求人情報ON
医療法人社団 山田歯科成瀬クリニック

医療法人社団 山田歯科成瀬クリニック

山田 潔院長

20190417 bana

成瀬駅から徒歩約3分の場所にある「山田歯科成瀬クリニック」。院長を務める山田潔先生は長年、多くの歯周病疾患を治療してきた経験を持つ歯科医師だ。同院では歯周病治療に注力し、近隣遠方問わず訪れる患者に専門的な歯周病治療を行う一方で、今後の歯科医療を担う若手歯科医師の教育にも努めている。「1人でも多くの歯科医師を育て、地元で開業してそこで貢献してもらいたい」と話す山田院長に、同院の変遷や今後の展望などさまざまな話を聞いた。
(取材日2019年3月11日)

歯周病治療を中心とした歯科クリニック

―こちらは歯周病治療を中心とした歯科医院だそうですね。

はい。当院に在籍する歯科医師は全員が歯周病治療について専門的に学んできました。私自身、長く歯周病治療を専門として数々の症例を経験してきました。専門でやってきているので、それをご存知の先生から紹介されていらっしゃる患者さんが多いというのが、当院の特色の1つです。また、なかなか歯周病が良くならないと悩んでいる患者さんが、セカンドオピニオンを求めて訪れるケースも少なくありません。歯周病には、中高年からのいわゆる慢性歯周炎と、若い時期から急激に進行する侵襲性歯周炎とに大きく分かれますが、私は後者の「侵襲性歯周炎」の治療経験も多数あるので、そうした情報を調べてご相談にいらっしゃる方もいます。

―歯周病治療のニーズは増えているのでしょうか?

20歳以上の約80%が罹患しているといわれていますが、高齢化社会が進んでいく現在、歯周病の患者数は増えていくと考えられます。80歳になっても自分の歯を20本以上残そうという「8020運動」が1989年から始まり、2007年の中間報告では25%だったのが、2016年度の歯科疾患実態調査では51.2%と半数以上を達成していることがわかりました。歯が残っているご高齢の方が増えているということは、その分、歯周病の患者さんも増えているということです。実際、当院を訪れる患者さんの数は、増えていく一方。歯周病は誤嚥性肺炎や糖尿病・高血圧など全身の健康に影響することが知られるようになりましたが、8020運動がほぼ達成された今、私たち歯科医師がやるべきは歯周病ケアを通して全身の健康を維持していくことだと思っています。

―施設を増設したと聞きました。

開業当初は歯科用ユニット3台でスタートし、その後の改築で5台、6台と徐々に増やし、2018年6月に住居だった2階を大幅に改築して9台になりました。フロアごとに治療を完結できるよう、エックス線や歯科用CTは各階に設置しています。1階で撮影した画像は、2階でも見られるよう院内ネットワークを調えました。2階へのアクセスは階段なので、1階は足腰の不自由な方やご高齢者の方が中心。2階は歯周組織再生療法やインプラント治療など専門的な治療が中心と、フロアを使い分けしていくつもりです。2階にはカウンセリングルームのほか、主に歯科衛生士がメンテナンスで使う診療室が2つと、私が主にオペ室として使っている部屋があります。2フロアに分けたおかげで、オペに集中できる空間が作れました。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

インプラント治療/42万円~ 歯周基本治療/54万円~ 歯周組織再生療法/15万円

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access