全国のドクター8,462人の想いを取材
クリニック・病院 161,436件の情報を掲載(2019年10月17日現在)

子安脳神経外科クリニック

子安脳神経外科クリニック

子安 英樹 院長

22081 %e5%ad%90%e5%ae%89%e8%84%b3%e7%a5%9e%e7%b5%8c%e5%a4%96%e7%a7%91%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

ホテルのロビーのように重厚な待合室を備える「子安脳神経外科クリニック」。同院には毎日多くの患者が訪れるなか、早期にMRIやCTなどの検査を実施し、可能な限り当日中に画像診断と患者への結果説明を行っている。「患者さんに少しでも早く安心していただきたいんです」と話す子安英樹院長は、「医師になって以来ずっと突っ走っている」というほどのハードワーカー。クリニックや病院から画像診断の依頼を受けることも多く、「困っている患者を診るのが医師の務め」と日曜・祝日以外は休まず診療を続けている。脳血管障害の基礎疾患である生活習慣病を中心に診る循環器内科を強化したことで、「より手厚い診療が可能になった」と子安院長。MRI検査でわかることから受診時のアドバイスまで、詳しく話を聞いた。
(再取材日2019年7月20日)

迅速な検査と画像診断で、患者の不安を早期に解消へ

―主な患者層から教えてください。

頭痛やめまい、手足のしびれなどの症状でお悩みの方が多く受診されています。診察をして検査が必要と判断すれば、MRIやCTなどを使って、脳の形の変異、脳の血管の詰まり具合や血流の様子などを画像から診断します。何事もなくそのままお帰りいただける方も多くいますが、検査で重大な病気の初期症状と診断される方もいらっしゃいます。「なんとなく変だ」という自覚症状で歩いて受診された方が実はくも膜下出血で、急いで高度医療機関に搬送したというケースもありました。頭に何かしらの衝撃を受けたという頭部外傷の患者さんもいらっしゃいますね。頭部外傷は、受傷直後は問題がなくても、1ヵ月近くたってから症状が出ることもあるので注意が必要です。早期回復には早期発見が重要ですので、激しい頭痛や痛みがある場合はすぐに脳神経外科を受診してください。

―MRI検査は、受診当日に受けられるのでしょうか。

即日検査・即日診断が当院のモットーです。検査後は患者さんと一緒に画像を見ながら、詳しく説明させていただきます。ただ、近年は患者さんが増えていることもあり、その日の予約状況によっては当日検査ができないこともあります。受診から検査までの期間が長いと、患者さんは「自分は何の病気なのか」「大丈夫なのか」という不安と毎日戦わなくてはなりません。そこで、当日に検査ができない場合は、その時点で最短の検査スケジュールを組むようにしています。超高解像度の画像が撮れるMRIを2台設置しているのも、受診から検査・診断までの時間をできる限り短くし、患者さんに1日でも早く安心できる日常に戻っていただくためです。

―地域のクリニックや病院からの画像診断依頼も多いそうですね。

当クリニックに画像診断を依頼してくださる医療機関は開業以来着々と増えて、今では100以上になりました。依頼を受けたらできるだけ早く、放射線科診断を専門とする医師が読影をし、ダブルチェックをした上でコメントをつけてお戻しするようにしています。近隣のクリニックや病院から信頼される医療画像センターとしての役割をしっかり果たしていきたいですね。一方、当クリニックと地域の基幹病院との連携も確立されています。万一、検査で早急な治療を要する異常が見つかった場合には、高度医療を行うことができる提携医療機関へ速やかにご紹介することができます。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Denentoshi after
Bunkyo after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細