全国のドクター9,194人の想いを取材
クリニック・病院 160,570件の情報を掲載(2023年2月01日現在)

  1. TOP
  2. 愛知県
  3. 名古屋市中区
  4. 丸の内駅
  5. 澤歯科
  6. 澤 政樹 院長

澤 政樹 院長の独自取材記事

澤歯科

(名古屋市中区/丸の内駅)

最終更新日:2021/10/12

106549

創業約130年。日本でも特に長い歴史をもつ「澤歯科」は、現在の澤政樹院長で4代目。長年、地域の歯科医療に携わってきたクリニックならではの信頼の中で、患者に対しどう向き合っているのか。今回のインタビューではクリニックづくりから診療までを通して、患者への思いを語ってもらった。

(取材日2016年8月4日)

130年の歴史ある歯科医院の4代目として地域に貢献

非常に歴史のある歯科医院だそうですね。

1

1886年に僕の曽祖父が始めましたが、それまでは武士の家でした。当時はまだ歯科医師自体もほとんどおらず、その中で免状を取り、開業しました。それから祖父、父と後を継ぎ、僕で4代目です。当初は同じ丸の内の他の場所にありましたが、数度の移転を経て2009年から現在の場所に。それと同時に僕が院長になったのですが、やはり長く地域の方々の信頼を得てきたこともあり、歴史を背負うプレッシャーは感じています。

先生のご専門は歯周病と伺いました。

東京歯科大学を出た後、愛知学院大学大学院に入ったのですが、ちょうどその頃歯周病科に野口教授という先生が新しい研究をしにいらっしゃったんです。その方は東京医科歯科大学から来た高名な方だったので、ぜひ、と。歯周病科を選んだのは、悩んでおられる患者さんが非常に多く、治したいと思ったからです。今でこそ歯周病と糖尿病の関係や、歯周病菌が心臓や全身に与える影響などについて盛んにいわれていますが、当時はまだ関係があるのかな? と疑われているくらいの頃でした。

院内設備も非常に整っていますね。

2

とにかく明るいイメージにしようと思いました。歯の色もきれいに見えますしね。また、清潔さにはとてもこだわっており、大学病院のオペ室でも使用されている空気清浄機を3台、器具の滅菌装置や患者さんが座る椅子の水を浄化する装置、粉塵吸引用のバキュームなども設置しています。患者さんはもちろん、スタッフのことも考え、やはり衛生面は徹底すべきだと思い、設備を整えました。院内では靴を脱いでいただくようにもしています。ばい菌というのは特定の環境でしか住めませんが、時々近い環境で生息できる菌もいます。それが、歯周病菌と土の中のばい菌なんですね。なるべく接点を持たないためにも土足にしないほうが良いかな、と。これから超高齢化社会になりますから、より気をつけていかないと。あとは、ここに移転する際に完全バリアフリーにしましたので、車いすで来られても大丈夫です。

口臭に悩む患者を救ってあげたい

どのような患者さんがいらっしゃいますか?

3

オフィス街でありながら文教地区でもありますので、お子さんから年配の方まで幅広くいらっしゃいますよ。中には60年以上通ってくださっている方や、海外に引っ越されたのに通ってくださる方も。来ていた患者さんが出産されて、お子さんも合わせ2代続けて通ってくださったりもします。そういうのはうれしいことですよね。最近は患者さんの意識も非常に高まっていて、虫歯の治療なども多いですが、歯の掃除でいらっしゃる方がほとんどです。歯周病はメンテナンスが大切だから、と痛くなる前に来てくださったり。予防の大切さは診察の際にも伝えていますし、掲示物やテレビなどでプラスになる情報は常に提供しています。

口臭専門の外来を掲げられているそうで、非常に珍しいですね。

実際、10年ほど前に口臭についての診療を掲げている歯科はほとんどありませんでしたし、今もそんなにありません。ですが、口臭の原因は虫歯や歯周病以外のものがメインなのですが、悩まれている方が非常に多いです。20年ほど前に、目立った症状もないが口臭に悩んでいる、という方がいらしたのですが、歯の掃除まではできても、口臭までちゃんと治してあげることができず、ずっと引っかかっていました。本当に悩まれている方は、人と話すこともできないから就職もままならない。最終的に心療内科にかかっても根本の原因は治せない。そういう方を救いたい、という気持ちがあり、口臭の診療における先駆者的存在の本田先生のところで10年ほど前に勉強をしました。現在は本田先生が主催するEBACという組織のメンバーになっており、ここではメンバー同士の勉強会やローカル大会への参加が義務づけられているので、知識を常にアップデートしています。

