全国のドクター9,438人の想いを取材
クリニック・病院 160,465件の情報を掲載(2022年9月30日現在)

  1. TOP
  2. 愛知県
  3. 名古屋市中区
  4. 丸の内駅
  5. Dental Office 丸の内
  6. 田代 崇 院長

田代 崇 院長の独自取材記事

Dental Office 丸の内

(名古屋市中区/丸の内駅)

最終更新日:2022/09/02

202781 top

伏見駅と丸の内駅の間に位置する高層マンションの商業エリアに、2022年7月4日「Dental Office 丸の内」が開業した。田代崇院長は長崎大学歯学部を卒業後、名古屋大学医学部附属病院歯科口腔外科での研修を経て、岐阜県や愛知県の歯科医院で研鑽を積んだ経験豊富な歯科医師だ。前職の医療法人運営の歯科医院では院長職を務めるなど多くの経験を経て、自身がめざす歯科診療のスタイルを見いだしたという田代院長。「患者さんの人生に、お口の健康づくりを通して、少しでも貢献できたらうれしいです」と笑顔を見せる田代院長に、診療の理念や歯科診療に対する思い、クリニックづくりのこだわりなどを聞いた。

(取材日2022年7月8日)

精度を磨き「幸せに寄与する」歯科診療の実現をめざす

新規開業、おめでとうございます。開業の経緯などをお聞かせいただけますか?

1

これまで歯科医師としてさまざまな経験を積み、自分なりに「理想の歯科医療の形」を模索してきました。特に、前職で5年間にわたって院長職を経験した影響は大きかったと感じています。医療法人内の系列歯科医院と連携しながら診療を行うことも多く、専門性が異なる多様な歯科医師の方々と、意見を交わしたりともに治療を進めたりといったこともありました。とても学びが多く、同時にバリエーション豊かな診療の知見を得られる環境の中で、「こんな診療が行いたい」という思いがだんだんと明確になっていきました。歯科医師としての自分の方向性が見いだせたことが、自らクリニックを立ち上げる原動力になりました。

院長が実現したいと考える歯科診療とは、どういったものでしょうか?

「口の中の健康づくりを通じて、患者さんの幸せに寄与していきたい」という思いが、私の歯科診療の柱です。当院ではこの思いを実現することを第一に診療を行っています。私が考える「患者さんの幸せ」とは、患者さんが生涯にわたり口腔内の健康に悩まず過ごせること。おいしい食事を味わい、会話に花を咲かせるなどの「かけがえのない日常」を陰ながら支えていけたら、これ以上うれしいことはありません。それが一人の歯科医師として担える大きな役割だと思いますし、役割を常に意識しながら、できることを考え、実践していきます。そのために、診療において特に重視しているのは「天然歯を守ること」です。見た目も噛み心地も自然といわれるインプラント治療も、やはり天然歯には及びませんからね。

どれだけ歯科医療が進歩しても、生まれ持った歯に勝るものはないのですね。

20220727 2

そうですね。治療をすることで生じるリスクもありますし、経年変化により詰め物が駄目になってしまって再度治療が必要となるケースも考えられます。先々のトラブルを防ぐためにも、まずは生まれ持った歯をそのまま生かしていくことを優先したほうが良いと思っています。ではどうしたら天然歯をできる限り残せるかといえば、治療による介入をできる限り少なくすることがとても重要になります。むし歯や歯周病を未然に防ぐのはもちろん、歯を削るなどの処置が必要になった場合には削る量を最小限にとどめ、再発が起こらないよう高い精度の治療をめざします。というのも、実は歯を抜くことになる要因の一つに、「繰り返しの治療」が挙げられるんです。歯には自己再生能力がないので、削っては詰めてを繰り返せば最終的には歯がなくなってしまいます。そんな負のスパイラルを止める、根本的な原因にアプローチできるような治療を実践してきたいと思っています。

この場所で開業を決めた理由もお聞かせください。

「自分の歯を大切にしたい」と思っている人を診ていきたいと考えた際、都心部であれば健康への意識が高かったり、治療後の審美性に対して求める水準が高いのでは、と予想しました。より大きな要望に答えられる歯科医院をめざしたいと考えていた時に巡り合ったのが、この場所でした。喫茶店やスーパーマーケット、レンタルスペースなどが集まっていて、地域の新スポットとして注目されるのが予想できたのも、決め手の一つでしたね。この周辺は古くからの繊維街で、最近は町おこしが進み新たな活気が生まれつつあると感じます。地域の発展とともに、一緒に歩みを進められたらうれしいですね。また、アクセスの良さも決め手になった理由です。遠方から来てくださる患者さんにも、負担なく気軽に来院しやすい場所にしたいと考え、この場所に開院を決めました。

