医療法人 香梅会 マツイ医院

医療法人 香梅会 マツイ医院

大林 きよ子院長、大林 倫子副院長

20190528 bana

阪急京都本線・正雀駅から住宅街を南西へ徒歩約10分、「マツイ医院」はピンクの梅のマークが目印だ。開院から60年あまり、3世代の女性医師が育んできた地域密着型の内科・小児科診療は、近隣住民から親しまれている。2代目院長の大林きよ子先生は、笑顔を絶やさず穏やかに患者と向き合うドクター。長年の診療で培った患者や家族への豊富な知識と経験で、幅広い世代の健康を支え続受けている。一方、2018年に副院長に就任した娘の大林倫子(ともこ)先生は、胃内視鏡診療が専門。総合病院での診療経験も長く、明るく快活な口調が印象的だ。2019年春には待望の新医院へ移転し、心新たに診療に取り組む2人に、大事にしている診療理念やこれからの展望について聞いた。
(取材日2019年4月20日)

広々とした新医院、胃内視鏡検査もスタート

―60年あまりの歴史がある医院が、2019年春には新たな建物へ移転しましたね。

【大林院長】娘が診療を始めた頃から、彼女の専門である胃内視鏡(胃カメラ)を導入したかったのですが、旧医院は手狭でしたので、思い切って新築移転を決断しました。といっても旧医院のすぐ横ですから、患者さんには今までと同じように通っていただけます。
【倫子副院長】新医院は土足や車いすでそのまま院内まで入ることができます。スリッパへの履き替えは、ご高齢の方には負担になりますし、靴の履き間違えもありますしね。診察室や廊下、処置室はゆったりとした間取りで、車いすやストレッチャーでも動きやすくなりました。胃カメラの検査室のほか、感染症専用の病室や、車いす用トイレも設けています。安全に、心地よく過ごしていただけると思います。

―診療科目や診療体制に変更はありますか。

【大林院長】基本的には今まで通りで、内科は私と副院長、私の主人で分担して担当、小児科は大学から先生に週3回来ていただき、予約制の予防接種と乳児健診や、夕方には一般の診察を行います。また、リウマチ・膠原病内科の診療を予約制で月に3回、皮膚科の診察を週1回、それぞれ専門の先生が診察しています。この地域には皮膚科医院が少なく、お困りの方も多かったので開設しました。当院では60歳以上の患者さんが非常に多く、ご高齢になると皮膚のトラブルも増えるので、相談しながら診療を進められるのは心強いですね。
【倫子副院長】内科診療では、母は循環器内科と東洋医学、私は消化器系が専門ですので、患者さんの症状やご希望に応じて担当を決めています。女性医師に診てほしい、漢方薬を使いたいなどのご希望があれば、受付で気軽にご相談ください。

―新たに始める胃内視鏡検査について、教えてください。

【倫子副院長】患者さんは検査の際には多少大変な思いをされることもありますが、がんなどの病変は、早く見つけられれば1週間程度の入院期間で治療を行えます。逆に発見が遅れると、大変な時期も長くなりがちです。つらく苦しい思いをしながら治療を続ける患者さんと向き合う中で、「もっと早期に検査をして病気が見つかっていれば、治療も早く終わって普段の生活に戻れるのに」と強く感じてきました。だからこそ、患者さんが通いなれた診療所やクリニックで、気軽に内視鏡検査を受けてほしい。当院では、患者さんの持病やご家族のがんの経歴なども参考にして、がんになる可能性が高い患者さんに無症状の段階から検査をお勧めすることができます。「早く見つけられれば早く治療できる」ので、積極的にご案内していきたいです。

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 before
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e before
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a before
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細