全国のドクター9,467人の想いを取材
クリニック・病院 160,461件の情報を掲載(2022年10月01日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 港区
  4. 白金高輪駅
  5. 白金SAIKI DENTAL CLINIC
  6. 前歯のガタつきが気になる人にマウスピース型装置を用いた矯正

前歯のガタつきが気になる人に
マウスピース型装置を用いた矯正

白金SAIKI DENTAL CLINIC

(港区/白金高輪駅)

最終更新日:2022/08/16

Main Main
  • 保険診療
  • 自由診療

透明に近いマウスピース型の装置を用いた矯正は従来のワイヤー型装置による矯正と比べて、痛みの少なさや矯正中の見た目も気にならないことで年々ニーズが高まっている。この矯正法は症例によって向き不向きがあるため開始前の適切な診査・診断が重要であることから、経験豊富な歯科医院を選ぶことも一つのポイントとなってくる。「白金SAIKI DENTAL CLINIC」の齊木賢広院長は、これまで国内美容歯科専門歯科医院で多くのマウスピース型装置を用いた矯正を行ってきた。カウンセリングや診査・診断を適切に行っていくことで、患者の要望をできる限りかなえていくように努めているのだそう。そこで齊木院長に、マウスピース型装置を用いた矯正の詳細について聞いた。

(取材日2021年12月1日)

適用症例に対して、基本に忠実に装着時間を守って行うことで短期間で歯列を整えていく

Qマウスピース型装置を用いた矯正はどんな症例に適していますか?
A
1

▲前歯に特化して矯正を行っている

当院で扱っているマウスピース型装置に関してですが、主に前歯のガタつきに適しており、奥歯の歯並び改善は不適応となります。見える範囲に特化して矯正を行うほか、矯正後の後戻りにも対応しています。矯正中は食事や歯磨きの時以外1日20時間以上マウスピース型装置を装着することになりますが、「まあいいや」と装着時間が短くなってしまうと思うような結果が得られないため、患者さんが自分で行っていく矯正方法とも言えます。年齢制限はありませんが、当院では顎の成長が完了する20歳前後からを対象とさせていただいております。また、欠損歯があるとマウスピース型装置を支えることが難しくなるためできないことがあります。

Q貴院で行う矯正の特徴を教えてください。
A
2

▲診査や診断を徹底して精密に行っている

前述しましたとおり、当院では、全部の歯を動かすのではなく、奥歯の2本は動かさず、症例を限定し対応しています。そのため短期間で矯正が終わり金額も抑えることにつなげられています。矯正を考えたときに躊躇してしまう理由が、費用と期間、そして矯正中の見た目だと思います。見た目についてはマウスピース型装置を使用することでクリアできますが、金額と期間を抑えるために、症例を絞りまずは受診へのハードルを下げることにしました。前職の美容歯科専門クリニックではとても多くの歯列矯正を行ってきました。その経験を生かして、徹底して精密に行う診査・診断の結果、この矯正法を提供しています。

Qマウスピース型装置を用いた矯正のメリットは何ですか?
A
3

▲マウスピース型装置は目立ちにくいことがメリットと話す齊木院長

マウスピース型装置は透明なので目立ちづらいのがメリットだと思います。取り外しができるので、いつもどおりのお口のケアをすることで矯正期間中の虫歯を防ぐことができるほか、マウスピース型装置も洗浄できるので衛生的です。金属アレルギーの人が問題なく使用できるのもメリットですね。当院ではホワイトニングも同時に行うことが可能です。よくマウスピース型装置を用いた矯正でうまくいかなかったという声を聞きますが、これは、適切な診査・診断をせずに行ったことにも原因の一つがあると思います。この矯正方法の適応になるかの見極めが大切になりますので、矯正をご検討の際は、経験が豊富な歯科医師にご相談されることをお勧めします。

Q貴院での矯正の進め方を教えてください。
A
4

▲型採りやスキャンしたデータをもとに納得いくまで説明していく

当院ではまずカウンセリングをしてから精密検査を行います。精密検査時の型採りやスキャンしたデータをマウスピース型装置を作製する会社に送ると、シミュレーションとして患者さんの歯並びが矯正後にどうなる予想なのかというゴールのデータが送られてきます。その結果をご説明しご納得いただけて初めて矯正がスタートします。型採りをしてデータが届くまでは1〜3週間、マウスピース型装置を発注してできあがったものが届くまで2〜3週間かかります。またマウスピース型装置装着後、1〜2ヵ月に1度定期的なチェックを行うほか、ごく微量の歯を削ることがあるためそのタイミングで受診していただくこともあります。

Q全体の期間や後戻りの可能性なども知りたいです。
A
5

▲保定装置はできる限り長く理想は一生使ってほしいと話す齊木院長

矯正期間は個人差がありますが、当院の矯正は半年から1年で、短ければ半年かからない場合もあります。後戻りについては、矯正するかしないかに関わらず加齢的変化でも歯は動いてしまうこともあるので、どんな矯正方法であっても、矯正が終了した後には保定装置をつける必要があります。保定装置はできる限り長く使っていただきたいのですが、なかなか難しい場合には、当院では最低限、マウスピース型装置を使用した期間と同じだけの期間つけていただき、それ以降はリスクなど十分にご理解いただいた上で患者さんとご相談させていただいています。

ドクターからのメッセージ

齊木 賢広院長

虫歯や歯周病など口腔疾患の原因を追究していくと、歯科治療が必要になる根本的な原因の多くが歯並びの不正で、歯列矯正はお口の中を健康に保つための基本中の基本になってきます。乱れた歯並びよりも整った歯並びのほうが圧倒的にきれいにケアしやすいので、これまで虫歯や歯周病に悩んできた方、今後が心配な方はちょっと視点を変えて、見た目の改善だけではないまずは土台づくりとしてマウスピース型の装置を用いた矯正を検討していただければと思います。当院ではまずはカウンセリングで患者さんのご要望やお気持ちを聞いた上で、それがかなう矯正法を提案してまいります。経験も豊富ですので、ぜひ気軽にご相談いただければと思います。

自由診療費用の目安

自由診療とは

マウスピース型装置を用いた矯正/44万円~、ホワイトニング/オフィス2万2000円~、ホーム3万3000円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access