具体的にどのような診療を行うのでしょうか。

まずは測定器で口臭のレベルを測ったり、唾液の状態を測定します。また、尿検査を行って全身の状態も確認します。1週間の食事の内容も書いて提出していただくのですが、この際はニンニクなどの臭いの強いものを避けていただきます。そういったテストの結果をもとに原因を追究していきます。実は生理的な口臭は誰にでもあるんです。ですが、患者さんの悩みをとってあげることが口臭の外来の大事な部分ですので、どこの口臭がどこまで気になるのか、ということをきちんと調べなくてはいけません。自律神経が関係していることもあります。当院でも自律神経測定器で自立神経の分析を行っています。

ホワイトニングブースも目を引きますね。

4

設置しているのは、おそらく愛知県内ではここくらいではないでしょうか。ホワイトニング剤を自分で塗って、光を当てるだけなのですが、45分くらいでかなり白くなる効果が期待できます。ホワイトニングはパーマなどと同じで、1回やればいい、というものではありません。定期的にメンテナンスをしないといけないので、より手軽にできるように。診察に来た方だけでなく、このホワイトニングだけを目当てに来る方もいらっしゃいますよ。ホワイトニングにもいろいろなパターンがありますからね。やはり、患者さんのニーズがあるのならば、応えられる環境は整えていきたいと思っていますので。

何よりもまず、患者のニーズが重要

先生が診療に際してもっとも心がけていることはありますか?

5

何よりもまず、患者さんのニーズですね。この人はどうしたら噛み合わせが良くなるのか、歯の掃除もしたいけど虫歯の治療もしたいのか。例えば『前歯が欠けてつけてほしい』といらした患者さんに『奥歯も虫歯だから治療しますね』と診察をしては、患者さんの本当のニーズに応えたことにはなりません。正しくても押しつけはいけませんし、患者さんの声に応えることが必要ですね。これからは、患者さんのそういうニーズに応えた治療が大切だと思っています。スタッフ内での患者さんの情報共有を徹底していて、それも患者さんのためです。また、患者さんのプライバシーを守るために診察室はすべて個室になっています。そのまま個室でレントゲンも撮れるんですよ。患者さんがいかに喜んでくれるか、それしかありません。笑顔で帰っていただければそれでOKなんです。

先生は現在も熱心に勉強をされているそうで。

毎日が戦いですね。東京やドイツ、アメリカなどにも行きますので、いかに診療を休まずに学会にも参加するかが悩みどころです。ドイツに行ったときは、2泊4日で学会に参加して、そのままクリニックへ帰ってくるということがあり、とてもハードでした。また、国内ではできない解剖実習なども海外で受けることができるので、そういったものに行くこともあります。インプラントでも他の歯科医院で悲しい事故がありましたし、より勉強しようという意識は高くなりました。同じ症例でも患者さんが違えば同じものは一つもありませんし、常に真剣勝負です。また、歯科医師だけが勉強して新しいことを取り入れてもスタッフができなければ意味がありませんので、当院の歯科衛生士には歯科医師会の講習や大会に参加させ、技術の向上に取り組んでいます。

それでは読者にメッセージをお願いします。

20180906 6

今、生まれてやっと歯が生え始めたお子さんに、ご自分の箸でご飯をあげる方がいらっしゃいます。ですがこれは、大人の口内のばい菌をうつしていることになるんです。それを若いお母さんに伝えてあげたいですね。生まれてくるときに産道からお母さんのばい菌をもらいますが、口の常在菌は口の中にしかいません。ということは、歯が生えてきたときに大人が自分の箸で食べ物を与えることが感染の一つの原因なのです。決してフッ素だけ塗っておけば大丈夫、というわけではありませんから、ぜひ気をつけてあげてください。正しい知識はクリニックなどでしか実際にはわからないと思いますし、情報発信を続けていきたいですね。

自由診療費用の目安

自由診療とは

ホワイトニング 1歯4000円~/矯正歯科 上下顎80万円~/マウスピース型装置を用いた矯正 上下顎50万円~/インプラント治療 30万円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access