全国のドクター8,993人の想いを取材
クリニック・病院 161,449件の情報を掲載(2020年2月20日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 千代田区
  4. 四ツ谷駅
  5. 四谷メディカルキューブ
  6. 黒川 良望 院長

黒川 良望 院長の独自取材記事

四谷メディカルキューブ

(千代田区/四ツ谷駅)

最終更新日:2019/08/28

25526

JR四ツ谷駅から徒歩5分のオフィス街に、地下1階地上7階建ての都市型有床クリニック「四谷メディカルキューブ」がある。クリニックは洗練された雰囲気ながら、心を落ち着かせてくれるホテルのような院内となっている。院長を務める黒川良望先生は、日本の腹腔鏡手術を開拓してきた先駆者の一人。国内外で手術を担当しながら後進の指導にも尽力し、医療の発展に果たしてきた功績は大きい。クリニックの基本理念は、「最高の安心と最新の医療」。大学病院レベルの高度な医療サービスを提供し続けており、遠方からの患者も多数来院する。インタビューでは、内視鏡手術に特化した手術室を設置した経緯や、近年力を入れている手掌多汗症治療についてなど、じっくりと語ってもらった。
(取材日2016年4月7日)

手掌多汗症で悩み続けている人へ。手術という選択肢

院長は数多くの内視鏡手術に携わってきたとお聞きしました。

1

内視鏡手術とは、おなかや胸を大きく開けることなく、数ミリほどの小さな穴を数箇所あけ、そこから体の中にカメラと手術器具を入れて、モニターを見ながら行う手術です。メリットは傷が小さいため、入院期間が短く、社会復帰までが早いことです。そして、美容的にも、傷が小さいことは大きなメリットでしょう。日本でも1990年から行われ、私は当時から内視鏡手術に携わり、日本以外にも中国やシンガポール、インドに行き、50施設で手術や指導を行ってきました。その過程の中で、臨床トレーニングができる病院が必要だとずっと考えていたところ、縁あって、2005年にここ「四谷メディカルキューブ」を作ることができました。

こちらでは手掌多汗症、いわゆる手汗の治療も内視鏡手術で行うそうですね。

手掌多汗症は、交感神経の興奮により、日常生活に支障がでるほど発汗する病気です。治療方法は、背骨の脇にある交感神経幹の一部を切ることです。従来の手術では、おなかを大きく開けるのでハードルが高かったのですが、現在では、医療も進み、傷の大きさは2ミリから3ミリほどで手術を行います。手術そのものは10分ほどで終わりますので負担も少なく済みます。しかし、対応している医療機関はあまり多くないので、当院でやるべき治療だろうと考え、力を入れて取り組んでいます。

手掌多汗症に悩んでいる方へアドバイスはありますか?

2

手掌多汗症について、汗っかき体質と思い、諦めている患者さんはとても多いのではないでしょうか。手掌多汗症の手術そのものは難しいものではありませんが、代償性発汗がありますので、手術するかどうかの判断については、熟慮しないといけません。治療方法を強要することはありませんから、医師として、患者さんに対して、何がベストなのかを判断するサポートをしていきます。また、他の医療機関で手術したけど、あまり効果を感じられないという方も、たまにいらっしゃるようです。切る場所が違ったり、あるいは時間が経つと再発する可能性もゼロとは言えません。そんな場合に対応する手術方法もあるので、悩みを抱え込まずに、相談していただきたいと思います。

患者にとって、何がベストかを考えることが医師の務め

院長が医師をめざされた経緯をお聞かせください。

3

祖父が内科医で、父も臨床医ではないものの、医学部で学び、原子力の安全を専門としていました。その中で、私も東北大学医学部に進学し、自然と医学の道をめざしていたように思います。大学時代は、ボート部での活動に打ち込みました。ボートを通じて、世界中のさまざまなバックグラウンドを持つ人と出会い、交流できたことは、素晴らしい経験となりました。卒業後は、仙台市立病院で外科医師として勤務し、その後東北大学の第二外科に入局しました。そこで、肝移植の研究やレーザーの外科応用を研究していましたが、30代後半の時、内視鏡外科手術の分野に切り替えました。この新しい治療に取り組み、この分野を仲間と切り開いてきました。

先生が医師として大事にしていることは何でしょうか?

今、さまざまな疾患に対して、これまでの医療が積み重なり、マニュアル化されています。それはとても大事なのですが、患者さんにとって、ベストな治療は必ずしも一つではないんですね。患者さんに選択してもらうのが今の時代の流れです。でも、患者さんは、どう判断したらいいかわからないと思うんです。医療が進めば進むほど、患者さん自身で判断することが難しくなるのです。ガイドラインだったり、患者さんに選択させるということは、ある意味では、医師が責任から逃れているのではないかという気がしますね。私は患者さんと対峙したときに、決して強要することなく、何がベストなのかを考えることが医師の務めだろうと思っています。

今後の展望についてお聞かせください。

    25526               df 4

当院で行っている診療は、大学病院レベルの高度な治療ですが、法律上は病院ではなく診療所です。高度肥満の患者に対する減量手術も以前から行ってきましたが、ようやく保険が適用されることになりました。まだまだ規制で縛られていることは多くあるので、成功例を示して、実績を行政に認めてもらい、より高度な医療を多くの方に受けてもらえるよう、今後も主張していきたいですね。 また、当院の使命である「最高の安心と最新の医療」については、ぶれることなく、めざしていきたいと思います。

スタッフ全員で基本理念の達成をめざす

クリニックの理念について、お聞かせください。

5

当院は、基本理念として、「最高の安心と最新の医療」を掲げて診療を行っています。非常に耳ざわりの良い言葉ですが、簡単に両立できることだとは思っていません。先進の医療を医師や看護師たちが追求し続け、必要なときは投資をして設備も導入します。同時にその医療技術について熟知するように、すべてのスタッフに努力を求めています。その結果、理念が達成できるものだと思います。また、最高の安心というのは、医療そのものに限ったことではありません。クリニック全体の雰囲気やスタッフの笑顔、あるいは、説明の詳しさということが一緒にあって成り立つと思っています。

院内は洗練されたホテルのようで、とても落ち着いていますが、雰囲気づくりで工夫していることは?

はい、建物の造りは一般的なクリニックらしくないものにしています。例えば、病棟フロアがあるのですが、床はマットです。居住空間においては音がとても気になりますので、医療器具を運ぶ際の音を減らすための工夫です。また、病室の中に必要な配管や装置などは、どの部屋にも最低限の設備を整えていますが、すべてスライド式で、何も使っていないときは見えないようにできます。少しでも患者さんの不安の解消につながるよう、こまかな配慮をしています。

女性専用の外来や人間ドックなど、医療体制がとても充実していますね。

6

女性専用の外来では、婦人科、乳腺外科、女性泌尿器科の専門的な治療を行っており、当院の大きな特長の一つです。患者さんとしては、女性専門の窓口が少なく相談の機会がないと思うので、ウェブサイトを充実させて、情報発信しています。実際に多くの患者さんが来られてますよ。また人間ドックでは、がん検査に特化したPET/CT装置により、大腸、食道、肺などの検査も行っています。今でこそポピュラーになりましたが、3台の装置が1施設にあり、フル稼働しているので、かなり数多くの検査をしています。一時期、被ばくに対して非常にデリケートな時期がありましたが、被ばく量の説明は、患者さんにしっかり行い、ウェブサイトでも説明を尽くしてきました。おかげで少しずつ理解が進んできたと思います。今後も患者さんが不安なことはしっかりと説明し、病気の早期発見、早期治療に努めていきます。

Access