全国のドクター9,078人の想いを取材
クリニック・病院 159,060件の情報を掲載(2024年3月03日現在)

  1. TOP
  2. 愛知県
  3. 名古屋市昭和区
  4. 荒畑駅
  5. あんどう歯科・美容皮フ科
  6. 子どもの虫歯予防も保護者の治療も親子で歯科へ通うことを習慣に

子どもの虫歯予防も保護者の治療も
親子で歯科へ通うことを習慣に

あんどう歯科・美容皮フ科

(名古屋市昭和区/荒畑駅)

最終更新日:2023/11/13

あんどう歯科・美容皮フ科 子どもの虫歯予防も保護者の治療も 親子で歯科へ通うことを習慣に あんどう歯科・美容皮フ科 子どもの虫歯予防も保護者の治療も 親子で歯科へ通うことを習慣に
  • 自由診療

子どもが生まれると、自分の体のことは後回しになりがちな保護者も多いだろう。自分のことはさておき、子どもの虫歯予防や歯並びなど将来のためにできる限りのことはしてあげたいと思うのが親心。それでも、日々めまぐるしく過ぎてゆく子育て期こそ、自分をいたわり健康に配慮することも大切だ。小児歯科専門の歯科医院で経験を積んだ「あんどう歯科・美容皮フ科」の安藤雄基院長は、自身も6歳と4歳の子育て中。「少しでも子育ての不安を解消し、親御さんにも健康できれいになる場所になればと思っています」と、夫婦で歯科と美容皮膚科を診療しながら地域の親子を応援する。子どものことをよく理解し、小児歯科の専門知識も豊富な安藤院長に、同院で行う小児の予防歯科や審美歯科について話を聞いた。

(取材日2023年10月23日)

子どもとのコミュニケーションの場の一つとして、親子で楽しみながら歯科医院へ通ってほしい

Q子どもはいつ頃から歯科医院に通ったらいいのでしょうか?
A
あんどう歯科・美容皮フ科 おさんが楽しく長く通い続けられるようにしたいと話す院長

▲おさんが楽しく長く通い続けられるようにしたいと話す院長

歯のことだけを考えれば、乳歯が生えてきてからでいいと思いますが、歯医者さんを身近に感じでもらうためには、できるだけ小さい頃から来ていただくほうがいいと私は思います。将来、お子さんが自分自身でお口の健康を守っていけるようにしていくのが理想。私はそういうスタンスでお子さんの診療をしています。歯が汚れているとか、乳歯の生え方が気になる、食事を食べてくれないなど、どんな小さな悩みにも、全身の健康を考えたアドバイスをします。それをきっかけにして親子で歯科医院を訪れることを習慣化できればいいですね。また、上顎は5歳ぐらいで成長が80%終わるので、矯正を考えている方は、その前に相談することが大切です。

Q「子どもが食事を食べてくれない」という相談でもいいのですね。
A
あんどう歯科・美容皮フ科 完全個室で自身に合った音楽も流れるプライベートな空間

▲完全個室で自身に合った音楽も流れるプライベートな空間

小児の予防歯科や矯正治療に携わっている立場から、お子さんの顔を見れば、口呼吸や偏食の傾向がある程度判断できます。食事を食べないことの原因がわからないと、親御さんも不安でしょうから、治療するしないにかかわらず、正しい情報提供と対策のアドバイスを心がけています。歯科医院というと、お口にフォーカスされがちですが、歯科というのは、体全体の成長や、歯磨き習慣、姿勢、食事などと関連が深いということが近年の研究でわかってきています。睡眠障害をはじめ夜尿症、喘息、食物アレルギーなどの病気が歯科と関わっていることは、まだまだ知らない人も多いので、正しい情報を親御さんに伝えていくのも、歯科医院の役割です。

Q貴院の小児歯科について教えてください。
A
あんどう歯科・美容皮フ科 カプセルトイなど楽しく通える工夫が施されている

▲カプセルトイなど楽しく通える工夫が施されている

私が小児歯科で大切にしているのは、予防の基本となる「歯を磨くこと」と、「歯科医院に定期的に通うこと」です。そして、治療に通わせてくれたご両親への感謝と歯科医院に通って良かったという記憶が、お子さんの心に少しでも残ればいいなと思っています。矯正治療については、そもそもどうして歯並びが悪くなったのかという原因を知ることが大切ですから、姿勢や顎の成長の関連など、親御さんにもお子さんにもきちんと説明をした上で治療をします。まずは、良くない癖の修正や顎の成長の誘導など、骨格からアプローチすることが大切ですね。お子さんに合った矯正装置を選んで顎の健全な発育を促します。

Q小児の治療で先生やスタッフが心がけていることはありますか?
A
あんどう歯科・美容皮フ科 コミュニケーションを交え治療を行っている

▲コミュニケーションを交え治療を行っている

私自身も子育てをする中で、子どもにも理解力があることを実感していますから、治療の意味や虫歯の原因について、お子さんにも正しく伝えることは大切だと思っています。もちろん、嫌がるお子さんに無理に治療はしませんし、少しでも歯に関心を持ってもらえるようにスタッフ全員で励ましながら治療へと誘導していきます。治療の励みになるようにカプセルトイを用意したり、お勧めのスウェーデン製歯ブラシをご提案しながら、歯科医院が楽しい場所と感じてもらえるような工夫もしています。磨きやすい歯ブラシで、「歯磨き楽しいね」と親子で会話することをきっかけに、予防につなげていきたいですね。

Q貴院では審美歯科にも力を入れているそうですね。
A
あんどう歯科・美容皮フ科 模型やモニター画像を用いながら説明を行う

▲模型やモニター画像を用いながら説明を行う

従来のホワイトニングでは、しみて痛いなどの経験がある方も多いと思いますが、当院では痛みが少ない施術を心がけています。ホワイトニングの歯磨き粉や薬剤も市販されていますが、安全性を考慮しながらそれなりの効果を望むには、歯科医院で行うほうが良いでしょう。当院は、女性が美しく幸せになることをコンセプトに診療していますので、価格に配慮し、審美歯科も気軽に受けられるような雰囲気づくりに努めています。また、美容皮膚科も併設しており、お子さんが矯正治療中に親御さんがしみのケアをすることも可能です。親子で健康かつ美しくなっていただきたいですね。

ドクターからのメッセージ

安藤 雄基院長

子どもが虫歯にならないよう、令和の子育て世代はとても努力していると思います。不安があれば、まずはインターネットなどで調べると思いますが、情報があふれ過ぎて何を信じたらいいのかわからない方も多いのではないでしょうか。よく風邪をひくとか、環境が変化すると体調を崩しやすいなど、一見、歯とは結びつかない症状でも、専門家の立場からアドバイスができますから、不安なことは遠慮なくご相談ください。私も子どもがいますから、親の立場からも一緒に対策を考えていきましょう。お母さんの治療中は、待合室にいる2台のロボットがお子さんたちと遊んでいます。安心して親子でご来院ください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

小児矯正/30万~45万円、ホワイトニング/1万8000円~、しみケア(レーザー)~5mm/5000円

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access