信頼するスタッフとともに患者と真摯に向き合う

クリニックづくりでこだわった点を教えてください。

20220823 3

内装では、「清潔感」「リラックス」をコンセプトに、穏やかな色使いで洗練された雰囲気づくりをめざしました。設備面にももちろんこだわり歯科用マイクロスコープや歯科用CTといった機器を導入しました。これらの設備は治療精度を高める上で重要な役割を担うだけでなく、患者さんの治療に対する理解を深めるのにも役立ちます。例えばマイクロスコープは治療の様子を動画記録できるので、患部の状態や治療の過程を説明する際にとても便利なんです。患者さんの理解を深める点では、説明時に専用のコミュニケーションツールを活用しているのも特徴の一つ。これは診療データを一元管理できるツールで、診察・検査結果を印刷してお渡しすることもできます。患者さんにとってもどんな診療を受けたのか振り返るのに役立つのではないでしょうか。他にも滅菌レベルの高い高圧蒸気滅菌器などを導入して衛生管理を徹底し、安全性重視の診療環境を整えました。

診療を支えるスタッフの皆さんの存在も大きいかと思います。

もちろんです。開業にあたり、4人の歯科衛生士を採用しました。患者さんと長いスパン、それこそ生涯にわたって伴走していける歯科医院をめざすにあたり、検診やメンテナンス、クリーニングを担う歯科衛生士さんの存在はとても大きく、開業時から十分な人数をそろえたいと考えました。治療は少なく、一方で歯のトラブルを防ぐアプローチは手厚く。そんな当院の診療スタイルを実現していくためのスタッフ構成になっています。歯科医療は日進月歩ですから、日々研鑽を積むことで、歯科医院としてチーム力を高めながら治療を提供していきたいですね。

診療ではどんなことを心がけているのですか?

20220727 4

「視野」を広く持つことをまず心がけています。視野とは、お口の中の全体を見る広い視野であり、過去・現在・未来といった幅広い時間軸を捉える視野です。ライフステージも踏まえて、お勧めする治療内容を検討しながら、オーダーメイドの提案を心がけています。また診療では、「決めつけない」ことを徹底して患者さんと向き合っています。先入観は誤った判断を招くもの。思い込みを捨て、患者さんの訴えを真摯に受け止めた上で、トラブルが起きた原因と今後の治療方針を提案し、納得のいく結果にたどり着けるよう力を尽くしています。

患者の笑顔を原動力により良い歯科診療を追求し続ける

開業から数日がたち、現在どのような心境ですか?

5

当初思い浮かべていた以上に、年齢も性別もさまざまな方にお越しいただいたことに少なからず驚きましたね。ビジネスパーソンだけでなく、お年寄りや若いファミリー層も多く、都心部ながらこの町で過ごす世代は幅広いのだと実感しました。実際の診療を通じて、さまざまなご要望に応えられるように診療内容のブラッシュアップをしていければと思います。

院長にとって、歯科診療のやりがいとは何ですか?

目の前の患者さんに喜んでもらえることです。困り事のある患者さんを笑顔に変えて帰宅していただくことが僕のやりがいでもあり、日々の診療の活力にもなっています。歯科診療で生活の困り事をお助けできるのが、この仕事の良さ、魅力ですね。

歯の健康に関心を寄せる読者に対してアドバイスはありますか?

20220714 6

口の中のトラブルはなかなか表面化せず、目立った症状が出るまでにタイムラグがあります。もし今、歯科医院にかかる習慣がないのであれば、この点を踏まえて、トラブルを自覚していないうちから、頼りになる歯科医院を活用していきましょう。ご自身のお口の中の特性を知ることで、将来を見据えた予防の手立てを打つこともできるかと思います。また当院では、セカンドオピニオンにも対応しております。残せないといわれていた歯に、温存の可能性を高めるための専門的な外科処置を行えるケースもあります。疑問に思われていること、他の治療法など、何でも気軽にご相談ください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

歯周外科(再生療法)/6万円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access