全国のドクター9,222人の想いを取材
クリニック・病院 158,511件の情報を掲載(2024年5月27日現在)

  1. TOP
  2. 大阪府
  3. 大阪市北区
  4. 大阪駅
  5. 大阪日帰り外科そけいヘルニアクリニック
  6. 鼠径ヘルニアの手術を日帰りで腹腔鏡手術で体の負担を軽減

鼠径ヘルニアの手術を日帰りで
腹腔鏡手術で体の負担を軽減

大阪日帰り外科そけいヘルニアクリニック

(大阪市北区/大阪駅)

最終更新日:2022/10/11

大阪日帰り外科そけいヘルニアクリニック 鼠径ヘルニアの手術を日帰りで 腹腔鏡手術で体の負担を軽減 大阪日帰り外科そけいヘルニアクリニック 鼠径ヘルニアの手術を日帰りで 腹腔鏡手術で体の負担を軽減
  • 保険診療

医療技術の進歩とともに多くの疾患で普及が進むクリニックでの日帰り手術。ライフスタイルの多様化や感染症予防の面でも、そのメリットが改めて注目されている。そんな今、新たに診療を始めたのが梅田の「大阪日帰り外科そけいヘルニアクリニック」だ。内視鏡の一種である腹腔鏡を用いた鼠径ヘルニア(脱腸)の日帰り手術に特化し、傷が小さく痛みの少ない手術をはじめ、麻酔科の医師による全身管理、合理化された治療ステップなど、あらゆる面で治療効果と安全、患者の負担軽減を追求している。「忙しさや不安から治療に踏み出せない患者さまも、ぜひ思い切って前へ進んでいただければ」と岩村宣亜院長。ただ、病院ではなくクリニック、切開ではなく腹腔鏡と、従来の手術とは異なる点も多い。そこで手術の流れや疑問点を岩村院長に解説してもらった。

(取材日2022年9月7日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

Q鼠径ヘルニアの日帰り手術は、どのような方に向いていますか?
A

何よりも入院することなく手術が受けられること、また当クリニックでは通常、手術日も含め3回の通院で治療が終わるシステムですので、お仕事などで日常的にお忙しくされている方や、ご家庭の事情などで入院が難しい方にもご利用いただきやすいと思います。腹腔鏡手術は手術創が小さく、さらに麻酔を工夫しますのでお体へのダメージが少ないです。ご高齢でも心臓や肺に重大な持病がなく、手術当日にご自身で歩いて帰れる体力のある方でしたら、たいていの場合は手術が可能です。もちろん、安全に配慮した手術に向けて鼠径ヘルニアのタイプやこれまでの手術歴、また全身麻酔を使用しますので心肺などの全身評価は厳密に行っています。

Q手術は必ず受けたほうが良いのでしょうか。
A

ガイドラインでは発症後早めに手術を検討するように記載されていますが、「必ず受けなければならない」わけではなく、実際には放置されている方も多数おられます。しかし、腸が筋肉に開いた穴に挟まる「嵌頓(かんとん)」になると生命に関わる可能性があり、緊急に大がかりな治療が必要になることも。また、鼠径部の痛みや違和感、膨らみを不快に感じる方は多いでしょう。さらに鼠径ヘルニアは自然に治癒することはなく、穴は腹圧によって時間とともに広がりやすいですし、自覚がない場所や反対側の鼠径部でも開口していることがあります。診察では開口部の正確な状況を調べて嵌頓の将来的なリスクなども検討し、手術の必要性をご説明します。

Q手術にかかる時間や費用について教えてください。
A

一般的な手術時間は、鼠径部切開法では40~50分程度、腹腔鏡手術ですと1時間程度です。当クリニックでは麻酔の処置を含め、手術室で1時間半~2時間程度過ごしていただく場合が多いです。そして費用ですが、鼠径ヘルニアの治療は保険診療が適用され、手術そのものは鼠径部切開法と腹腔鏡手術でも異なり、さらに検査内容や自己負担の割合によって上下します。腹腔鏡手術のほうが高額になりますが、全身麻酔や内視鏡、鉗子、そして当クリニックでは念のため人工呼吸器も使用するなど、医療コストがかさむからです。ただ、高額療養費制度が利用できますし、日帰りですので入院に伴う費用は発生しません。

