全国のドクター9,467人の想いを取材
クリニック・病院 160,461件の情報を掲載(2022年10月02日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 港区
  4. 白金高輪駅
  5. 白金SAIKI DENTAL CLINIC
  6. 齊木 賢広 院長

齊木 賢広 院長の独自取材記事

白金SAIKI DENTAL CLINIC

(港区/白金高輪駅)

最終更新日:2021/12/15

20211210 200491 top

都会的な雰囲気と暮らしやすさが人気の白金高輪。白金高輪駅1番出口の真向かいに新規オープンした「白金SAIKI DENTAL CLINIC」は、審美歯科を中心に保険診療から自費診療まで幅広く対応している。齊木賢広院長は美容歯科専門クリニックで勤務した経験を生かして、セラミックを用いた治療やインプラント治療、マウスピース型装置を用いた矯正に注力。見た目の美しさと機能性の両方を併せ持つ診療の良さをより多くの人に伝えていきたいと話す。齊木院長がめざすのは、保険診療・自費診療の枠を超えた質の高い治療、安全性にこだわった治療環境、そして患者に寄り添う温かさの3つがそろった「自分が通いたくなる歯科医院」だ。丁寧な話し方と穏やかな笑顔が印象的な齊木院長に、クリニックに込めた想いについて聞いた。

(取材日2021年12月1日)

審美歯科をより身近に。多くの人に提供したい

この度、開業に至った経緯について教えてください。

1

開業する直前まで国内の自費診療専門のクリニックで診療を行っていましたが、その経験を生かして、高い技術の審美歯科の診療を広く届けたいと思ったことが開業のきっかけでした。自費診療専門にしなかったのは、保険診療であれば、ある一定のレベルの治療を皆さんに平等に提供できるからです。もっと多くの患者さんと接していきたいという思いで、保険診療・自費診療の区別なくトータルで診療していきたいと考えています。開業にあたりこの地を選んだのは、この地域の方々は、その生活スタイルから見ても歯への健康意識や美意識が高く、審美歯科のニーズも非常に多いと感じたからです。再開発も進んでいますので、より多様な人に質の高い治療を提供していきたいです。

スタイリッシュで落ち着いたすてきな院内ですね。

内装は白金という地名にちなんで、白をベースにアクセントにゴールドを使用しました。大通りに面していますので、外からの景観も意識して間接照明を当て、遠くからでも目立つようにしています。診療スペースはすべて個室で天井も高く開放的でゆとりのある造りになっています。ユニットはソファーのようにやわらかく座り心地の良い物を設置し、少しでもリラックスして診療を受けていただけるようにしました。3DCTや先進機器の導入、ユニットの前の大きなモニターには口腔内カメラで撮影したお口の中の画像を映し、患者さんに見ていただきながら説明をしています。

クリニックのコンセプトを教えてください。

2

一言で言えば、当院のコンセプトは「審美歯科をより身近に」です。セラミックを用いた治療、インプラント治療、マウスピース型装置を用いた矯正、ホワイトニングの4つを主体に、見た目と機能の両方を重視した診療を提供しています。見た目と機能の改善を図ることで、患者さんに喜んでいただける歯科診療の提供に努めています。私は以前の職場で、審美歯科の経験を積み、一般的な歯科医院ではなかなか経験できない症例数を手がけてきました。そこで感じたのは、歯科医師の経験値によって仕上がりに差が出るのが審美歯科の特徴だということ。多くの経験をもとに的確な診査・診断を行い、歯科医師として患者さんの明るい未来へのサポートができるような診療をしていきたいというのが私の想いです。

十分なカウンセリングで患者のニーズに合った選択を

審美歯科の重要性はどういったところにあるのでしょうか?

3

健康保険制度が整っている日本では、保険治療を勧める歯医者=良い歯医者というイメージをお持ちの方も多くいらっしゃるかと思います。保険治療は皆平等に費用を抑えて受けられるメリットがある反面、使用できる材料の関係で、どうしても二次的な虫歯を引き起こしやすい可能性があり、結局は治療を繰り返してしまうことになりかねません。それに比べて保険外の自費の治療では、審美性にも徹底的に配慮することができますし、耐久性に優れた素材や治療法が選択でき、メンテナンスをしっかり行うことで虫歯の再発や、再治療の可能性を抑えることがめざせます。ただ、どういった治療をするかは患者さんが選ぶもの。当院では、見た目と長期的な予後を第一に考えて、保険診療から自費診療のものまでさまざまな治療の選択肢をご用意し、それぞれのご事情に合わせて選んでいただいています。

先生のめざす「通いたい歯科医院」とは?

