全国のドクター9,019人の想いを取材
クリニック・病院 160,835件の情報を掲載(2022年5月18日現在)

  1. TOP
  2. 千葉県
  3. 市川市
  4. 本八幡駅
  5. 本八幡TaCファミリー歯科
  6. 馬場 達也 院長

馬場 達也 院長の独自取材記事

本八幡TaCファミリー歯科

(市川市/本八幡駅)

最終更新日:2021/11/12

199945 top

本八幡駅から続く本八幡南口通りを歩くこと約3分。大型ディスカウントショップの1階に2021年10月オープンの「本八幡TaC(タック)ファミリー歯科」がある。虫歯や歯周病の治療、入れ歯などの歯科一般から、矯正治療や審美歯科、インプラントなどの専門的な診療にまで対応する同院。馬場達也院長は、歯科医師に加え、ケアマネジャーやファイナンシャルプランニングの資格を持つなどマルチな才能の持ち主で、それらで得た知識や経験を歯科診療にも生かしているという。「人とのつながりを大切にしていきたいですね」と爽やかな笑顔で話す馬場院長に、同院のことや歯科診療にかける思いを聞いた。

(取材日2021年9月13日)

「一生涯の担当医」として、地域に寄り添いたい

クリニックの特徴を教えていただけますか?

20210921 1

当院は、2021年10月4日オープンの歯科クリニックです。虫歯や歯周病、入れ歯などの歯科一般から、矯正歯科や審美歯科、インプラント治療、埋伏歯の抜歯など専門的な診療に至るまで、口の中の症状や悩み事に幅広く対応しています。院内設備に関しては、歯科用CTを導入しているのが特徴の一つですね。また、会社勤めの方など平日の昼間は忙しいという人でも通いやすいように、週に4日は夜の9時までと土日も診療しています。

開業までの経緯を教えていただけますか?

私は大学院で勉強してというスタイルよりも、自分の城を持ってやっていくスタイルが良いなと以前から思っていました。なので、研修医の頃から開業を見据えて、それまでに何をすれば良いのかを逆算していったのです。研修医の頃には訪問歯科診療を経験して、その後は矯正を学びたいと思い矯正歯科を専門とするクリニックに3年ほど勤務。その後に勤務したクリニックでは、インプラント治療の技術を身につけました。それらを学びながら開業に向けて場所を探していたところ、知り合いがたまたまここを紹介してくれたのです。本八幡という場所には、これまで特につながりはなかったのですが、友人が近くに住んでいたので通りかかることはあったんです。その時に、活気のある街で良いなと思っていたので、この場所での開業を決めました。

院長は、ケアマネジャーの資格もお持ちだそうですね。

2

ええ。ケアマネジャーの資格を取ろうと思ったのは、研修医の頃に千葉県のクリニックで訪問歯科診療を経験したのがきっかけです。その時は入れ歯の治療や嚥下機能の診療などを担当したのですが、在宅でそれらの治療をすること、意思疎通をすることの難しさを痛感したんです。たとえ歯科の技術があっても、ご本人やご家族の生活背景を理解し、コミュニケーションがとれなければ、訪問診療で100%の治療が提供できないと考え、資格を取りました。当院でも1~2年以内に訪問診療の部門を立ち上げ、地域のご高齢の方のご自宅や介護老人保健施設、介護医療院、特別養護老人ホームなどの施設に出向いて、歯科医師として入れ歯治療や嚥下機能などの診療に携わると同時に、ケアマネジャーとしての知見を生かして、訪問診療や介護にも携わっていきたいと考えています。地域の方々とのつながりを大切に、一時的ではなく一生涯の担当医として寄り添っていきたいですね。

「自分が受けたい治療か」を基準に幅広い治療に注力

歯科診療の際に心がけていることは何ですか?

