全国のドクター9,139人の想いを取材
クリニック・病院 161,376件の情報を掲載(2020年4月07日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 逗子市
  4. 逗子駅
  5. 医療法人ベネヴォラ 磯見整形外科医院
  6. 筋肉の痛みに対する治療法エコーガイド下のハイドロリリース

筋肉の痛みに対する治療法
エコーガイド下のハイドロリリース

医療法人ベネヴォラ 磯見整形外科医院

(逗子市/逗子駅)

最終更新日:2017/11/24

61013 mt 1 title 1448939413 61013 mt 1 title 1448939413
  • 保険診療

超音波装置(エコー)の発達によって身体の組織の詳細がわかるようになり、筋肉や骨格系の痛みには“筋膜”が関わっていることがわかってきた。エコーガイド下での「ハイドロ(筋膜)リリース」とは、エコーで筋膜を確認しながら行う、痛みの治療だ。患者に負担の少ない画期的な治療法として今、注目されている。そこで、「ハイドロ(筋膜)リリース」をいち早く導入し、治療成果をあげている「医療法人ベネヴォラ磯見整形外科医院」磯見卓院長に聞いた。 (取材日2015年11月12日)

筋膜の癒着をはがして、痛みを解消する治療「ハイドロ(筋膜)リリース」

Qハイドロ(筋膜)リリースとは、どのような治療ですか?
A
61013 mt 1 q1 1448939413

▲ハイドロ(筋膜)リリースについて語る院長

肩や腕などに慢性的な痛みがある場合、押すと痛みが広がる硬いしこりのようなものがあります。これをトリガーポイントといい、エコーを使った研究では筋膜上にあることがわかってきました。また筋肉のこりや、運動後の筋肉の痛みの多くは、筋膜が関係していることも明らかになってきました。筋膜とは足から頭のほうまでつながった結合組織で、何層もの膜で構成されています。硬い組織で、これがスムーズに動くことで関節や筋肉がうまく動きますが、軽微な外傷や疲労が重なると筋膜同士が癒着してうまく動かなくなり、こりの状態になります。そこでエコーで見ながら(エコーガイド下)、この筋膜の癒着をはがすのがハイドロ(筋膜)リリースです。

Q具体的な治療法は? また、どんな症状に効果がありますか。
A
61013 mt 1 q2 1448939413

▲モニターを一緒に見ながら治療をしてくれる

エコーで患部を確認しながら、癒着部分に薬液や生理食塩水を注射器で注入して筋膜をはがします。ラップが何枚も重なっているような状態なので、間に水を注入して1枚ずつはがすようなイメージです。この治療を行うと、筋膜の動きが再現されて痛みがとれることになります。対象となるのは肩こりや四十肩、腰痛、脚の向こうずねが硬くて痛い場合などです。若い人からお年寄りまで年齢層には関係なく、筋肉や骨格系の痛みに幅広く効果がみられます。いわゆるぎっくり腰も筋膜の癒着が原因である場合は、この治療法が効果的です。また慢性的に肩こりが続いている場合や、交通事故などのケガの後の痛みなどにも効果があります。

Q治療のメリット、医院ならではのポイントを教えてください。
A
61013 mt 1 q3 1448939413

▲治療後、リハビリテーションを行うことで効果を高めている

エコーで見るとはっきりと筋膜が確認できます。トリガーポイントのある場所、筋膜が癒着している部分に確実に薬液を注入することができ、痛みも速やかに解消することが期待できます。また血管や神経などを避けて筋膜だけに注入することが可能なため、患者さんの負担が少ない低侵襲の治療でもあります。また慢性的な痛みの場合は、治療後しばらくするとまた筋膜が癒着して、痛みが再発することもあります。これは筋膜と筋膜の間に細かい繊維質などが残っていることが原因と考えています。そこで、当院では、ハイドロ(筋膜)リリースと並行して、リハビリテーションを行い、筋肉などの動きをスムーズにしてバランスを整え治療効果を高めています。

Q治療にかかる時間や費用について教えてください。
A
61013 mt 1 q4 1448939413

▲保険適用のため費用面も安心

治療にかかる時間は、エコーガイド下で、注射をするだけですから、外来診療で数分で終わります。針を刺すのでチクッとした痛みはありますが、その後の痛みはなく、患者さんの負担もとても少ないと思います。治療費については、トリガーポイントに麻酔薬を入れて痛みをとるという治療は保険適用になっているので、それに準じた治療とされています。基本的には保険適用で受けていただけますのでご安心ください。

Q治療後、日常生活で気をつけることはありますか。
A
61013 mt 1 q5 1448939413

▲日ごろから体をほぐすことが大事である

筋膜は全身にあるので、膜が癒着するような感じの痛みは全身に起こります。日常生活では、パソコンを使用している時、スマートフォンを見ている時など、同じ姿勢を長時間続けないように気をつけてほしいです。時々体操をしたり、体をほぐすことを心がけてください。また、姿勢に偏りやくせなどがあるとこりや痛みが起こりやすいですし、仕事やスポーツなどである特定の筋肉ばかり使うとストレスがかかり、それが筋肉の疲労に結びついて痛みになることもあります。当院のリハビリテーションでは、理学療法とともに、姿勢や生活習慣などの改善指導や日常生活に取り入れやすい体操のアドバイスなども行っていますので、参考にしていただきたいです。

ドクターからのメッセージ

磯見 卓院長

ハイドロ(筋膜)リリースで最初の痛みがとれても、同じような姿勢や生活習慣を続けていると、また痛みが生じることが多いので、リハビリテーションを併用することはとても重要です。当院では、理学療法士も増員してリハビリテーションを受けていただく体制を充実させました。複数の理学療法士が並行して行うことで、一人ひとりの患者さんのリハビリテーションを充実させたいと考えています。エコーガイド下でのハイドロ(筋膜)リリースはまだあまり知られていませんが、患者さんの負担も軽く、とても効果的な治療ですから、筋肉や骨格系の痛みのある方は、ぜひ、諦めずに受診していただきたいですね。

Access