求人情報ON
医療法人社団 山田歯科成瀬クリニック

医療法人社団 山田歯科成瀬クリニック

北見 瑛一副院長、藤本 徹生副院長

20190417 bana

歯周病治療専門に特化している「山田歯科成瀬クリニック」。高齢化が進む今の日本で歯科医療の面から社会貢献するため、同院では歯周病治療のスペシャリスト育成をクリニックの指針の1つとして掲げ力を入れている。その指針のもと研鑽を積み、患者からの信頼を獲得して今や同院に欠かせない存在となった、ともに副院長の北見瑛一先生と藤本徹生先生。歯科医療を通してさらなる社会貢献をめざし、歯周病以外の鍛錬にも余念のない2人の先生に、同院の特色や診療で心がけていること、将来の展望などさまざまな話を聞いた。
(取材日2019年3月7日)

歯周病専門クリニックならではの診断力が強みの一つ

―他院と違うなと思うこちらのクリニックの特徴をお聞かせください。

【北見副院長】歯周病のスペシャリストとしての視点で検査・診断をまずしっかり行うことを大切にしている点が、何よりの違いだと思っています。
【藤本副院長】一般的な検査よりも精密な検査を行うことで、より多くの情報を得て診断に役立てています。それをもとにこの患者さんが今どういう状態か、何が原因で問題が起きているかということを分析していきます。精密な検査から導き出していく診断力、そこが強みの一つです。

―治療など技術面での強みについてはいかがですか?

【藤本副院長】高いレベルの治療技術を追求できているクリニックではないでしょうか。他院からの紹介の患者さんは多いですね。技術はもちろんですが、同じ治療でも、介入するタイミングなどを見極め一人ひとりに合わせたオーダーメイドの治療を行っている点も当院ならではかもしれません。
【北見副院長】歯周病治療専門のクリニックとしてクリーニングから外科的処置まで幅広く対応できる技術を持っていることです。当院では特に、歯周基本治療といって、オペが必要な段階に入る前の治療には自信があります。

―設備も充実しているように見受けました。

【北見副院長】先ほど検査・診断についてお話ししましたが、患部を拡大視できるマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)やレントゲンでは見えない部分まで見ることが可能となる歯科用CTなどの機器は、正しく診断をしていくためには重要な設備ですね。
【藤本副院長】マイクロスコープを使うにはある程度の訓練が必要ですが、当院に所属するすべての歯科医師は、マイクロスコープを使いこなしています。それも当院の強みでしょう。一般にマイクロスコープを使う場面は根管治療なのですが、歯石が残っていないかどうかの確認においても有効活用できますので、歯周基本治療のレベルが上がり、結果として外科処置を減らすことができています。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

インプラント治療/42万円~ 歯周基本治療/54万円~ 歯周組織再生療法/15万円

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細