求人情報ON
もんでん歯科クリニック

もんでん歯科クリニック

門田崇院長
頼れるドクター掲載中

科学的な検査と効果的なメンテナンスで
自分の歯を保つ予防的ケア

もんでん歯科クリニック

自由診療

4

「歯を治療する場所から歯の健康を保つための施設へ、歯科医院の役割を変えていきたい」と話す「もんでん歯科クリニック」の門田崇(もんでん・たかし)院長。一度削った天然歯は元には戻らないため、病気を未然に防ぐことが重要と、歯の健康を守る予防的なケアに力を注いでいる。「当院ではさまざまな検査で口の中の状態を的確に捉え、虫歯や歯周病になりやすいかどうかのリスク分析も行うことで、その方にとって効果的な予防的ケアを提案できるよう心がけています」と、科学的なアプローチを重視しているのも特色だ。なるべく歯科医師が治療する機会を減らし、できる限り長く自分の歯を保ってほしいと考える門田院長に、同院での予防的ケアの流れについて詳しく聞いた。(取材日2019年2月7日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

歯科における予防の重要性を教えてください。

一般的な歯科治療では痛みや腫れ、歯のぐらつきなど不快な症状を抑え、それ以上病気が進行しないよう適切な措置を施します。しかし治療しても病気になる前の状態に戻すことは難しいですし、虫歯になった歯をどんどん削っていけば歯の寿命を縮めることにもつながります。また、虫歯や歯周病になりやすい原因を放置したままでは、再発の可能性も非常に高いでしょう。予防的ケアはこうした病気を未然に防ぐ、あるいは治療が終わった後の状態を保って再発を防ぐことが大きな目的で、そのためのチェックとメンテナンスを組み合わせたものです。ご自身の歯をできる限り長く使うためには非常に重要といえます。

クリニックで予防的ケアを受けるメリットは何ですか?

ご自身で毎日行うケアに、数ヵ月に1度の専門的なケアが加わることで、予防効果はより高まります。しっかり磨いたつもりでも磨き残しは出てきますし、気づかないうちに病気が進むこともあり得ます。そこで予防のプロである歯科衛生士が病気の兆候を定期的にチェック。磨けていない部分も含め全体を丁寧にクリーニングした後、必要に応じてブラッシングのやり方を指導することで、予防的ケアの質を高められるのです。当院では、患者さんのご希望があれば虫歯や歯周病などのリスクを8項目に分けて評価する検査も行っています。これにより口の中の状態や生活習慣などのリスク要因を細かく判断でき、より適切な予防的ケアができるようになります。

発症リスクを減らすため、普段から気をつけることはありますか?

ご自身のウイークポイントを踏まえ、適切なケアを行いましょう。前述の8項目検査の結果でいえば、プラーク(歯垢)がたまりやすい方は、ご自分に合った磨き方が大切です。歯の形や歯並び、歯ブラシを動かす癖などで磨き残すポイントは人それぞれですから、歯科衛生士の指導を参考に磨き方を工夫してください。また、口の中を虫歯になりにくい状態に保つ唾液の役割が衰え、食事やおやつの回数も多い方は虫歯の可能性が高まります。食事と食事の間を十分にあけ、虫歯になりにくい状態を維持するなど生活習慣の改善が望ましいでしょう。プロによる専門的なケアは必要ですが、こうした毎日のケアが正しく行われてこそ効力を発揮するものなんです。

検診・治療START!ステップで紹介します

問診票をもとに、症状や困り事を詳しくヒアリング

問診票をもとに、以前治療した歯があれば、その後の状況を確認。さらに今の困り事、気になっている点なども細かく、幅広くヒアリングし、例えば「1年くらい前から歯茎がしみる」「以前より口の中が粘つく」といった情報があれば、病気の初期症状も見逃さないようチェックする。このほか、同院の「予防重視」の考えをもとに、将来も自分の歯を残すために続けてほしい予防的ケアについても説明がある。

口の中の状態をさまざまな検査で把握する

予防的ケアの計画を立てるため、口の中の状態を把握する検査を行う。エックス線検査や口腔内写真で口の中を見ることで、本人も現状を正しく理解できるメリットがある。位相差顕微鏡により虫歯菌などの活動状況を確認できるほか、希望があれば唾液を使った虫歯菌の検査も利用可能。検査結果は次回の診療時に報告される。これらの検査をもとに、希望する受診者には虫歯や歯周病のリスクを8項目で評価する。

検査の結果、必要に応じて治療や措置を行う

検査の結果、虫歯や歯周病が見つかったり、詰め物が外れたり歯茎が腫れたりといった場合には、必要に応じて治療や措置を行う。その際は事前に「現在の不調の原因は何か」「なぜこうした治療や措置を行うか」といった説明も行ってくれる。複雑な治療の場合は別に説明時間を設け、本人が納得した上で次のステップに進む。加えて治療や措置の後の良好な状態を維持するために、日常的な予防的ケアの大切さについても説明がある。

普段の診療も口内の環境を整えた後で治療や措置に移る

痛みがあるなど緊急のケースを除き、同院ではまず歯科衛生士によるクリーニングからケアがスタートする。歯垢や歯石などを丁寧に取り除き、口の中の環境をクリーンな状態に整えてから、門田院長による治療や措置に移るのが同院の診療スタイル。また、それらのほとんどをマイクロスコープを使って行うことも大きな特色で、こうした取り組みによって、精度にこだわった治療や予防ケアを提供したいと考えているのだそう。

良好な状態を維持するために、定期的なメンテナンスを

数ヵ月に1度のペースで行うメンテナンスでは、しみたり痛んだりする箇所がないかなど病気の兆候をチェックした後、歯科衛生士によるクリーニングを実施。加えて、磨き残しをなくすためのブラッシングの工夫も丁寧にアドバイスしてくれる。本人の意欲次第ではプラークを染めて磨き残しを確認し、次回はどの程度磨き残しが減っているかを視覚的に把握するなど、患者のモチベーションアップにつながる取り組みも行っているそう。

料金の目安

虫歯・歯周病のリスク検査/3000円

ドクターからのメッセージ

門田 崇院長

歯科医院は「歯が悪くなって治療に行くところ」と思っていませんか? しかし治療という対症療法だけでは、歯に痛みを感じたり歯茎が腫れたりといった症状を何度も繰り返す恐れがあります。そうした悪循環から逃れるには、治療やケアの後の良い状態を保つための適切なメンテナンスを続けることが重要です。さらにご自分に合った磨き方を身につけ、虫歯や歯周病のリスクを低減するよう生活習慣にも気をつければ、ずっとご自分の歯を保てる可能性が高まるでしょう。もちろん「何ともないから大丈夫」という方も、ご自分の状態を知って、効果的なメンテナンスを行うために受診していただければと思います。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細