医療法人財団 医親会 マリンクリニック

医療法人財団 医親会 マリンクリニック

小長谷 敏浩院長

67028

健康診断と人間ドックに重きを置く「マリンクリニック」。地下鉄久屋大通駅西改札1番出口に近接するビルの4階、繁華街のほど近くにあり、バリバリ働くビジネスパーソンの健康を守ってきたクリニックだ。院長を務める小長谷敏浩氏は、健康であることが最重要としながらも、企業の経営者のようにコスト管理も考えた医療を唱える、柔軟な思考のドクター。「何かあってから治療を始めると治療費がかさみます。だからこそ、そうなる前に対策をしましょう」と、健康診断の意義を語る。今回は、何のために健康診断を受けるのか、そして生活習慣病検診とがん検診の重要性を聞いた。
(取材日2016年5月10日)

マネージメントを学んだコスト管理に強いドクター

―海外留学を経験されていますね、ご経歴を教えてください。

生まれは愛知県豊橋市の大清水です。今と違って、なかなかの田舎でしたよ(笑)。親の転勤が多かったこともあり、中学校と高校は静岡県浜松市の学校に通いました。進学先は金沢大学の医学部。1986年に卒業した後、静岡市の「静岡済生会総合病院」にて6年間研修しました。その後、名古屋市の「国立病院機構 名古屋医療センター」に移り、翌年「名古屋大学医学部」での研究生活を開始。マリンクリニックと出会ったのは、この頃ですね。大学病院に勤務しながら、マリンクリニックにもお手伝いとして診療に来ていました。1997年に愛知医科大学に移り、留学したのは1999年ですね。スウェーデンの南部にある伝統校ルンド大学で、1年間勉強しました。2002年から愛知医大消化器内科講師を務め、当クリニックの院長として着任したのが2007年です。

―スウェーデンルンド大学には何を学びに行かれたのでしょうか?

消化管生理学を学ぶためですね。スウェーデンルンド大学を選んだ理由はいくつかあります。消化器系をしっかり学べるからという理由のほか、消化管生理学の権威である先生がいらしたからです。その方から学びたいという思いもありました。ただ、私が同大学で最も勉強したのは「文章の書き方」や「マネージメント」の方法だと思っています。英語論文の書き方だとか、研究費を得るための申請書の書き方、教室の運営の仕方などですね。純粋な研究者というより、円滑に研究や業務を進める技術や知識も学んで帰らないとという気持ちがありました。留学期間が1年間という短いものでしたし、13年のキャリアを積んだ後に行きましたからね。留学で学んだことが、クリニックでも生きていると思います。

―多くの資格を所持してらっしゃいますね。専門の分野を教えてください。

消化器内科です。特に食道や胃、大腸などの「消化管」を専門としています。「日本内視鏡学会指導医」の資格も、そういった経緯があって取得しています。資格に関しては、「人間ドック健診専門医・指導医」、「日本消化器病学会専門医」、「日本医師会認定産業医」なども取得しています。マリンクリニックは、健康診断や人間ドックを重点的に実施するクリニックとして地域の皆さんに認識されていますからね。その業務を円滑にできる資格を持っています。

記事更新日:2016/06/17


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細