検診・治療START!ステップで紹介します

1初診時に、診断と手術の説明を受ける
大阪日帰り外科そけいヘルニアクリニック 初診時に、診断と手術の説明を受ける

多くの場合、初診の予約時に電話やウェブで事前のヒアリングがあり、診察室では医師が詳しい問診や触診、超音波検査を実施。患者が女性である場合には、女性看護師が診察に立ち合う。診察後、現在の状況や今後の予測をふまえて治療方針の提案があり、患者が手術を希望すれば手術日を決めていく。説明には必要に応じて家族やキーパーソンも同席できるので、この段階でしっかりと質問や相談をして、疑問点や不安は解消しよう。

2手術に向けた検査を行って手術日を決定
大阪日帰り外科そけいヘルニアクリニック 手術に向けた検査を行って手術日を決定

手術が決まればクリニック内で採血、心電図検査、呼吸機能の検査を、提携する外部医療機関で胸部エックス検査を受ける。場合によっては腹部CTも外部医療機関で実施。また全身麻酔では口から管を入れるので、歯や口腔内に問題がないかどうかも確認するそう。問診、診断、検査を含めた初回の受診は1時間程度で終了。手術日は初診から1週間以降で設定されるが、タバコを吸う人では2~4週間程度の禁煙期間が必要になる。

3手術当日、全身麻酔から腹腔鏡手術へ
大阪日帰り外科そけいヘルニアクリニック 手術当日、全身麻酔から腹腔鏡手術へ

担当の看護師に迎えられ、念のため感染症の抗原検査を行い陰性を確認できれば着替えて手術室へ。麻酔科の医師が全身麻酔と腹部への局所麻酔を行った後、炭酸ガスが腹部に送られ手術が始まる。腹腔鏡を操作し緻密な手術を行う岩村院長、全身管理を担う麻酔科の医師、カメラなどを操作する看護師が患者に集中する。60~90分程度で手術が終わり、ストレッチャーでリカバリーフロアへ移動。

4術後は時間をかけてリカバリー、その後は自力で帰宅
大阪日帰り外科そけいヘルニアクリニック 術後は時間をかけてリカバリー、その後は自力で帰宅

リカバリーフロアでは痛みや嘔気を改善するための投薬を行い、麻酔で喉のトラブルがないか飲水でチェック、さらに回復度に応じて自立歩行や排尿も確認する。30分程度経過したら歩いてリカバリー室へ。ゆったりと座れるリクライニングチェアがあり、担当看護師から痛みや傷の確認を受けつつ、患者が自力で帰れるようになるまで過ごせる。帰宅後の万一のトラブルに備え、医師直通の電話番号も案内される。

51週間後の診察で状態を確認して通院が終了
大阪日帰り外科そけいヘルニアクリニック 1週間後の診察で状態を確認して通院が終了

手術翌々日までには、岩村院長が患者に直接電話をして体調を確認する。仕事量や活動の程度によっては翌日からの勤務も可能だというが、合併症や早期再発を避けるためにも、1週間程度は腹部に過度な力をかけないように過ごしたい。傷の痛みやメッシュの違和感があっても、鎮痛薬を利用しながら3日程度で解消に向かうことが多いという。術後1週間程度に再度診察を受けて、問題がなければ治療が終了する。

ドクターからのメッセージ

岩村 宣亜院長

「受診は全3回で、そのうち1回がクリニックでの日帰り手術」と聞くと、日々お忙しい方には喜ばれる半面、不安を感じる方もいらっしゃるでしょう。しかし当クリニックでは、鼠径ヘルニアの日帰り腹腔鏡手術だけを行うので、診療の流れや診療環境、設備をそれ向けに特化できます。また医師や看護師も短期間で鼠径ヘルニアの膨大な治療経験を積み、技術や専門性をより高めていけます。同時に、麻酔科の医師による麻酔や全身管理、担当看護師制での看護などを行って、患者さまのわずかな不安も払拭し、安全に配慮し安心して治療を受けられるように実践しています。今まで治療をためらっていた方も、まずは相談から、お気軽にお問い合わせください。

岩村 宣亜院長 大阪日帰り外科そけいヘルニアクリニック
Access