全国のドクター9,103人の想いを取材
クリニック・病院 161,406件の情報を掲載(2020年4月01日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 品川区
  4. 西小山駅
  5. のもとデンタルクリニック
  6. 患者一人ひとりの状態に応じた食いしばりのケア

患者一人ひとりの状態に応じた
食いしばりのケア

のもとデンタルクリニック

(品川区/西小山駅)

最終更新日:2020/03/12

Top Top
  • 保険診療
  • 自由診療

技工物が割れたり欠けたりするだけでなく、歯根破折、歯槽膿漏にもつながるといわれる食いしばり。「のもとデンタルクリニック」の野本恵子副院長は、技工物がすり減ることに悩んでいた患者の診療を通して食いしばりを防止することの重要性に気づき、早くから診療方法の開拓と実践に力を入れてきた。自費で入れた技工物が長くもたない、首や肩に不調があって毎日つらい、歯がすり減っているといった日々寄せられる訴えに向き合い、一人ひとりの状態に応じた診療を提供する野本先生に、食いしばり防止の重要性と同院での診療の特徴を聞いた。 (取材日2020年2月13日)

さまざまな影響を及ぼす食いしばりに、個々人に合わせた丁寧な診療を提供

Qまずは食いしばりとはどのようなものか、教えてください。
A
1

▲早くから食いしばりの診療方法の開拓と実践に力を入れてきた院長

食いしばり、そして歯ぎしりは、眠っている時や起きている時、上下の歯をぐっと噛み締めたり、ぎりぎりとこすり合わせたりすることです。ストレスや緊張など原因はさまざまですが、もともと噛みしめる力が強い方も多いですね。通常、上の歯と下の歯の間は軽く開いていて、ご飯を食べたり喋ったりする時以外は重なり合わないのですが、食いしばりや歯ぎしりがあると頻繁にぶつかり合うため、歯や顎とその周辺の筋肉、関節などに強い負荷がかかって、さまざまな症状を引き起こしやすくなります。

Qどんな患者さんが多いのでしょう。
A
2

▲食いしばりに起因する症状はさまざま

無意識で行う食いしばりや歯ぎしりの力は非常に強く、歯や歯周組織にも影響を与えます。「歯の根にヒビが入ったり、歯そのものが割れたりする」「詰め物が外れる「冠が割れる」という訴えや、朝起きると顎が痛い、疲れが取れないという訴えもよく聞きます。目の疲れや歯槽膿漏も、食いしばりに起因していることが少なくないんですよ。歯が割れるほど強く噛めば、当然ながら口周りの筋肉が緊張状態になり、毛細血管が圧迫されて血流が悪化しやすくなるので、肩こりや首こり、ひいては脳梗塞や心筋梗塞のリスクも高まると考えられます。

Q診療はどのように行うのですか?
A
3

▲患者一人ひとりの状況を総合的に見極め、選択肢を提示している

まずはじっくりカウンセリングをして、症状の出るタイミングや出方を伺った上でどのような対処方法が適しているかを見極めます。睡眠時の歯ぎしりが多いようであれば、睡眠時に装着して歯と歯が触れるのを防ぐ保険適用のマウスピースをご提供しています。また、患者さんそれぞれの歯の神経の有無、対合歯の状態、噛む力に合わせ補綴物をご提案することもあります。いずれにせよ、ご来院いただいた当日にケアを始めることは原則的にありません。個別の状況を総合的に見極めて選択肢を提示し、じっくり検討していただいてからケアを始めるようにしています。

Q食いしばりの診療で大事にしているお考えはありますか?
A
4

▲資料を見せながらしっかりと説明を行う

マウスピースによる対処などを行っても食いしばりや歯ぎしり、およびそれに伴う諸症状が改善しない方には、噛み締める筋肉を緩めるアプローチも必要なのでは、と考えています。食いしばりや歯ぎしりを根本的に解決するには、ストレスなどの原因を排除することや、体に影響を及ぼす理由の一つである「噛み締める力」を緩めることも有用なのではないかと考えているのです。何をやってもよくならないという方は、セカンドオピニオンという形で構わないので、ぜひ一度ご相談ください。

Q食いしばりを防ぐため、日常生活でできることはありますか?
A
20200312 5

▲セカンドオピニオンも受けつけている

食いしばりや歯ぎしりがある人は、寝る前に腹式呼吸でゆったり呼吸をしたり、「歯と歯を離す」といったことを意識したりすると、改善に向かうことが多いようです。また、食いしばりなどがあると口腔内の環境を悪化させやすく、歯周病などを引き起こすこともあるので、丁寧に歯磨きをして、口腔内の環境を整え、口腔内からの全身疾患予防・改善を心がけましょう。なかなか自分では磨ききれない、という方は、歯科医院のクリーニングで歯がきれいになる感覚を実感して、意欲を高めることをお勧めします。

ドクターからのメッセージ

野本 恵子副院長

歯科医師にできることは、口腔内の治療を通じて患者さんのQOLを向上させ、日常生活を幸せに送ってもらえるよう手助けすることだと思っています。食いしばりや歯ぎしりは、歯や詰め物を傷めるだけでなく、生活の質を下げ、全身のさまざまな疾患・症状の原因になる可能性があります。肩こりや目の疲れなど日常生活に支障を感じたときや、家族に歯ぎしり・食いしばりを指摘されたときは、ぜひ歯科医院に相談してみてください。当院ではセカンドオピニオンも受けつけています。お気軽にお問い合わせください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

マウスピース型装置を用いた矯正/80万円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access