全国のドクター9,227人の想いを取材
クリニック・病院 158,510件の情報を掲載(2024年5月28日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 豊島区
  4. 池袋駅
  5. 池袋駅東口つのり歯科
  6. 津徳 亮成 院長

津徳 亮成 院長の独自取材記事

池袋駅東口つのり歯科

(豊島区/池袋駅)

最終更新日:2024/04/24

津徳亮成院長 池袋駅東口つのり歯科 main

池袋駅東口の目の前という利便性の良いビルにある「池袋駅東口つのり歯科」は、歯周病に対する歯周組織再生療法やインプラント治療といった専門的な治療から、一般的な虫歯治療や予防歯科、審美歯科、マウスピース型装置を用いた矯正まで幅広く対応するクリニックだ。院長の津徳亮成(つのり・かつよし)先生は、日本歯周病学会歯周病専門医の資格を有し、歯周組織再生療法の経験も豊富。3Dスキャナーを用いたセラミック治療にも力を入れている。さまざまな診療に対応する院長がモットーとするのは、「歯の寿命を延ばす治療、そして再治療のない治療」。数年後の再治療がないように精度の高い治療を心がけている院長に、開業までの経験や得意とする診療、こだわりなどを、開業したばかりの院内で語ってもらった。

(取材日2021年7月5日)

歯周病治療をメインに豊富な技術を提供するクリニック

開業までのご経歴を教えてください。

津徳亮成院長 池袋駅東口つのり歯科1

日本大学歯学部を卒業後、同大学院の歯学研究科に進み、応用口腔科学分野歯周病学を学んだのちに、都内の歯科医院などで経験を積みました。大学では歯周病治療の中でも、歯を支える骨の再生をめざす歯周組織再生療法をメインに学びました。歯周病治療に付随して知識が必要になるインプラント治療も専門に学んでいます。卒業後の勤務先は、幅広い年齢層の患者さんが訪れるクリニックだったため、さまざまな症状に対応しました。高齢の方や糖尿病などの全身疾患のある方の口腔ケアや、30~40代の若い方の審美面に配慮した治療、親知らずの抜歯なども経験しています。ただ勤務医ですと勤務先の方針で治療に制限が出てしまうこともあって、自分のもっている技術を最大限に提供するには開業するのがいいのではと考えるようになり、2021年6月にここ池袋に開業しました。

先生がもともと歯科医師を志したきっかけは?

父が歯科医師だったことが大きいです。故郷の山口県で歯科医院を開業している父の姿を見ていて、自然に自分も歯科医師の道に進みました。実際歯科医師になってみるとやりがいのある仕事で、なって良かったと感じることがとても多いです。歯を残せる治療を提供できるように歯周病を勉強してきましたので、当院でも、他院で抜かなければならないと言われたような歯でもしっかり噛めるような状態で残すことをしていきたいですね。それによって患者さんに満足してもらえるのなら、歯科医師冥利に尽きます。

歯周病治療を専門に学ばれたのですね。

津徳亮成院長 池袋駅東口つのり歯科2

歯周病治療はいろいろな分野に関わる治療になります。虫歯や噛み合わせ、詰め物・義歯の不具合などさまざまなことが歯周病の要因となりますので、ただ虫歯、ただ歯周病というのではなく、総合的な判断ができるような歯周病治療を勉強しました。歯を抜きたくないと思われる方のために、できる限り残すための治療方法も学び、特に歯周組織再生療法はほぼ毎日治療に携わる機会があったので、経験豊富だと自負しています。重度の歯周病の方の場合、残せる歯はもちろん残すために力を尽くしますが、進行し切ってしまった歯は残せたとしても機能を保持できません。機能しない歯を残してもただの飾りになってしまいますから、経験に基づいた判断基準を設けて抜歯を行い、入れ歯やブリッジ、インプラント治療など次の治療につなげています。

できる限り歯の寿命を延ばし、再治療のない治療を

セラミック治療にも力を入れているとお聞きしました。

津徳亮成院長 池袋駅東口つのり歯科3

当院では詰め物は保険適用のものから自費のものまで対応していますが、自費診療をご希望される場合、セラミックを勧めています。なぜなら、セラミックはとても安定した素材で劣化しにくく、長期的に使用できると考えているためです。保険診療内の銀歯やプラスチックは、どうしても再治療になりやすいのです。再治療になると一度外して歯を削って再度装着するという流れになりますが、これを繰り返すとどんどん歯がなくなり、やがて神経に達して神経治療を行うことにもなってしまいかねません。また銀歯は中で腐食して虫歯になることも多いのです。セラミックを選ばれた場合は、歯科技工士が一つ一つ患者さんに合わせたものを作り、不適合が起こらないよう、また内部での虫歯の発生が抑えられるように対応していきます。表面が非常に滑沢でプラークが付着しにくい点も、セラミックをお勧めしている理由です。

診療の際、どんなことを心がけていますか?

