全国のドクター9,166人の想いを取材
クリニック・病院 160,569件の情報を掲載(2023年2月07日現在)

  1. TOP
  2. 埼玉県
  3. さいたま市南区
  4. 南浦和駅
  5. ニコおとなこども歯科
  6. 痛みに配慮し、安心感をはぐくむ親子でかかりやすいクリニック

痛みに配慮し、安心感をはぐくむ
親子でかかりやすいクリニック

ニコおとなこども歯科

(さいたま市南区/南浦和駅)

最終更新日:2022/03/11

Top Top
  • 保険診療

子育てファミリーの悩みの一つが歯科医院選び。慌ただしい毎日を過ごす中で、子どもを安心して通わせられる歯科医院を探す一方で、パパママの通院はつい先延ばしにしてしまっている人も多いのではないだろうか? 南浦和駅すぐの「ニコおとなこども歯科」は診療フロアに加えて、広めのキッズスペースを備えている。さらに子どもの気持ちを尊重したケア、治療時の痛みを軽減するこまやかな配慮など、ハードとソフトの両面で親子が安心して通える診療環境を追求している。同クリニックの取り組みについて、院長の山本大也先生に詳しく聞いた。

(取材日2020年10月14日)

キッズスペースを最大限活用。怖くない空間で、待たせないスピーディーな診療を

Q通院しやすい環境を整えるにあたってのポイントは?
A
1

▲おもちゃも豊富で、待ち時間も苦にならないキッズスペース

もともと家族全員を診られる歯科医院にしたいという思いでこのエリアを選びました。駅から非常に近い便利な立地であるため、気軽に来院していただければと思っております。1階にはキッズスペースと個室の診療室を設けております。お子さんのいらっしゃるご家族の方々が気兼ねなく来院できるように、キッズスペースをなるべく広く取り、おもちゃも充実させました。また、トイレにはおむつ交換台も用意し、小さいお子さんがいらっしゃるご家族の方になるべくストレスのないように配慮いたしました。

Q感染症予防にも力を入れているそうですね。
A
2

▲感染症予防対策に力を入れている院内

新型コロナウイルス感染症の流行で感染予防を意識される方が増えていますが、当院では感染症予防対策を徹底しています。治療器具やタービンなど患者さんの口腔内で使用する器具はすべて高圧蒸気滅菌器で滅菌するほか、薬液に浸す化学滅菌も併用します。手袋や紙コップなどは使い捨てで、少しでも汚れた場合は同じ患者さんであっても途中で交換します。患者さんの口の中に触れた手袋をはめた状態では、他のものには一切触れません。スタッフ一同、そうしたルールを常に意識して、歯科医院として徹底した感染予防対策を実践します。

Q親子連れの患者さんの診療は、どのように行うのでしょうか?
A
3

▲保育士資格を持つスタッフが子どもを見ていてくれる

子どもの診療ではいきなり治療に入ったり、押さえつけるようなことはせず、お子さん本人の気持ちを大事にします。初日は嫌がって診療台から逃げてしまったり、泣き出してしまう子もいると思いますが、そういう時はキッズスペースで遊びながら、この環境に慣れてもらうことを優先します。もう1つ意識しているのが、スピード。お子さんはすぐに飽きてしまいますし、長時間口を開けているのも大変ですから、直前までキッズスペースで遊んでもらって、診療室に通したら待たせずすぐに診療に入ります。また当院には保育士資格を持つスタッフが在籍しています。パパやママの診療中も、キッズスペースでお子さんをお預かりしますので、ご安心ください。

Q痛みに配慮した診療を行うそうですね。
A
4

▲子どもから大人まで痛みや恐怖心に配慮した診療を心がける

痛みは子どもに限らず、大人にとってもつらいものですよね。患部に痛みがあって来院される方にとってはなおさらです。ですから麻酔の注射をする際には表面麻酔薬を塗るのはもちろん、注射針も一番細いものを使い、薬液をあらかじめ人肌程度に温めてゆっくり注入するなど、細かいことではありますが、痛みを和らげるためのひと手間を行います。治療中も痛いときには手を挙げてもらい、無理せず治療を中断します。強い痛みを経験することが歯科に対する恐怖心につながってしまうこともありますし、無理をして治療を続けた結果、痛みが原因でショック状態に陥ることもありますからね。

Qこちらには歯科衛生士さんが多く在籍されていますね。
A
5

▲「家族みんなが前向きに通える歯科医院」をめざしている山本院長

20~30代のスタッフが中心で、歯周病やホワイトニングに関して専門的に学んだ経験を持つスタッフもいます。スタッフがそれぞれに得意分野を生かしながら、担当患者さんの口腔環境づくりを幅広くサポートいたします。子育て世代に向けた取り組みとして、歯科衛生士がお母さんとマンツーマンで行う歯磨き相談も始めます。子育て中のスタッフも多いので、親子連れが多く来院する歯科クリニックを運営する上では欠かせない、本当に頼もしい存在です。

ドクターからのメッセージ

山本 大也院長

私たち歯科医院は治療やクリーニング、歯磨き指導などのアドバイスはできますが、お子さんの口腔環境づくりはやはりお母さん次第だと考えているのです。日々のセルフケアに対するお母さんの意識がとても大事になってきます。「おやつなど間食をしたらその都度歯磨きをする」「できない場合は口の中をゆすぐ」「夜寝る前は特に丁寧にブラッシングする」といったセルフケアのポイントをお子さんだけでなく、お母さん自身のケアにも取り入れて、親子で健康な口腔環境を守っていっていただきたいです。当院は「家族みんなが前向きに通える歯科医院」をめざし、親子が安心して過ごせる環境を整えていますので、まずは一度足を運んでみてください。

Access