3

自分が患者さんだったらと考え、自分がされて嫌な治療、受けたくない治療はしないということですね。ですから、説明をしっかりとわかりやすくするのはもちろんのこと、声かけの一つも意識するようにしています。それに、知識がない部分で何をされるのかわからないと誰でも怖いですよね。そんな時に、痛くないようにしますと言って、実際に麻酔から治療まで痛くなければ信用していただけるでしょうし、「この先生に治療してもらいたい」と患者さんの気持ちも協力的になると思うんです。ですから、当院では麻酔の際には、表面麻酔に加えて、噴霧式の麻酔装置を使用することで、極力痛みを防いでいけるようにしています。そういったところから患者さんと信頼関係をつくっていけるように心がけています。

特に力を入れていきたい治療は何ですか?

まず矯正歯科ですね。特に、最近ニーズの高まってきたマウスピース型装置を用いた矯正には力を入れています。導入の際には、実験的な意味合いも兼ねて私自身もマウスピース型装置を用いた矯正を行いました。これは歯列矯正ですので、期間はある程度かかりますが、ワイヤー矯正のように装置が目立つこともあまりありませんので人前で笑って過ごすことができると思いますし、メリットは多いと感じています。加えて、ホワイトニングもホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの両方に対応しています。本八幡は比較的お若い方も多いので、審美歯科にも力を入れていきたいですね。

根管治療にも注力されていると伺いました。

20210921 4

はい。根管治療では、精密な治療を行っていくために根管治療専用のシステムを導入しています。このシステムでは、神経を取るのに一般的なステンレスの器具ではなくニッケルチタンの器具を使用します。歯の根は、真っ直ぐではなく先のほうが曲がっているため、根の先まできれいに神経を取っていくには、この器具が必要なんです。こうして、器具などにこだわることで、治療の精度が上がるほか、治療回数も少なくしていけると考えています。また、インプラント治療にも対応していますが、インプラント治療はあくまで治療方法の一つというスタンスで、特にリスクが高いようなインプラント手術については、近隣の大学病院などをご紹介しています。

「挑戦」を大切に、経験と技術を地域に還元していく

先生はなぜ歯科医師を志したのですか?

20210921 5

子どもの頃に虫歯があって、それが神経まで達して痛くてどうしようもなかった時に、父に治療してもらって神経を取ってもらったことがあるんです。その時の父の姿がとても恰好良くて、自分も歯科医師になりたいと思ったのがきっかけですね。それに、高校生くらいの頃には、両親から歯科医師は良いよと、なんとなく勧められたこともありました。父は今でも現役で一緒に診療をしたこともあるのですが、親子なのでどうしてもぶつかることもあるんですよね。ですので、これからも一緒にするというよりは、父が担っている訪問診療などを、私のケアマネジャーの資格も生かしてサポートできればいいなと思っています。

先生は、動画サイトで情報発信もしているのだとか。

はい。ケアマネジャーをめざしている方に向けて、仲間の女性歯科医師と一緒に、自分たちの実際の経験や技術を生かして勉強方法などを配信しています。最初は緊張してうまく話せませんでしたが、今は自然に話せるようになりましたよ。これによって、患者さんに説明をする際、順序立てて結論から先に話すなど、上手に話す力がつき、普段の診療においてもプラスになったと思います。私はほかにも、ファイナンシャルプランニングの勉強もしたいと考えているんです。何事も経験だと思いますし、これからも挑戦することや学ぶことは続けていきたいですね。

今後の展望とメッセージをお願いします。

20210922 6

まずは、当院での歯科診療をしっかりと行っていくこと。その上で、介護分野にも取り組んでいきたいので、訪問歯科診療の部門をできるだけ早く立ち上げ、口の中のことや介護のことで困っている人に対して、どんな小さなことや簡単なことでも一つ一つ丁寧に対応し、一人でも多くの人の役に立っていきたいと考えています。また、訪問診療や介護、父との連携も含めて、できることを増やすために法人化もめざしていきます。本八幡の皆さんには歯科医師、そしてケアマネジャーとして、少しでも問題や疑問に思ったことなどがあれば、しっかり話を聞いて、説明して、その方にとってより良い解決策を提案できるようにしていきたいですね。どんな小さなことでもわからないことや不安なことなどございましたら、お気軽にご相談ください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

マウスピース型の装置を用いた矯正/20万円~、ホワイトニング/ホームホワイトニング:2万円~、オフィスホワイトニング:2万円~、インプラント治療(1本)/30万円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access