歯の寿命を延ばせるような治療を提供したいと考えています。そしてもう一つ、先ほどのセラミックを勧める理由にも重なりますが、極力再治療のない治療を心がけています。セラミック治療など自費診療だけではなく保険診療であっても、その考えはもちろん同じです。例えば、根っこの治療中などには、細菌を含んだ唾液が患部に入らないように、必要に応じてラバーダムというゴム製のシートを用いています。細菌に感染すると数年後に再治療になることが多いためです。そのほか、ほぼすべての治療に対して細部まで確認することができる拡大鏡を使い、精度の高い治療をめざしています。また、患者さんに安心して治療を受けてもらえるように、治療内容によっては口腔内カメラで撮影をしながら処置を行っています。

口腔内カメラとはどういったものですか?

津徳亮成院長 池袋駅東口つのり歯科4

その名のとおり口の中を撮影できるカメラですが、細い棒状の機器の先端にカメラがついていて、治療過程をその都度撮影できるものです。例えば、銀歯の下が虫歯になっていてそれを削って治療すると言われた時、実際どんな治療が行われたのか把握できないまま終わっている経験をした方も多いと思います。そういったことがないように、銀歯を外したところ、削ったところというふうに段階ごとに撮影をして、その画像を見ながら患者さんに説明をしています。もちろん必要のない方には行っていませんが、もし自分が患者だったらと考えて取り入れているんです。丁寧な説明を行い、信頼できるクリニックになれるように努めています。

健康的な歯を維持できるクリニックをめざして

院内の設備でこだわったところはありますか?

津徳亮成院長 池袋駅東口つのり歯科5

ちょうど新型コロナウイルス感染症蔓延の時期に開業することになったので、慎重に設備を選びました。診療室はプライバシーに配慮して個室になっていますが、空気がこもらないように循環させ、業務用の空気清浄機も導入しています。滅菌では、特に厳しいと言われているヨーロッパ基準をクリアしたクラスBの滅菌器を採用しました。セラミック治療の型採りの代わりに使用できる3Dスキャナーも導入しています。従来の型採りだと嘔吐反射が出てしまう方や、型採りの材料が顔につくのが苦手な方にもお勧めで、小さなカメラを口の中に入れて撮影するだけなので、とてもスムーズです。データを歯科技工士に送信して、セラミックの詰め物なら3、4日程度で完成する早さも魅力です。顎の内部構造などまでしっかり見ることができる歯科用CTも導入しています。

スタッフさんについて教えてください。

審美歯科や美容外科で長年勤務してきたベテランの女性歯科医師が在籍しています。一般的な治療と併せて、専門分野である審美歯科やホワイトニングなどの診療を行う先生です。都内にあるマウスピース型装置を用いた矯正専門のクリニックにも勤務している先生なので、矯正の知識も豊富です。また私自身、審美歯科での経験がありますので、審美面を考えた診療にも対応します。特に目に入りやすい前歯のセラミック治療などは、歯の色だけではなく歯茎の色など、口腔内全体で調和のとれた治療を心がけています。医師のほかには、歯科衛生士が在籍してメンテナンスなどに対応しています。

今後の展望、読者へのメッセージをお聞かせください。

津徳亮成院長 池袋駅東口つのり歯科6

私の診療のベースにあるのは、歯の寿命を延ばす治療、そして再治療のない治療です。虫歯や歯周病になってしまったらまずそこをきちんと治して、治療を行った後は定期メンテナスを利用してもらいながら、健康的な歯を維持できるようなクリニックをめざしています。最終的には患者さんに予防的な取り組みを理解してもらい、症状の出ている歯だけの治療ではなく、全体的な治療を施して、その後は定期的なメンテナンスを行う予防型のクリニックにしていきたいと考えています。何でも話しやすい歯科医師をめざしていますし、一般的な治療から専門的なことまで経験を積んできましたので、気になる症状があれば気軽に相談にいらしてください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

セラミック治療/クラウン7万7000円~、インレー4万4000円~、マウスピース型装置を用いた矯正/22万円~66万円、歯周組織再生療法/3万円~15万円、インプラント治療/35万円~、ホワイトニング/1万円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供をしております。
マウスピース型装置を用いた矯正については、効果・効能に関して個人差があるため、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access