全国のドクター9,182人の想いを取材
クリニック・病院 158,625件の情報を掲載(2024年4月25日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 墨田区
  4. 錦糸町駅
  5. 錦糸町マルエツMiniデンタルクリニック
  6. 歯を抜くしかないと言われた放射線科の強みを生かした画像診断

歯を抜くしかないと言われた
放射線科の強みを生かした画像診断

錦糸町マルエツMiniデンタルクリニック

(墨田区/錦糸町駅)

最終更新日:2023/02/15

錦糸町マルエツMiniデンタルクリニック 歯を抜くしかないと言われた 放射線科の強みを生かした画像診断 錦糸町マルエツMiniデンタルクリニック 歯を抜くしかないと言われた 放射線科の強みを生かした画像診断
  • 保険診療

口腔内が健やかであることが全身の健康維持につながるとして、自分の歯を一本でも多く残そうとする運動が活発化する中、「抜歯しか選択肢がない」と言われたらどうだろうか。大学病院の歯科放射線科で経験を積んだ「錦糸町マルエツMiniデンタルクリニック」の前川崇嗣院長は、「画像をしっかり読むと、実は抜歯せずに済むこともある」と安易な抜歯に警鐘を鳴らす。「高い治療技術を持っていても、診断に誤りがあれば適切な治療はできない」と話す前川院長に、画像診断の重要性と、同院ならではの診断・治療について聞いた。

(取材日2023年2月6日)

適切な治療は精密な診断から。歯科放射線科の知見を生かした診断力で、不要な抜歯や見落としの防止に努める

Q先生は、歯科放射線科で経験を積まれたそうですね。
A
錦糸町マルエツMiniデンタルクリニック 歯科放射線科で研鑽を積み続けた前川院長

▲歯科放射線科で研鑽を積み続けた前川院長

部活の先輩にあたる先生が「技術の前に診断ありき」と話しているのを聞き、心を動かされて歯科放射線科を選びました。実際、治療がうまくいくかどうかは、診断にかかっているといっても過言ではありません。精密な検査から適切な診断を導き出していくには、歯科医院に行けば撮影することが多いエックス線を「正しく読む」力が必要です。撮影して表層的に見ることと読むことの違いを学べたことは大きいと感じています。

Q日々の診療では、画像診断力をどのように生かしているのですか。
A
錦糸町マルエツMiniデンタルクリニック 歯科用CTを使用し、高い専門性をもって治療に取り組む

▲歯科用CTを使用し、高い専門性をもって治療に取り組む

当院では、口腔内の状態を三次元で可視化できる歯科用CTを使っています。肉眼で見ただけではわからない歯や歯茎の内部、顎の骨などの状態を知るためです。歯科用CTの結果をきちんと読み解くことで、虫歯(う蝕)や歯周病の進行度合いから、主訴と異なる場所にある隠れた疾患、患者さんが感じている痛みの根本的な原因、悪性腫瘍の有無まで、さまざまな情報を手に入れることができます。なぜ痛むのか、どこまで治療すべきなのか、大学病院に紹介すべきか、といった判断が、患者さんにとって最善の治療につなげるための材料になるわけですね。

Q適切な治療のためには画像診断がとても重要なんですね。
A
錦糸町マルエツMiniデンタルクリニック 歯科用CTの結果をもとに治療法を提案していると話す

▲歯科用CTの結果をもとに治療法を提案していると話す

例えば、他院で受けた診断に納得できず、セカンドオピニオンを求めて来られた方に対して、エビデンスに基づいた治療法を示すことができたり、かかりつけ歯科医の立てた診療方針に従って良いと背中を押してあげることもできます。あとは、口腔内に原因がないことを証明することもできますね。歯が痛む原因は、虫歯や歯周病であるとは限りません。ストレスなどが原因で痛むこともあるのです。口腔内に原因がないことを明らかにできれば、次の一手を示すことができますよね。

Qセカンドオピニオンにも対応しているのですね。
A
錦糸町マルエツMiniデンタルクリニック 院長が幅広い悩みに応え、患者の疑問や不安を取り除く

▲院長が幅広い悩みに応え、患者の疑問や不安を取り除く

ご希望があればセカンドオピニオンもお受けしています。どんなに信頼しているかかりつけ歯科医でも、診断の内容によって「別の歯科医師の意見を聞いてみたい」と思う気持ちはわかります。急に抜歯と言われたときなど、その場ですぐに診断結果を受け入れるのは難しいことも。別の歯科医師の見解を聞くことは、納得できる治療を受ける上でとても有用です。「この歯は本当に抜かなければいけないのかな」「なかなか痛みが治まらないけど、このまま治療を続けていていいのだろうか」といった不安があるときは、気軽にご相談ください。検査の結果、かかりつけ歯科医の先生の診断に間違いがないことがわかれば、安心して治療に戻れるかもしれませんよ。

Q適切な治療のため、ほかに心がけていることはありますか。
A
錦糸町マルエツMiniデンタルクリニック 適切な治療を提供するためカウンセリング制度を導入

▲適切な治療を提供するためカウンセリング制度を導入

患者さんとしっかりコミュニケーションを取ることです。初診の方はカウンセリングルームにお通しし、対面でお話をして、お互いの人柄や考え方、治療に対するニーズを理解することから始めるようにしています。歯科治療に対する価値観や、治療にかけられる予算、治療したい範囲などは人それぞれで、お話ししてみなければわかりません。私が考える「最善の治療」を押しつけるのではなく、患者さんのニーズと診断データから考えられる治療法をすべて提案して選んでいただくことが、その方にとっての適切な治療につながると思っています。

ドクターからのメッセージ

前川 崇嗣院長

症状の改善や再発防止、隠れている疾患の早期発見のためには、最初に撮影する画像を正しく読み、得られた情報をもとに治療計画を立てていく力が欠かせないと考えています。歯科放射線科で学んだ経験を生かして、患者さんの困り事、悩み事を解決できる治療をめざしてまいります。当院は、地元に密着したスーパーの2階にあり、買い物ついでに通っていただけます。些細なことでも、お気軽にご相談ください。

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供をしております。
マウスピース型装置を用いた矯正については、効果・効能に関して個人差があるため、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access