むつみ歯科クリニック

むつみ歯科クリニック

大橋 健児院長

109327 %e3%82%80%e3%81%a4%e3%81%bf%e6%ad%af%e7%a7%91%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

桑名駅から歩いて15分。古くからある住宅街や新しいマンション、ショッピングセンター、大きな会社など新旧が入り混ざった、にぎやかな場所にあるのが「むつみ歯科クリニック」だ。「とにかく患者さんの話をしっかりと聞いて信頼関係を築くことを大切にしています」と話す大橋健児院長は、この地で30年にもわたり地域住民の口の健康のため力を尽くしてきた。患者の中には長く通う人も多く、そういった人が自分の家族や知り合いを紹介してくれることも度々あるのだとか。インタビューでは同じく歯科医師だった父との思い出や、患者と向き合う上で気をつけていること、そして今後の展望などをたっぷりと語ってもらった。
(取材日2018年12月20日)

歯科診療は相対的にすべてがつながっている

―開業されて30年とのことですが、今はどのような患者さんが多いのでしょうか?

私は今61歳なのですが、私より年上の高齢の方が多いですね。中にはもう随分長く通ってくださっている方もいます。土地柄なのか、偶然前を通りかかったから来てみたというような方はほとんどいません。誰かから紹介されてみえるというのがほとんどです。なので、開業した頃は、偵察の役割を持って診療に来ている方もいました(笑)。その方にとって合格点だったら、その方の仲間たちが来るというような感じです。小児歯科も標榜しているので、通ってくださっている方のお孫さんが来ることもあります。新しいマンションや大きな会社もあるので、ぜひお子さんや若い方にも、もっと来ていただきたいですね。

―これまでの経歴を教えていただけますか?

大学を卒業してから6年ほど大阪や名古屋の歯科医院で勤務医をしていました。私は、勤務先にとても恵まれていたんです。神業のような治療をする先生もいて、多くを学ばせていただきました。そして何より当時の院長が「自分で決めた仕事は自分の責任でやれ」という考えの持ち主で、初めての治療でも、難しい治療でも、高額な治療であっても何でも任せてくれたんです。「何かあったら僕が守るから」と言って。大学を卒業したばかりだった若造にあそこまで任せてくれる歯科医院はほかになかったんじゃないかな、と今になって思います。とてもいい経験をさせていただきました。あの経験があったからこそ、今さまざまな治療ができるようになったと思っています。

―得意なのはどんな診療でしょうか?

なかなか一つに絞るのは難しいです。なぜなら、歯科診療は相対的にすべてがつながっているものだと考えているので。例えば、審美歯科は私の好きな診療分野なのですが、審美とはいっても、ただ外側だけを治す治療ではないんです。根のほうからしっかり治療をしていかないと歯を長く持たせることができませんし、歯並びが悪ければ虫歯や歯周病のリスクも上がります。口の中の一つのトラブルが、別のトラブルを誘発することもあるんです。また口の中の健康は全身の健康にもつながっていますし、その方の性格に影響することもあるとすら思います。なので、得意な診療はありますが、その裾野に広がっているすべてに目を向けながら診療を続けていきたいと思っています。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

矯正/70万円~、ホワイトニング/2万5000円~、補綴物/8万円~



Access