全国のドクター8,968人の想いを取材
クリニック・病院 160,820件の情報を掲載(2021年6月15日現在)

  1. TOP
  2. 症状から探す
  3. 手がしびれるの原因と考えられる病気一覧
  4. 手根管症候群
  1. TOP
  2. 手の病気一覧
  3. 手根管症候群
055

こちらの記事の監修医師
医療法人三慶会 指扇病院
黒畑 順子 先生

しゅこんかんしょうこうぐん手根管症候群

概要

手首の内側で末梢神経が圧迫され、手指のしびれや痛み、親指の脱力が起こる疾患。手のひらの付け根部分にある骨と靭帯に囲まれた空間を手根管といい、この中に指を曲げる腱と正中(せいちゅう)神経が通過している。この手根管内で何らかの原因により正中神経が圧迫されている状態。40代以降の女性に多くみられる。日常生活や仕事で手を使う機会が多い人がなりやすい傾向がある。長期間人工透析を受けている人も発症しやすくなる。

原因

圧迫の原因としては、同じ動作の繰り返し、ケガ、手根管の周りの筋肉のむくみ、腫瘤などが考えられる。仕事やスポーツで手を酷使している人などに起こりやすい。妊娠・出産期や更年期の女性に多く生じる特徴があるが、その原因は明らかになっておらず、特発性手根管症候群と呼ばれる。女性ホルモンの乱れによって滑膜性の腱鞘のむくみが起こり、手根管の内圧が上がることで症状が現れると考えられている。

症状

初期には人差し指や中指に、進行すると親指にしびれや痛みが出る。最終的には正中神経の支配領域である親指から薬指にかけて3本半の指がしびれる。小指に症状が出現することはない。急性期にはしびれや痛みが明け方に強くなることが特徴。また、手を振るとしびれや痛みが緩和することがあるが、これは手根管内で傷んだ神経が手関節を動かすことで循環が良くなり、また圧迫も一時的に軽減するため。(悪化すると肘から肩にかけてしびれや痛みが伴うことがある。)さらに母指球筋という親指の付け根の筋肉が萎縮し、親指と人差し指で物をつまむ動作が困難になる。

検査・診断

正中神経は母指から薬指の親指側半分までを支配している。薬指の中指側の感覚が障害されるが小指側は正常であるため、このような所見があれば高い確率で手根管症候群が疑われる。さらに、手首をたたくとしびれ、痛みが指先に響く感覚があること(ティネル徴候)と、指先を下に向け、左右の手の甲を合わせてその姿勢を保持することで症状の悪化が認められる(ファレンテスト陽性)かどうかから診断される。また進行すると親指の付け根の筋肉が萎縮し、親指と人差し指できれいな丸を作れなくなることがあるため、筋萎縮を診ることも。その上で手首のエックス線検査や神経伝導検査などで神経の状態や機能を調べる。腫瘤が疑われる場合は、エコーやMRIなどの検査が必要になることもある。

治療

治療の基本は安静で手の過度な使用を避けて、運動や仕事の軽減に努める。場合によっては、患部の固定のため装具を用いることも。ビタミン剤や消炎鎮痛剤を服用し安静を保つ。痛みが強い場合には手根管内にステロイド注射を行うことがある。症状が改善されない場合には、圧迫を取り除くための手術が検討される。短時間の日帰り手術で対応できる場合が多いが、母指球筋の萎縮が高度な重症例では、圧迫を取り除くだけでは親指の機能が改善しないことがあるため、腱移行による母指対立再建術を同時に行うこともある。症状をやわらげるリハビリテーションも有用。

予防/治療後の注意

治療後も正しい方法でリハビリテーションを続けることが大切。日常生活では手を酷使しないように注意する。フライパンなどは両手で操作するようにし、持ち手を太くすることで握りやすくする。パソコンなどのキーボードを打つときには手首の下に丸めたタオルを置き、手首を真っすぐ保つようにする。手術後は痛みが取れることが多いが、しびれが改善されるのに数ヵ月かかることも。また術後の合併症として手首の痛みが1ヵ月ほど続くこともある。

055

こちらの記事の監修医師

医療法人三慶会 指扇病院

黒畑 順子 先生

2005年埼玉医科大学卒業。同大学病院で研修後、指扇病院に勤務。他病院を経験後、2017年に指扇病院での勤務を再開。