全国のドクター9,184人の想いを取材
クリニック・病院 160,574件の情報を掲載(2023年1月27日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 墨田区
  4. とうきょうスカイツリー駅
  5. すみだ運動器リハビリテーションクリニック
  6. 閉所恐怖症でも受けやすいオープンMRI検査即日検査も可能

閉所恐怖症でも受けやすいオープンMRI検査
即日検査も可能

すみだ運動器リハビリテーションクリニック

(墨田区/とうきょうスカイツリー駅)

最終更新日:2023/01/25

Main Main
  • 保険診療

日常生活で肩凝り、膝の痛み、椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、交通事故による骨折や捻挫、スポーツでの半月板や靱帯の損傷など、幅広いケガや痛みに対応する整形外科。その診断や経過観察で大いに活躍するのがMRIだ。筋肉や神経などの軟部組織の断面を縦、横、斜めなど自由に撮影でき、患者の体への負担も少なく、放射線被ばくもない。一方で、トンネルのようなドーム型の場合、閉所恐怖症の患者にとっては検査時間が苦痛になるなどの課題もあったが、近年は圧迫感の少ないオープン型も浸透してきている。「すみだ運動器リハビリテーションクリニック」もこのオープン型のMRIを導入し、アスリートのケガの治療やリハビリテーションに役立てている。そんなMRI検査へのさまざまな疑問に、同院の清水禎則院長に答えてもらった。

(取材日2022年12月26日)

閉所恐怖症でも受けやすいオープン型のMRI。椎間板ヘルニアやスポーツでの半月板損傷などにも素早く対応

QこちらのクリニックではMRI検査が受けられるそうですね。
A
1

▲スムーズに治療やリハビリを行うための工夫を凝らす清水院長

はい。通常、クリニックではMRIを設置することはあまりなく、設置している基幹病院などに予約を取り、数日から数週間待って撮影するケースが多いです。しかし整形外科の患者さんは痛みに悩む方がほとんど。そのため遠方に撮影に行くことも負担になってしまいます。近隣でMRIを導入しているクリニックが少ないと聞きましたし、精密な検査による正確な診断を行うためには必須だと考え、導入しました。予約に空きがあればすぐに撮影可能ですし、専門である膝の疾患をはじめとする整形外科全般の疾患やスポーツでのケガの治療にも関わり、読影にも慣れていますので、スムーズに治療やリハビリテーションに移行できる点は当院の大きな強みです。

QMRI検査は、どんな疾患に対応しているのでしょうか?
A
2

▲各種検査に柔軟に対応できるよう、機器が充実している

骨以外の軟部組織や神経などの撮影が可能である点が、MRIの大きな特徴です。整形外科においては半月板損傷、椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症などの診断を行う際に非常に活躍します。治療の最初の段階の診断はもちろん、場合によっては治療の経過確認にもMRIの画像が非常に役立ちます。それを待ち時間がほとんどない院内で受けられるのは、患者さんにとってもメリットが大きいと考えています。また当院では、骨折などであればエックス線検査、骨粗しょう症の治療では骨密度測定の機器、MRIよりももっと手軽に組織が確認できるエコー(超音波)検査なども導入しているため、総合的な検査が受けやすい環境にあるといえるでしょう。

Q閉所恐怖症の方でもMRI検査を受けられますか?
A
3

▲オープン型のMRIを備える

MRIの機器の多くはトンネルのような形のドーム型ですが、当院が導入しているのは、エックス線検査の台のような形の、オープン型のMRIです。全身がドームの中に入るわけではないため、閉所恐怖症の方でも比較的検査を受けやすいようですね。もちろん圧迫感がゼロというわけではないですが、オープン型の特徴などをしっかりとご説明した上で検査を受けていただきますので、不安がある方は遠慮なく、いろいろと相談してほしいと思います。

Q整形外科のクリニックでMRIを受けるメリットは何でしょうか?
A
4

▲患者とのコミュニケーションを大切にしている

まずは前述したような疾患の精密な検査が、ほとんどの場合、来院当日に受けられる点でしょう。患者さんは痛みを抱えて整形外科にいらっしゃいます。早く検査ができるということは、早く治療に入れるということ。地元のクリニックでスピーディーかつスムーズな治療を受けられるメリットは、とても大きいと感じています。地域のクリニックとして導入するには十分な機能を備えつつ、患者さんの移動の負担軽減、そして医療費を軽減できる点も、当院のMRI検査の大きな魅力だと考えています。

QMRI検査は保険適用になりますか?
A
5

▲自身の疾患を詳しく知りたい人にぜひ活用してほしいという

もちろん保険が適用されます。基本的には何らかのケガや、痛みなどの自覚症状がないと検査はお勧めできませんので、保険適用になるのです。また当院には「ほかのクリニックに通っていたけれど、そこにはMRIがなかった。エックス線検査だけではなく、もっと精密な検査を受けてから治療に入りたい」と検査を希望される方も来院されています。こちらも症状があるため保険適用になりますから、MRI検査でしっかりと疾患の状態を知りたいという方にもぜひ活用してほしいと思います。

ドクターからのメッセージ

清水 禎則院長

当院は日常生活の癖や年齢を重ねることで生じる肩凝りや腰痛、膝の痛みなどのほか、スポーツでのケガ・リハビリテーションにも対応しており、そこでもMRIは大いに活躍します。成人のアスリートに加え、地元のクラブチームや学校の部活などでケガをしたお子さんも通ってくださっていますが、お子さんでも安心して受けられるのがこのオープン型のMRIです。とはいえ撮影には30分ほどかかり、その間じっとしている必要があるため、未就学児童の方だと難しいかもしれません。しかしそういった場合も親御さんやご本人とコミュニケーションを取りながら、検査、診察へと進めていきます。不安なこと、気になることはぜひなんでもご相談ください。

Access