病気・けがを知る

胃がんの症状、治療内容から初診に適した診断科目まで適切な病院・クリニック、医者の選択のために必要な知識をピックアップしました。胃がんについて正しく理解しましょう。

胃がんいがん

胃がんとは

胃壁の内側の粘膜に発生するがん。筋肉や粘膜でできている胃の壁の、最も内側にある粘膜の細胞が、何らかの原因でがん細胞となることで生じる。胃がんリスクとして、ピロリ菌感染のほか、喫煙の習慣や栄養バランスの偏った食生活などが指摘されている。

症状

食欲不振、吐き気・嘔吐、胸焼け、貧血、みぞおちの痛み、腹部膨満感など。しかし初期の段階ではほとんど無症状であることが多く、進行しても目立った症状が出ない人もいる。

診断内容

まずは血液検査や胃のエックス線検査、胃内視鏡検査などを行い、病変の有無や位置を調べる。胃内視鏡検査でがんが疑われる病変が見つかった場合は、病変を切り取り、取り出した病変を顕微鏡などで詳しく調べる病理検査で診断を確定する。また、がんの進行度合いを調べる超音波(エコー)検査やCT検査のほか、胃のすぐ近くにある大腸への転移を調べるための注腸検査(肛門からバリウムと空気を注入しエックス線写真を撮影する検査)などをケースに応じて行っていく。

治療内容

治療は手術で病変を取り除くことが基本。手術の種類としては、開腹手術と、腹部に小さな穴を数ヵ所開けて専用の器具やカメラを出し入れしながら行う腹腔鏡下手術がある。またがん細胞に侵された部位が小さい初期の段階などの場合、内視鏡を使って体の内側から病変を切除する方法が用いられることもある。

予防方法、治療後の注意

治療後は特に再発に注意し、定期的に検査を受ける必要がある。また早期発見・早期治療ができれば治癒が見込める疾患として知られており、定期的に胃内視鏡検査を受け、胃の状態をチェックすることが大切。またピロリ菌感染が発症の原因となることが多いとされており、感染の有無を調べるための血液検査・呼気検査・便中抗原検査などを一度は受け、感染が認められる場合には菌の除去を行うことが予防の鍵となる。

初診に適した診療科目

がん内科に対応可能な病院・クリニック、医者を探すことができます。

内科に対応可能な病院・クリニック、医者を探すことができます。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
ドクターズ・ファイル特集

地域特集 横浜市

横浜地域に根ざした病院・クリニック(内科、歯科など)特集

特集 在宅医療

在宅医療という選択肢を考えよう!訪問診療と往診の違いなど

特集 生活習慣病基礎知識

生活習慣病の基礎知識。年齢に関わらず予防やチェックが必要

婦人科特集

乳癌・子宮頸癌など婦人科系疾患の基礎知識

アレルギー特集

アレルギー症状(アトピー性皮膚炎など)の検査・原因を知る

外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musatama after
Chiyochu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細