求人情報ON
医療法人社団 山田歯科成瀬クリニック

医療法人社団 山田歯科成瀬クリニック

北見 瑛一副院長、藤本 徹生副院長

20190417 bana

コミュニケーションを重視し、患者が求める治療を提案

―どんな患者さんが来ますか?

【北見副院長】当然ですが歯周病の患者さんが圧倒的に多いです。年代的にも、歯周病で困ることが多い中高年層が中心で、最近目立つのは70代以上のご高齢者。逆に、学生さんやお子さんは少ないですね。地域の方はもちろん、先ほど申し上げたように他院からのご紹介も多いので遠方からわざわざ訪れる患者さんもいらっしゃいます。
【藤本副院長】急患の患者さんもいらっしゃいますが、メンテナンスの受診率は一般の歯科医院さんよりも高いのではないでしょうか。歯周病は自覚症状がないまま進行する病気ですから、患者さんは病気の成り立ちやご自身のお口の中がどういう状態なのかを把握されていないことがほとんどです。当院では、まずそこを丁寧にご説明して、歯に対する意識を高められるように取り組んでいます。それが結果としてメンテナンス受診率の高さにつながっているのではないでしょうか。

―診療の際、どのようなことを心がけていますか?

【藤本副院長】患者さんが今何を求めているかをよく考えながら診療しています。ただ、患者さんのリクエスト通りに治療を進めるのはプロとして問題がありますから、いくつか選択肢を提示し、それぞれのメリット・デメリットを伝えた上で患者さんと相談し決めていきます。接遇面では患者さんの表情から気持ちをくみ取るよう心がけています。こちらの話がうまく伝わっていない時は患者さんの表情に表れるので、再度理解していただけるよう模型や写真をお見せしたり、場合によっては治療中の動画を見せながらご説明します。
【北見副院長】患者さんとのコミュニケーションを最大限に重視し、自分にできる最高の医療を提供することを心がけています。ここで言うコミュニケーションというのは、適切な言葉遣いや目線を合わせる、きちんとマスクを外してお話するなど、ごく基本的なことです。当院の患者さんは年配の方が多いので、特に言葉遣いには注意しています。

―お二人がこちらに勤務されるようになった理由は?

【北見副院長】大学卒業後は一般歯科のクリニックに勤務して基礎を身につけましたが、もともと歯周病を学びたいと思っていたのでしっかり勉強できる環境を探し、ここにたどりつきました。当院の院長の、真摯に患者さんに向き合う熱い性格というところに引きつけられ、数々の難症例を手がけ若い患者さんの治療例を拝見し、「こういうことを学びたかった」と感銘を受けて入職を希望しました。
【藤本副院長】私も大学卒業後は一般歯科のクリニックに勤務しましたが、実力がまだまだ足りないと感じ、専門性の高い歯科医院への勤務を希望して当院を見学したのがきっかけです。もともとオペや歯周病には興味があったこと、それにじっくり治療に取り組む診療姿勢や充実した設備など歯科医師として成長するのに最適な環境だったことから、ぜひここで働きたいと思いました。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

インプラント治療/42万円~ 歯周基本治療/54万円~ 歯周組織再生療法/15万円

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access