術も進んで、ワイヤーでしか治せないといったことはほぼなくなってきており、マウスピース型装置を使った矯正の可能性が広がっていると感じます。当院では一人ひとりの患者さんの口の中の状況を見て、患者さんに合った負担の少ない矯正を提案していますので、相談だけでも気軽に来ていただきたいと思います。

土曜と日曜も診療されているとか。

小川雄右院長 おがわ歯科口腔外科・矯正歯科4

そうですね。当院は親知らずの抜歯だけでなくインプラント手術にも対応しており、仕事がお休みの土曜や日曜なら、患者さんも落ち着いて受けられると思いますから。地域の方々と一生付き合える歯科医院にしたいという想いで開業したので、どんな状況の方も分け隔てなく、患者さん一人ひとりの心に寄り添って診療していきたいと思っています。歯科医院が苦手な方も、子どもと一緒に診てほしいというお母さんも、歯を失ってしまった方も、誰もが通いやすい歯科医院づくりをしていきたいのです。そのためには、わかりやすい説明と心ある治療で、目の前の患者さんに懸命に、真摯に向き合うことが大切だと考えます。地域の方々と長く付き合っていける、そんなかかりつけ医をめざしています。

提供する治療に心を込め、愛を持って寄り添いたい

スタッフさんに徹底していることは?

小川雄右院長 おがわ歯科口腔外科・矯正歯科5

患者さん一人ひとりを自分の家族だと考えて接してもらうようにしています。受付でお待たせしない、診療に対しての準備不足がないようサポートするといったように、自分の家族がここに来たら絶対うれしいと思うようなクリニックづくりは、スタッフ全員が共有して意識してやってくださいと伝えています。スタッフは、歯科医師が私と常勤、非常勤の先生、歯科衛生士、助手、あとはパート、アルバイトという構成ですが、皆仲がいいので、気軽に相談し合える関係性ができています。情報伝達は早いですね。あとは、小さなミスが起こったときに、次回起こらない対策をクリニック全体に行き届かせるということも徹底しています。

患者さんに望むことはありますか?

自分の体の一部かつ一生の相方である歯を大事に思う気持ちを持っていただきたいです。歯は命とは遠いと思われがちですが、体に栄養を取り込む際の一番最初の器官で、歯を失うということは、生きるために大事な機能が損なわれることを意味します。食事がとれる事で全身の筋力を維持でき、外出する心にも力が沸き、社会の中で生きてこそ豊かになれる、その力の源は口である事を忘れないでほしい。だからこそ、失って後悔することのないように、毎日きちんとケアをして健康な状態を維持してほしい。自分の体を愛し、大事にしようという気持ちがあれば、意識を向けられると思うんです。それに気づいてもらえるようサポートするのが歯科医師の仕事だと思ってますし、そのためにも高いスタンダードを念頭に置いて、レベルの底上げをしていくことは欠かせません。

最後に、今後の展望を教えてください。

小川雄右院長 おがわ歯科口腔外科・矯正歯科6

これから団塊の世代の後期高齢化が進むにつれ、運転免許を返納される方も増えてくるでしょう。そうなると、歯科医院に行きたくても、手段がないため行けないということも増えてくる、そういった未来も見据えながら、例えば患者さんの送迎をしたり、訪問診療を行ったりするなどして、全年齢の患者さんに対応できる体制を整えていかなければならないと思っています。また、障害のある方が入りやすいようなクリニックにもしていきたいですね。車いすでも入りやすいよう院内を改築・増築して、どのような患者さんにも対応できる体制をクリニック全体で強化していきたいです。技術や設備はもちろん、歯科が健康寿命を延ばす最前線になっていきたいと考えています。

自由診療費用の目安

自由診療とは

マウスピース型装置を用いた矯正/70万円~、インプラント治療/35万円~、ホワイトニング/15万円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供をしております。
マウスピース型装置を用いた矯正については、効果・効能に関して個人差があるため、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access