私が考える「通いたい歯科医院」は知識や技術はもちろんのこと、清潔感があり最新の設備を取り入れている、患者さん一人ひとりに十分な時間を取り診療をしているクリニックです。そこで当院では、患者さんが安心して治療が受けられる環境を整えるために、欧州基準でトップレベルのクラスB滅菌システムを採用しました。また、1回の治療が5分や10分で終わってしまい何度も通わなければいけないようなことはしたくないので、しっかりとカウンセリングを行い患者さんのニーズや生活スタイル、どの程度歯科の知識をお持ちかによって、治療が続けやすいように治療計画を立て、しっかりと患者さんにご理解していただいた上で治療をスタートできるようにしています。

先生がお得意とされる治療は何ですか?

4

私が得意とするのはセラミックを用いた修復治療です。この治療の良さとしてわかりやすいのは見た目の美しさで、ご自身の天然歯にかなり近いクオリティーに仕上げることが可能です。そして何と言っても虫歯になりにくいというのが大きなメリットです。素材的に汚れがつきにくい上、歯とぴったりと接着するため銀歯のような隙間ができづらく、再治療のリスク低減にもつながります。デメリットがあるとすれば、自費診療になるため1回にお支払いいただく治療費が大きくなってしまうことですね。しかし、長い人生で治療を繰り返した場合の総額を考えるとセラミックを使用することでコストが抑えられる場合もあるため、トータルで考えてお勧めしたい治療の一つです。当院では開業以来、この治療に興味をお持ちの多くの患者さんに来ていただいています。

リラックスできる空間で行う患者に寄り添う丁寧な診療

患者さんに接する際に心がけていることはありますか?

5

大前提としてあるのは患者さんに寄り添うことです。こちらの意見を押しつけるようなことはなく、医学的な提案をした上で患者さんがご自身に合った治療を選んでいただけるように、適切な情報をお伝えしています。患者さんの中には過去に歯科医院で嫌な思いをされた人や、言いにくいお悩みを抱えている人もいらっしゃいます。そういった場合には、初診では積極的な治療はせず、あえてカウンセリングだけで終えるなど、お話ししやすい雰囲気をつくりながら少しずつ進めていきます。また、緊張している人には私だけではなくスタッフもこまめにお声がけをしてリラックスできるようにしています。優しく丁寧にお出迎えしますので、安心して受診していただければと思います。

先生が歯科医師をめざしたきっかけは何でしたか?

子どもの頃にテレビや本で見て、医療の現場で病める人を助けるのってかっこいいなと思い、医療系の仕事を志しました。歯科の道に進んだのは、手先が器用でそれをダイレクトに生かせる職業だと思ったからです。実際に器用さは武器になっていると思っています。審美歯科を専門にしたのは、セラミック治療で質にこだわった審美性・機能性の修復を行うことで、保険診療では感じることのない感動をより多くの人に伝えていきたいと思ったんです。私がセラミック治療を知った当時は美容外科が注目され始めた頃で、もともといろいろなものをきれいにすることが好きだった私は、お口の中も同じように美容的なアプローチはできないかなと考えたのも審美歯科を選んだ理由の一つです。

最後に、今後のクリニックの展望と読者へのメッセージをお願いします。

6

審美歯科をより身近に感じていただけるようにしていきたいです。多くの人に歯科医師と同じレベルの歯科の知識を持っていただき、良い治療の選択や良いケアをしていただけるように、新しい情報の発信や的確な治療のご提案をしていきたいと考えています。白金高輪の地から虫歯や歯周病が消えてなくなることをめざしたいですね。クリニックの規模拡大を見据え、今は当院の歯科医師は私1人ですが、各分野の専門性の高い先生と一緒に診療をすることで、歯科の総合病院のような、ここへ来れば審美歯科はもちろんのことすべての治療が安心して受けられるという体制をつくっていければと考えています。保険診療から自費診療まで多くの選択肢を用意し、できる限り患者さんのニーズに応えてまいりますので、歯のことはお任せください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/44万円~、セラミックの詰め物/5万5000円~、セラミックのかぶせ物/11万円~、マウスピース型装置を使った矯正/44万円~、オフィスホワイトニング/2万2000円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access