全国のドクター9,284人の想いを取材
クリニック・病院 158,661件の情報を掲載(2024年4月17日現在)

  1. TOP
  2. 兵庫県
  3. 西宮市
  4. 西宮駅
  5. はなぶさ脳神経外科・皮ふ科クリニック
  6. 頭痛やめまい、しびれ、物忘れなど不安な症状は脳神経外科へ

頭痛やめまい、しびれ、物忘れなど
不安な症状は脳神経外科へ

はなぶさ脳神経外科・皮ふ科クリニック

(西宮市/西宮駅)

最終更新日:2024/02/15

はなぶさ脳神経外科・皮ふ科クリニック 頭痛やめまい、しびれ、物忘れなど 不安な症状は脳神経外科へ はなぶさ脳神経外科・皮ふ科クリニック 頭痛やめまい、しびれ、物忘れなど 不安な症状は脳神経外科へ
  • 保険診療

なかなか治らない頭痛や、原因のわからないめまい、つらいしびれがある時、「脳に原因があるのでは?」と病院への受診を考えるのではないだろうか。しかし、大きな病院の脳神経外科を受診するのはハードルが高く、躊躇している人も多いだろう。「ちょっとした不安な症状も、その日のうちに検査します」と話すのは、「はなぶさ脳神経外科・皮ふ科クリニック」の英賢一郎院長。脳神経外科の診療は身近に望まれていると感じ、脳や脊髄、末梢神経の症状を診るクリニックを開院。大きな病院と同レベルのAI機能搭載1.5テスラのMRIを導入し、即日検査・診断に応じる。また、脳の術後フォローや、脳疾患の再発抑制の生活習慣病管理、物忘れや認知症治療にも対応する。敷居の低い脳神経外科クリニックをめざす英院長に、脳神経外科診療について聞いた。

(取材日2024年1月31日)

頭痛やめまい、物忘れなどの症状を気軽に相談。身近で専門性の高い医療を提供する脳神経外科クリニック

Q脳神経外科は、どんな症状の時に受診すると良いですか?
A
はなぶさ脳神経外科・皮ふ科クリニック 頭部、頸椎、腰椎他全身も撮影できるレントゲン

▲頭部、頸椎、腰椎他全身も撮影できるレントゲン

頭が痛い、重い、鳴る、手足がしびれる、顔が痛い、けいれんする、首や腰が痛い、めまいがする、ふわふわする、歩きにくい、手足に力が入らない、普段のようにできない、物忘れが激しい、性格が変わったといわれるといった症状のほかに、転倒などで頭を打った場合も、脳神経外科を受診したほうがいいでしょう。脳挫傷、脳動脈瘤、三叉神経痛、顔面けいれん、脳腫瘍などはMRIで検査してみてはじめて判明します。しびれや痛みは頸部脊柱管狭窄症、腰部脊柱管狭窄症の可能性があります。不安を少しでも早く解消し、治療につなげるために脳神経外科でMRIの検査を受けていただくことをお勧めします。

Q受診した場合の検査や治療の流れを教えてください。
A
はなぶさ脳神経外科・皮ふ科クリニック 頸動脈エコー検査も行う

▲頸動脈エコー検査も行う

まず問診をして、症状について話を聞きます。初診の場合は、重大な疾患の可能性を否定するためにMRI検査を行います。他にも、必要に応じてエックス線や頸動脈エコー検査、血液検査、両手足の血圧差から血管狭窄や血管年齢を測る血圧脈波、神経学的検査を行い、これらの結果をもとに総合的に診断します。くも膜下出血や脳梗塞、脳腫瘍などの大きな病気が見つかった時には、迅速に病院を紹介します。高血圧症や脂質異常症(高脂血症)、糖尿病などの生活習慣病が見つかった場合には、投薬や生活指導などの治療を開始します。将来的な脳卒中などの病気を予防するため、動脈硬化の進行抑制を図り、食事や運動習慣の見直しをすることが重要です。

Q頭痛も専門的な治療を行っているクリニックを受診すべきですか?
A
はなぶさ脳神経外科・皮ふ科クリニック すぐに結果がわかるMRI検査

▲すぐに結果がわかるMRI検査

たしかに頭痛は一般的な病気で、その8割以上が脳に異常のない「一次性頭痛」といわれています。一方で、それ以外の「二次性頭痛」には、脳腫瘍やくも膜下出血など、脳の病気の症状として表れる頭痛があり、生命にも関わる病気が隠れている可能性も。しっかり検査し、専門のクリニックを受診することは大切でしょう。また「一次性頭痛」の中には、片頭痛、緊張性頭痛、群発頭痛などがありますが、どのタイプの頭痛か見極めることでコントロールもしやすくなります。中でも片頭痛は、近年、月に1回注射するタイプの予防薬(抗CGRP抗体)が使えるようになりました。長年悩まれている人にはその期待できる効果をお伝えしたいです。

Qめまい、しびれなどの症状も診ていただけるのですね。
A
はなぶさ脳神経外科・皮ふ科クリニック 大きくて見やすいモニターで診断

▲大きくて見やすいモニターで診断

めまいの多くが内耳性のめまいです。MRIで脳梗塞や脳腫瘍がなければ投薬を開始、調節します。頸椎症も頸性めまいの原因になります。しびれは、首や腰などの脊椎の病気であることが多いです。私は脳神経外科の領域だけでなく、脊椎脊髄外科も専門としています。しびれで受診する際には、脳神経外科か整形外科かで迷う患者さんもいますが、当院では椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症など腰や首が原因となるしびれにも対応しています。難しく考えずにまずは受診してほしいと思います。また、いずれの症状も脳に異常があり、緊急性が高い場合は速やかに専門的な病院を紹介し、それ以外の場合も投薬など、必ず治療の道筋をつけるようにしています。

Q物忘れや認知症も、治療していただけるのですか?
A
はなぶさ脳神経外科・皮ふ科クリニック 不安があれば来院してほしいと語る英先生

▲不安があれば来院してほしいと語る英先生

当院では、患者さんの気持ちに寄り添った診療を大切にしています。物忘れや認知症も、水頭症や脳腫瘍といった、治療が望める認知症もあります。何かしらの訴えがあれば、まずはMRI検査で脳に異常がないかを確認し、一つずつ不安の解消をしていきます。それだけで納得される患者さんもいるでしょうが、認知症や物忘れで投薬が必要なケース、軽いうつ症状から来ている認知機能の低下や頭痛などもあります。脳に異常がない場合でも、必要と考える漢方薬や抗不安薬を処方し、経過を見ていきます。MRI検査だけでなく、認知機能テストも行って総合的に判断し、もの忘れや認知症の治療を開始していきます。

ドクターからのメッセージ

英 賢一郎院長

当院は脳、脊髄、神経を専門として、身近で専門性の高い医療を提供しています。頭痛やめまい、しびれ、物忘れなどは、誰にでも起こる疾患ですが、大きな病気が隠れていることもあります。頭痛で総合病院の脳神経外科を受診するのはハードルが高いですが、町のクリニックなら気軽に来ていただけると思います。院内にはMRIがあり、専任の診療放射線技師もいます。必要に応じて検査を行い、当日中に診断、治療につなげられるよう努めています。また検査後は、将来的な脳卒中などのリスクについても検討し、原因となる生活習慣病対策にもつなげています。早期発見・早期治療が何より大切ですから、気になる症状があれば受診と検査をお勧めします。

Access