全国のドクター12,573人の想いを取材
クリニック・病院 158,544件の情報を掲載(2024年6月24日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 豊島区
  4. 池袋駅
  5. 池袋ふくろう消化器内科・内視鏡クリニック 東京豊島院
  6. 消化器症状は放置せず 内視鏡検査から適切な治療につなげる

消化器症状は放置せず
内視鏡検査から適切な治療につなげる

池袋ふくろう消化器内科・内視鏡クリニック 東京豊島院

(豊島区/池袋駅)

最終更新日:2024/04/03

池袋ふくろう消化器内科・内視鏡クリニック 東京豊島院 消化器症状は放置せず  内視鏡検査から適切な治療につなげる 池袋ふくろう消化器内科・内視鏡クリニック 東京豊島院 消化器症状は放置せず  内視鏡検査から適切な治療につなげる
  • 保険診療

最近、胃が痛い、胸やけがする、便秘や下痢が多いなどおなかの調子が気になっていても、たぶんストレスが原因だろうなどと自己判断して、そのまま放置してしまう人も多いだろう。しかし、実際は、胃がんや大腸がんなど重篤な病気が静かに進行しているかもしれない。これまで数多くの消化器がんの治療に携わってきた「池袋ふくろう消化器内科・内視鏡クリニック 東京豊島院」の柏木宏幸院長は「もっと早く内視鏡検査を受けていたなら、と思うことがとても多かったです。内視鏡検査は敷居が高いと感じる方も多いですから当院ではできるだけ受診しすいよう工夫をしています」と話す。内視鏡検査を受けずに症状を放置しておくリスクや内視鏡検査の重要性について聞いた。

(取材日2024年3月5日)

大腸がんの前駆病変であるポリープと胃がん発症の一因であるピロリ菌の有無を確認する内視鏡検査

Q内視鏡検査はまずどのような人が受けるべき検査でしょうか。
A
池袋ふくろう消化器内科・内視鏡クリニック 東京豊島院 内視鏡検査のハードルを下げ、がんの早期発見・治療をめざす同院

▲内視鏡検査のハードルを下げ、がんの早期発見・治療をめざす同院

大腸内視鏡検査は、便潜血陽性の結果が出た方や便に血が混じるなど血便の症状のある方は必ず受けてください。これらの症状は内視鏡検査を受けるきっかけとしてぜひ前向きに捉えていただきたいですね。便秘や下痢を繰り返す方や下痢ばかりが続く方なども検査を受けたほうが良いですね。下痢が続く場合は潰瘍性大腸炎の可能性も考えられます。胃の内視鏡検査は、ピロリ菌の感染の有無を確認するために重要です。胃の調子が悪い、胃が痛いなど胃の症状がある方は一度検査を受けていただくことをお勧めします。胃がんや大腸がんは初期では症状がほとんどないままに進行し、何か症状が出た場合はかなり進行しているケースも多いので注意してください。

Q検査を受けず症状を放置してしまうとどんなリスクがありますか。
A
池袋ふくろう消化器内科・内視鏡クリニック 東京豊島院 気になる症状があれば、受診の検討を

▲気になる症状があれば、受診の検討を

胃については、ピロリ菌に感染したまま放置してしまうと胃潰瘍や胃がんになるリスクが高まります。若いうちにピロリ菌の除菌を図ればその後胃がんになるリスクの低減が望めます。また、胃の内視鏡検査時には食道や十二指腸も診ますので食道がんや十二指腸がんの早期発見につながるケースもあります。大腸ポリープは、がんの前駆体となるものもあり、多くの大腸がんは大腸ポリープが大きくなる過程でがん化することで発症します。ですので、もし内視鏡検査を受けずに今できているポリープが増大してしまった場合に、大腸がんになる可能性があります。大腸ポリープを早期発見、早期治療するためにも内視鏡検査は大切です。

Q重症化するリスクもあるわけですね。
A
池袋ふくろう消化器内科・内視鏡クリニック 東京豊島院 消化器症状を放置すると、重症化してしまうリスクも

▲消化器症状を放置すると、重症化してしまうリスクも

進行がんになると手術だけでなく抗がん剤や放射線治療が必要になるなど心身の負担が大きくなり、日常生活や仕事にも影響を及ぼしてきます。治療を終えても再発への不安や社会生活、就労面、経済面などさまざまな問題や困難に直面する可能性があります。例えば、直腸がんが進行して肛門を温存できず人工肛門が必要になると生活面での不便さを感じることもあるでしょう。また、がんが進行すると治療の限界もあり、緩和ケアに移行せざるを得ないこともあります。これまで大学病院や訪問診療で、このようなつらい思いや大変な経験をされている方々を数多く診てきました。その度にもっと早い段階で見つけることができれば、と強く思っていました。

Qそうならないために症状がなくても検査を受けるべきなのですね。
A
池袋ふくろう消化器内科・内視鏡クリニック 東京豊島院 検査が受けやすいよう工夫が施されている院内

▲検査が受けやすいよう工夫が施されている院内

大腸がんや胃がんは初期はほとんど自覚症状がありません。ですので、何も症状がなくても40歳を目安に一度、胃と大腸の内視鏡検査を受けるようにしましょう。ご家族に大腸がんを患ったことがある方、大腸ポリープの切除術を受けた方、ピロリ菌感染がある方がいる場合は、もっと若い頃から検査を受けたほうが良いですね。最近では30代で大腸がんが見つかることも増えていますし、ピロリ菌に感染している人も未だに多くいます。また、潰瘍性大腸炎も若い人に多く身近な病気ですので、その早期発見のためにも検査を受けるようにしましょう。

Q定期的に検査を受けることも大切ですね。
A
池袋ふくろう消化器内科・内視鏡クリニック 東京豊島院 内視鏡検査の結果をもとに病気のリスクとなる因子を見つける

▲内視鏡検査の結果をもとに病気のリスクとなる因子を見つける

ピロリ菌感染のあった方は毎年検査を受けることが勧められております。ピロリ菌除菌の治療をしたとしても、その検査時にはほとんど進行していなかった病変が1年たって進行していることも考えられますので、定期的なフォローが必要です。大腸ポリープの切除術を受けた方も定期的に検査を受けてください。というのも、大腸のひだの裏に小さなポリープが隠れて残っていることもあるからです。再度検査することで隠れた病気の発見につなげましょう。また、大腸の状態によって、検査は1年後が良いのか、2~3年後で良いのかなど適切な時期を判断して患者さんにお伝えしております。基本的には5年以上放置はしないことをお勧めします。

ドクターからのメッセージ

柏木 宏幸院長

がんが進行してつらい経験をしている患者さんやご家族の姿を数多く診てきた経験から、内視鏡検査の重要性を実感しています。何か気になることがあれば、できるだけ早く受診していただいて、一人でも多くの方に内視鏡検査を受けていただきたいと思います。内視鏡検査についてネガティブなイメージを持っている方も多いと思いますが、今は内視鏡機器の精度や専門性を持つ医師の技術などが以前と比べると格段に向上してきていると考えます。当院の内視鏡検査は内視鏡の挿入方法など合計6つのタイプから選択できますし、早朝、土日などご都合に合わせて検査を受けられますので、ぜひ一度相談に来てください。

Access